さまざまな規模のブランドのオリジナル看板を制作する Martin Sign Company は、Dropbox Business を活用して、顧客や遠方にいるスタッフとのコラボレーションを実現しています。

Martin Sign の主な成果

顧客との円滑なコラボレーション

モバイル アクセスで生産性アップ

会社のクリエイティブ アセットをしっかり管理

課題

新しい事業の起ち上げ

マーティン・ウォール氏は、大手看板制作会社で 12 年間勤務した後、商業施設や店舗の「グランド オープン」に特化した看板制作の道に進もうと決意しました。そこで、2011 年に Martin Sign Company を設立し、美術を専攻した経験を活かして、これまでにサンフランシスコ近代美術館や予約サービスの OpenTable などの顧客向けにオリジナルの看板を制作してきました。独立したことで、ウォール氏は、自分のクリエイティビティを思う存分に活かせる自由を得ただけでなく、自分の好きなように事業を運営できる自由も手に入れました。独立前に働いていた会社では、DVD や外付けドライブを使って顧客にデザインを送っていたため、その作業に多くの無駄な時間を費やしていました。また、会社で使用していたサーバーもユーザー フレンドリーとは言い難い代物でした。「会社から一歩でも離れると、ファイルにアクセスすることは一切不可能になりました」と、ウォール氏は当時を振り返っています。Martin Sign Company の最初の事務所は、サンフランシスコのミッション ディストリクトにある約 65 平米の小さな部屋だったので、ビジネス パートナーのマット・ケルラ氏とも会話やメールで情報を共有することができました。しかし、1 人目のデザイナーを雇った頃から、メールでやり取りする頻度が格段に増えました。自分のアート プロジェクトを共有するために個人用 Dropbox アカウントを使用していたウォ―ル氏は、そこで、会社でも Dropbox Business を導入してファイルを管理することにしました。「プロフェッショナルな仕事をする必要がありましたし、Dropbox をすでに愛用していましたからね。そして何より、適切なテクノロジーに投資して、時代の波に乗り遅れないようにしたかったのです」と、ウォ―ル氏は導入の理由を説明しています。

「柔軟性のある Dropbox Business なら、必要に応じてユーザーを追加したり、アートをフォルダごと共有して顧客の手間を省いたりすることも簡単です。そのスケーラビリティのおかげで、当社は、スモール ビジネスでは考えられないほどのスピードで成長することができました。」

ソリューション

オフィス内外でコラボレーション

10 名の従業員と 2,000 社を超える顧客を抱えるようになった Martin Sign Company では、現在、デザインと看板設置のすべての工程で Dropbox Business を活用しています。従業員が顧客からデザイン ファイルを受け取る際には、ファイル リクエストを使用するか、顧客を共有フォルダに招待します。たとえば、ベーカリー チェーンの場合、Dropbox を使用して Martin Sign にメニューを送ってもらうことで、従業員はいつでも最新バージョンのメニューで作業を行うことができます。「顧客はデザインの送り先を正確に把握しています。また、顧客に校正刷りを確認してもらう際にも、簡単に内容を確認してフィードバックを提供してもらえます」と、ウォール氏は言います。これは、デザインに限ったことではありません。顧客は看板を設置する場所の写真もアップロードできるので、設置業者はこの写真を参考にして使用する資材を決めることができます。「顧客に 100 % 満足していただける看板ができ上がるまでには、ファイルを幾度も修正する必要があります。メールでファイルをやり取りする方法では、大量のメールが保管されている受信トレイから必要なメールを探す手間がかかりますが、Dropbox なら、Dropbox フォルダを開くだけでいつでも最新バージョンのファイルを入手できます」と、ウォ―ル氏は Dropbox のメリットを高く評価しています。Martin Sign では事業が成長するごとに従業員の勤務地も世界各地に広がっていきましたが、Dropbox を活用することで勤務地に関係なく従業員の生産性を確保できます。デザイナーの 1 人が家庭の事情でウィスコンシン州に転居することになったときも、「Dropbox のおかげでどこにいても作業ができる環境が整っているので、このデザイナーにも当社で引き続き働いてもらえることになりました。転居はしましたが、今もまるでここで働いているみたいです」と、ウォ―ル氏は語っています。また、従業員は、出向いた顧客先でも自分のスマートフォンから Dropbox にアクセスし、デザインなどの必要な資料を取り出すことができます。そして、看板を設置する作業員の作業が完了したり、従業員が退職したりしたときには、ウォ―ル氏が管理コンソールのアカウント移行ツールを使用して、そのプロジェクト ファイルの権限を新しいメンバーに移行します。こうすることで、一連の作業の流れが中断することがありません。

「サーバーに 2 万 5,000 ドルもの投資をするビジネス オーナーがたくさんいます。代わりに Dropbox を導入するだけで、その分の費用を節約できるだけでなく、ファイルにも簡単にアクセスできるようになるのです。」

結果

経費を節約して成長に投資

Dropbox Business によって、ウォール氏は会社を経営するという夢を実現することができました。「サーバーに 2 万 5,000 ドルもの投資をするビジネス オーナーがたくさんいます。代わりに Dropbox を導入するだけで、その分の費用を節約できるだけでなく、ファイルにも簡単にアクセスできるようになるのです」と、ウォール氏は言います。また、Dropbox を導入したことで、変化を続ける市場にも柔軟に対応できるようになったとウォ―ル氏は評価しています。Martin Sign Company を創設した当初は、看板制作のクリエイティブな側面にばかり意識が集中していましたが、Dropbox を導入したことで、より良い雇用主、そしてサプライヤーになれたと同氏は感じています。「柔軟性のある Dropbox Business なら、必要に応じてユーザーを追加したり、アートをフォルダごと共有して顧客の手間を省いたりすることも簡単です。そのスケーラビリティのおかげで、当社は、スモール ビジネスでは考えられないほどのスピードで成長することができました。」