ジェラート・メッシーナは Dropbox Business で共同作業と生産性を向上させ、急速に拡大を続けている同社をオーストラリアと世界中のその他の地域で新しいジェラートの定番に押し上げました。

ジェラート・メッシーナ(小売企業)

ジェラート・メッシーナの主な成果

業務部門とマーケティング部門の共同作業を改善

世界各地で情報の共有を迅速化

主力製品のレシピとビジュアル アセットを一元管理

導入の目的

創造性と効率性の両立

ジェラート・メッシーナにとって間違いなく創造性が一番重要です。40 種類の斬新なフレーバーには「アップルパイ味」や「マルサーラ風ポーチドいちじく味」などがあります、他にもジェラート・キャビネットには毎週「クレミーノ」や「プレッツェル」などのスペシャル フレーバーが追加されます。しかし、オーストラリアのダーリングハーストにオープンした最初のジェラート ショップから店舗を拡大し始めたころから、社員がクリエイティブな仕事に集中するのが困難になってきました。コンテンツ & ブランド マネージャーのシアン・ビショップ氏は当時を振り返って次のように言っています。「店舗拡大につれてストア マネージャーとの共同作業は難しくなってきました。みんなが同じ情報を必要としているのに、ファイルが 1 か所にまとまっていなかったのです。結果として実務が滞りました。悪夢のようでした。」メールで情報が次々と伝達されるのですが、会社に中心となるファイル ストレージ用ハブを設置する必要性については何ら対処されず、バージョン管理の問題も顕著になってきました。ジェラート・メッシーナのマネージャー数名は個人用 Dropbox アカウントを使ってファイルの共有と保管を始めましたが、これにも問題点がありました。ストレージ容量の制限にすぐ達してしまったのです。

ソリューション

より整然としたファイルの運用

Dropbox Business への移行により、ジェラート・メッシーナは一括管理できるストレージと、かねてより必要としていた合理的なコラボレーション機能を手に入れました。ちょうどラスベガスに海外初のジェラート ショップを開くタイミングに間に合いました。ビショップ氏は喜びを次のように表現しています。「Dropbox Business で業務が円滑に進むようになりました。メッシーナのストア マネージャーから本社スタッフにいたるまで、全員が正しいレシピやポスターに直ちにアクセスできます。あらゆるファイルが 1 か所にまとめられ、重複もありません。」 現在ではオペレーション マネージャーが会社にとって重要なファイルを Dropbox Business を使って記録します。本社はイベントの詳細と写真を、マーケティング チームはプロモーション用資料をすべて Dropbox Business に保存しています。社長のデクラン・リー氏によると、ジェラート・メッシーナのキッチン スタッフも Dropbox を愛用しているそうです。「キッチンでは Dropbox Business にレシピを保存し、ジェラートのフレーバーや分量を管理しています。手書きではなく、共有フォルダ内の専用フォームに記録するようにしているので、全員が滞りなく仕事を進め、商品に対する責任を持てるようになりました」とリー氏は言います。

導入の効果

矛盾のないマーケティング

各店舗が Dropbox Business にある同じ商品とマーケティング資料にアクセスできるようにした結果、ジェラート・メッシーナは店舗数が拡大する中にあっても、ブランドの一貫性と密接な顧客体験を守ることに成功しています。必要な資料が迅速に入手できるので、生産性も向上しました。とりわけ、コメント機能など時間の節約につながる機能のおかげで、ジェラート・メッシーナの斬新な商品を支えてきた力の一部、コラボレーションがよりスムーズになりました。リー氏は次のように述べています。「Dropbox Business を導入してみて、このようなシステムを会社がどれだけ必要としていたのか気がつきました。おかげでコラボレーションが活発化し、整然と業務が進められるようになりました。ジェラート・メッシーナの継続的な成長には欠かせないものです。」

あなたに合わせた使い方で
働き方をシンプルに

または、今すぐご購入いただけます