オーディオ機器メーカーの Libratone は、世界各地のスタッフが利用できるコラボレーション ワークスペースとして Dropbox Business を活用することで、生産性の向上を実現しています。

Libratone の主な成果

シンプルなオンボーディングとユーザー管理

世界各地にいる従業員の生産性が最大化

常に変化する会社のニーズに応じて進化するテクノロジー

導入の目的

好調な滑り出し

Libratone は、新しいデジタル ミュージック時代のオーディオ機器メーカーとして 2009 年に設立されました。デジタル ミュージックに特化したオーディオ機器を製造するには、新しい時代に対応できるテクノロジー インフラストラクチャが必要になるということで、Libratone では、ユーザーを制約せず、IT サポートや巨額の設備投資も必要としないクラウド ソリューションを採用することにしました。 利用可能なサービスを比較検討した結果、Libratone の要件をすべて満たす理想のテクノロジーは Dropbox の他にないという結論に達しました。Libratone の共同創業者兼 CEO のトミー・アンデルセン氏は、当時を振り返って次のように述べています。「創業初日から、Dropbox は当社のインフラストラクチャのバックボーンとなりました。当時から Dropbox はクラウド スペース分野のリーダー的存在だったので、導入に迷いはありませんでした。Dropbox を導入したことにより、社内サービスを最小限に抑えてユーザー サポートを最適化できましたし、会社の規模に合わせた価格設定も我々のような創業したての会社にはありがたいシステムでした。」

「創業初日から、Dropbox は当社のインフラストラクチャのバックボーンとなりました。当時から Dropbox はクラウド スペース分野のリーダー的存在だったので、導入に迷いはありませんでした。」

Libratone 共同創業者兼 CEO、トミー・アンデルセン氏

ソリューション

好調な滑り出し

Libratone は、新しいデジタル ミュージック時代のオーディオ機器メーカーとして 2009 年に設立されました。デジタル ミュージックに特化したオーディオ機器を製造するには、新しい時代に対応できるテクノロジー インフラストラクチャが必要になるということで、Libratone では、ユーザーを制約せず、IT サポートや巨額の設備投資も必要としないクラウド ソリューションを採用することにしました。 利用可能なサービスを比較検討した結果、Libratone の要件をすべて満たす理想のテクノロジーは Dropbox の他にないという結論に達しました。Libratone の共同創業者兼 CEO のトミー・アンデルセン氏は、当時を振り返って次のように述べています。「創業初日から、Dropbox は当社のインフラストラクチャのバックボーンとなりました。当時から Dropbox はクラウド スペース分野のリーダー的存在だったので、導入に迷いはありませんでした。Dropbox を導入したことにより、社内サービスを最小限に抑えてユーザー サポートを最適化できましたし、会社の規模に合わせた価格設定も我々のような創業したての会社にはありがたいシステムでした。」

「Dropbox Business を利用すれば、簡単に情報を共有して生産性を確保できます。社内のデータ処理に欠かせない要素となった今では、その存在すら忘れるほど日常業務と一体化しています。」

Libratone 共同創業者兼 CEO、トミー・アンデルセン氏

導入の効果

世界各地の従業員による共有を管理

創業以降、Libratone は欧州、アジア、北米各地で事業を展開しています。研究開発と知的財産創出はコペンハーゲンの本社が担当していますが、製造のほとんどはアジアが拠点となっているため、データを安全に保管して、大陸を隔てた同僚がいつでもアクセスできるようにしておく必要があります。「コペンハーゲンのオフィスの常勤スタッフはだいたい 15 人から 20 人で、それ以外の従業員の勤務地は実にさまざまです。Dropbox Business のおかげでスタッフ同士がつながり、社外のパートナーとも簡単にやり取りすることができます」と、アンデルセン氏は言います。 Libratone の研究開発チームは、音響や携帯電話の機構など、製品の詳細情報を取り扱うコラボレーション ワークスペースとして Dropbox Business を活用しています。特許権の管理を担当する従業員は、Dropbox を使用して外部の法務担当者と情報を共有しています。また、Libratone の社員と製造業者は、Dropbox を使用して製品仕様書の共有や、実際の製造設備から取得したデータのトラッキングを行っています。「実際に、些細な情報から大量のデータが詰まったファイルまで、あらゆるものを Dropbox で保管しています。Dropbox Business を利用すれば、簡単に情報を共有して生産性を確保できます。社内のデータ処理に欠かせない要素となった今では、その存在すら忘れるほど日常業務と一体化しています」と、アンデルセン氏は述べています。 Dropbox Business は Libratone の販売プロセスでも欠かせない要素となっています。Libratone の中でも特に出張が多い販売/マーケティング チームでは、輸入業者や卸業者、小売業者(Apple などの家電ストアを含む)に出向いてミーティングを行う際に、Dropbox Business を活用しています。「販売担当役員は、社外でも iPhone や iPad からデータにアクセスする必要があるのですが、Dropbox Business があればそれも問題なく行えます」と、アンデルセン氏も高く評価しています。

あなたに合わせた使い方で働き方をシンプルに

または、今すぐご購入いただけます