スペシャルティ コーヒーを製造する Campos Coffee では、Dropbox Business を利用して社内のチームとオーストラリア各地のカフェが情報を共有し、世界中のコーヒー豆生産者とのコミュニケーションを合理化しています。

Campos Coffee(コーヒー生産会社)

Campos Coffee の主な成果

社員同士のコミュニケーションを改善

大容量ファイルや動画の配布が簡単に

ファイル アクセスの管理とオンボーディングを改善

導入の目的

海外とのファイル共有

持続可能な農法で生産された世界でも最高レベルのコーヒーをオーストラリアで販売するにあたって、Campos Coffee はケニアやエルサルバドルからコーヒー豆を調達し、ニュー サウス ウェールズ、クイーンズランド、ヴィクトリアにロースタリーとオフィスをオープン。オーストラリア各地のカフェ経営者たちと良好な関係を築き上げてきました。各地の社員やパートナーとつながることは、事業成功のために不可欠です。ところが、これがそう簡単ではなかったのです。 まず、Campos はチーム メンバーとファイルを共有するためのイントラネットを構築しましたが、社長のウィル・ヤング氏によれば「非常に扱いづらく、直感的とはかけはなれたものだった」ということです。ファイルによってはメールに添付して送信できますが、ファイル バージョンが混乱する原因となりました。また、Campos では大容量のファイルを共有する際に問題が発生することも少なくありませんでした。 検討を重ねた結果、Campos は Dropbox Business を試してみることにしました。社内通信担当でエグゼクティブ アシスタントのローズ・コール氏は「登録して 1、2 週間で全員が Dropbox Business を使うようになったんです。とてもスムーズでした。一部のスタッフはすでに Dropbox をインストールしていましたので、使い慣れていたようです」と、当時を振り返ります。

ソリューション

生産者からバリスタまで、全員をつなぐ

Campos では Dropbox Business を利用するようになって以来、明確なコミュニケーションと正確な情報管理を実現し、ファイル バージョンの問題も解決しました。共有の問題がなくなり、オーストラリア各地のバリスタと協力してレシピ開発や技術向上に努めています。また、パナマやパプアニューギニアのチーム メンバーやパートナーから大きなサイズの写真を収集したり、コロンビアの生産者と畑の動画を共有してコーヒー豆の状態を確認したりしています。ヤング氏は言います。「Dropbox Business のおかげでファイルの共有が簡単になり、IT 部門を拡大せずに済んだのは予想外でした。会社全体の効率化にも大きく貢献していますよ。」 コミュニケーションと共同作業の簡略化に加え、Dropbox Business 導入により Campos ではファイルのバックアップやセキュリティの簡略化も実現しました。ファイルを転送中に紛失する恐れがなくなり、ほとんどの社員はサーバーを使うことすらなくなりました。チーム メンバーが退職しても、ファイルへのアクセスを直ちに停止できるので安心です。「社内の部署間でスタッフが異動したり退職したりしても、Dropbox Business ならそのスタッフのアカウントを停止したり閉鎖したりできるので安心です」とヤング氏。

導入の効果

高い可視性、スピーディーな業務

Dropbox Business を導入したことで、Campos では世界各地での業務を迅速化できました。ファイルは常に最新の状態に保たれ、ほんの数回クリックするだけで生産や在庫状況を確認できます。「毎朝、起きるとまず Dropbox Business を開いて、前日の出来事をチェックしています。明確で正確な情報が Dropbox に保管されていますから」とヤング氏。 可視性の改善と全体の効率化が進んだことで、問題解決もスピーディーになり、会社全体の業務がさらに円滑になりました。「以前は 1 週間の報告書がメールで送られてくるのを待たなければなりませんでした。Dropbox Business があれば、毎日情報が更新されるので、店舗の業績確認や問題解決を迅速化できます。会社全体をより効率的に管理できて本当に助かります」とヤング氏は述べています。

あなたに合わせた使い方で
働き方をシンプルに

または、今すぐご購入いただけます