情報漏洩防止(DLP)とクラウド アクセス セキュリティ ブローカー(CASB)テクノロジーを提供する完全統合型のクラウド セキュリティ ソリューション

Symantec が提供する業界最高レベルの DLP や CASB テクノロジーを組み込んだクラウド セキュリティ ソリューションを使用して、Dropbox をはじめとするクラウド ベースのサービスの可視性と管理機能を高めます。

Symantec CloudSOC は、情報漏洩やクラウド アカウントを標的とした攻撃のリスクから組織を守ります。CloudSOC は Dropbox に保管されている重要な顧客情報やドキュメントを、社員の過失や外部からの侵入者の不正なアクティビティによる情報漏洩から保護します。企業は支払いカード情報(PCI)、個人識別情報(PII)、機密性の高い知的財産権、金融、法務、その他データなど、コンプライアンスのリスクを特定し、対応策を講じることができます。Symantec DLP Cloud と Symantec CloudSOC により、エンタープライズ レベルの情報漏洩防止(DLP)を社内とクラウドの両方に拡大できます。

  • Dropbox アカウント内の脅威を検出:高度なデータ サイエンスと機械学習により、ユーザーのアクティビティを解析し、機密性の高い企業データへのリスクを特定します。 
  • 業界最高レベルの Symantec DLP で Dropbox アカウント内のデータを保護: 組織全体で企業が使用しているものと同じポリシーやワークフローにより、Dropbox 内のデータを保護します。
  • ネットワーク制御の相互運用性:企業ネットワーク上で未承認の個人用 Dropbox アカウントの使用を制限しながら、Blue Coat ウェブ ゲートウェイや Symantec CASB プロキシと Dropbox ネットワーク制御を使用して企業管理アカウントへのアクセスを許可します。
  • リスクの高いユーザー アクティビティを検出:User Behavior Analytics が不正が疑われるユーザー アクティビティを特定し、自動化したポリシー制御を有効にしてデータやアカウントを保護します。
  • 使い慣れたツールで社員がさらに働きやすく:自動化されたポリシーと暗号化により、ミスや不正によるデータの過剰共有や不適切な共有から組織を保護しつつ、社員の Dropbox への自由なアクセスを実現します。
  • インシデント発生後にユーザー アクティビティに対してターゲット型の解析を実行:詳細な処理情報、高度な可視化機能、広範なログのフィルタリング機能を使うことで、Dropbox アカウントに影響を及ぼす恐れのあるアクティビティを迅速に特定します。

Symantec は Dropbox のプレミア パートナーです

あなたに合わせた使い方で
働き方をシンプルに

または今すぐ購入