Bauer Media は、Dropbox Business を通じて改善されたモビリティと共同作業の機能を利用し、ベストセラーの紙媒体、ウェブ、動画コンテンツを届けています。

Bauer Media による Dropbox 導入の主な効果

迅速な導入と簡単なオンボーディング

 メディア制作のワークフローの合理化を促進

共有データのセキュリティをしっかりと保護

導入の目的

新しいビジネスのニーズに対応

オーストラリアの有名なメディア コンテンツ - Australian Women’s Weekly、Woman’s Day、Harper’s BAZAAR、ELLE、Australian Gourmet Traveller および real living などの制作会社である Bauer Media は、数々の受賞歴のあるコンテンツを全力で制作してきました。2 年前の獲得時に同社はプロセスにギャップが存在していることに気が付きました。そのため、プロジェクト データの可視性を高め、分散している社員もファイルに簡単にアクセスできる環境にする必要がありました。 ネットワーク ドライブ、メール、印刷物など、従来型のファイル共有方法からどのように移行するかが難しい課題の 1 つでした。モビリティ ストラテジー担当のキャサリン・キング氏は言います。「当社のビジネスの変革に合わせて、社員が遠隔地やモバイル環境で作業を進められるように支援するニーズが高まっていました。同等に強力なセキュリティと可用性を兼ね備えたファイル共有ソリューションが必要だったのです。」

ソリューション

制作ワークフローの再定義

Bauer Media は、どんな場所にいてもメンバー全員が最新情報を共有できるプラットフォーム Dropbox Business と出会いました。以前は大量の文書や CD コピーが必要だった共同作業のプロセスが、現在では共有フォルダで実現できます。キング氏はこのように説明します。「Dropbox Business のおかげで、当社は数多くのコンテンツ制作ワークフローと共同作業の方法を再定義することができました。ファイル内にコメントし、ドキュメントに他のチーム メンバーをタグ付けできる機能は本当に便利です。これは次世代のコラボレーション ツールです。」 共同作業プロセスにおけるファイルのセキュリティを確保するため、Bauer Media は OKTA の Active Directory(AD)インテグレーションとシングル サインオンを信頼しています。「AD グループにユーザーを追加するだけで OKTA がプロセスを開始します。とてもシンプルな手順です」とキング氏は言います。 同氏によると、Dropbox Business については全社レベルで「素晴らしい」という反響があったそうです。導入が成功したのは、主に使いやすさですが、同氏はこのように付け加えています。「ユーザー自身が必要としていて、Dropbox の導入を会社に求めていました。これまでにはなかったことです。今までで一番導入が簡単な製品でした。」

導入の効果

制作時間の短縮とコンテンツの品質向上

Dropbox Business はバッジのような新機能を継続的にリリースしているため、Bauer Media の社員は常にワークフローの合理化に努め、効率改善のチャンスを見つけています。プロジェクトはかつてないペースで進展し、会社は作業方法を進化させ続けています。キング氏が言うように、「Dropbox は、全力を挙げて新しいデジタル ワールドに迅速に対応してコンテンツを提供するという、当社の現在のあり方にマッチしているのです。」

あなたに合わせた使い方で
働き方をシンプルに

または、今すぐご購入いただけます