CSBP Fertilisers では Dropbox Business を活用して、出張中の社員との情報共有や顧客への対応強化を実現しています。

CSBP Fertilisers(製造業)

CSBP Fertiliser の主な成果

ファイルへのアクセスを詳細に管理

モバイルの生産性を向上

マーケティング資料の配付を迅速化

導入の目的

情報へのアクセスをスピードアップ

CSBP Fertilisers のような顧客第一のビジネスでは、実際に顧客に会う時間を確保することが重要です。オーストラリア西部全域で、約 40 人のエリア マネージャーが顧客のサポート業務を行っており、エンド ユーザーと共有する情報に常にアクセスできる環境が求められています。社員は共同作業や顧客に配布するデータを入手するのに、長いことメールとネットワーク ドライブに頼っていました。ところが、遠隔地から VPN にアクセスして多くのメールの中からファイルを探し出すのは、効率的とは言えませんでした。カスタマー サービス オペレーション マネージャーを務めるマーク・ラ・カヴァ氏は当時を振り返り、「エリア マネージャーが情報にアクセスするのに悪戦苦闘するということは、お客様に十分なサービスを提供できないということです」と語っています。まもなく、社員は自分のファイル ストレージや共有ソリューションを利用するようになります。それが Dropbox でした。こうして CSBP Fertilisers にとって変革が必要であることが明確になったのです。

ソリューション

使い慣れたツールを活用

CSBP Fertilisers では大部分の社員が Dropbox の使い方をすでに知っていたので、Dropbox Business の導入は迅速かつスムーズでした。導入後すぐにワークフローの合理化を実現し、個人用の Dropbox アカウントに保存していたファイルも会社が一括管理できるようになりました。「設定とトレーニングにかかった時間はごくわずかです。Dropbox Business のユーザー インターフェースはシンプルでわかりやすいので、みんなすぐに慣れてくれました。簡単に使えるソリューションを社員に提供することで、会社の情報をより安全な環境に保管できるようになりました」とラ・カヴァ氏。

導入の効果

生産性の向上とサービスの強化

出張や在宅勤務が多い CSBP Fertilisers では、社員がモバイル デバイスを紛失してしまうことも珍しくありません。同社は Dropbox Business の堅固なファイル ストレージと簡単に作業を開始できる点を高く評価しています。ラ・カヴァ氏は、「デバイスが故障したりなくなったりしても、別のデバイスに Dropbox Business を再インストールするだけですぐに仕事を再開できます」と述べています。Dropbox Business を導入してからというもの、VPN や FTP サイトを使用していたときに比べると、よりタイムリーに社員に情報を配信できるようになり、生産性の向上にもつながりました。新しいマーケティング プロジェクトを展開するときは、Dropbox Business で最新ニュースを迅速に共有しているそうです。 こうして、顧客に対してもよりスピーディーな情報の提示が可能になりました。「Dropbox Business はあらゆる面で共有が簡単です。たとえば、エリア マネージャーがタンクの位置を記した地図を共有するときも、さっと地図を取り出せます。メールが届かなくてやきもきすることもありません。お客様をサポートするための環境整備こそ最も重要なのです」とラ・カヴァ氏は述べています。

あなたに合わせた使い方で働き方をシンプルに

または、今すぐご購入いただけます