薬局の RaiaDrogasil では Dropbox Business を使用して、ブラジル全土の業務マネージャーや事業拡大マネージャーとリアルタイムにビジネスに関する情報を共有し、業界トップの地位を維持しています。

RaiaDrogasil(小売企業)

RaiaDrogasil の主な成果

 新規店舗の用地選択プロセスを改善 

 既存店舗の売り上げ評価プロセスを強化

 

 マネージャーの迅速な意思決定を実現 

 

課題

より優れたデータ共有方法を模索

RaiaDrogasil では店舗のネットワーク拡大と運営において、テクノロジーの力を大いに活用しています。その結果、RaiaDrogasil は1,200 もの直販店を抱える南米最大の薬局チェーンへと成長しました。しかし、成功には困難がつきものです。店舗が増えるにつれ、サンパウロの本部では重要な小売データを本部のマネージャーと迅速に共有することが困難になりました。RaiaDrogasil では USB メモリやメールの添付書類を使っていましたが、リアルタイムにビジネスに関する重要な情報を更新することが不可能になりました。「常に当社では迅速かつ正確にマネージャーに情報を提供し、各自のビジネス環境での意思決定を実現させることが課題でした」と語るのは小売企画部長のブルーノ・ピッポンツィ氏です。「情報のスピードが市場のニーズに間に合っていませんでした。」競争の激しい業界で優位を保つには、もっとスピーディーなファイル共有プラットフォームが必要だと痛感していました。同社ではいくつかのクラウド ソリューションを検討しましたが、社員がすでに個人用の Dropbox アカウントを仕事で使っていることを知って、Dropbox Business の導入を決めました。「Dropbox が一番使いやすいツールでした。シンプルでわかりやすかったのです」とピッポンツィ氏は言います。

ソリューション

共同作業の方法を改善

RaiaDrogasil 本部の小売企画チームでは Dropbox Business を利用して、地図、スプレッドシート、報告書、ビジネスに関する情報を記載したダッシュボードをブラジル全土の店舗マネージャーと瞬時に共有できるようになりました。Dropbox はすべてのプラットフォームに対応しているので、マネージャーはモバイル デバイスでもスプレッドシートなどのドキュメントを確認できるようになりました。オフィスにいなくても生産性をアップできるようになったため、パソコンはほとんど必要なくなりました。「現場ですばやく、ニーズにあった意思決定ができます。これは当社にとって大きなメリットです。」 データは Dropbox の共有フォルダに一括管理されるようになると、小売企画チームのメンバーはどの店舗にいても瞬時にすべての財務データや経営データにアクセスできるようになります。「店舗のマネージャーと話をして、経営のガイドラインを提供するのが簡単になります」とピッポンツィ氏は言います。RaiaDrogasil の事業拡大チームも Dropbox Business を活用しています。社員は Dropbox を使って、容量の大きなジオマーケティング用の地図ファイルを新規店舗用地の調査を行っている担当者と共有しています。ピッポンツィ氏は「これらのドキュメントを共有できるのも Dropbox のおかげです。当社が事業拡大に成功した主な要因の 1 つは Dropbox のプラットフォームを利用したことです」と語ってくれました。 ピッポンツィ氏によると、RaiaDrogasil では管理コンソールで共有の許可を使用してデータにアクセスするユーザーを管理しているそうです。サンパウロの事業部長は管轄地域内の全店舗のフォルダにアクセスできますが、エリア マネージャーが閲覧できるのは担当エリアの店舗用の情報を保存したフォルダのみです。「これで業務のセキュリティがさらに強化されました」とピッポンツィ氏は言います。

結果

競争市場をリード

業界をリードしていく上で、Dropbox Business は RaiaDrogasil の社員がビジネス上の決定を下すために必要なデータを用意しやすくしていると同社は述べています。「当社は業界内における競争の力関係やビジネス環境の絶え間ない変化に常に対応できることを必要としています」とピッポンツィ氏は語っています。「Dropbox Business のような共同作業向けのプラットフォームなしに、現在の業務やビジネスの展開を管理することは考えられません。」マネージャーが別の地域にいる相手と簡単に情報を共有できるようになったので、以前に比べてベストプラクティスを自然に実施できるようになりました。「Dropbox のメリットといえばその点だと思います」とピッポンツィ氏は述べています。さらに、Dropbox Business を使用し見込みのある不動産の最新情報に関する分析を共有することで、新しい店舗を選ぶ場合にも改善が見られるようになりました、と同氏は語っています。選定過程を改良したことで、新店舗の販売実績がこの 1 年ほどで大幅に改善しました。Dropbox で簡単に店舗情報を共有できたことが、この成功につながったとピッポンツィ氏は語っています。「Dropbox が優れたツールであることに間違いはありません。Dropbox は当社の小売事業に付加価値を与える大きな可能性を含んでいると我々は考えています。」

あなたに合わせた使い方で
働き方をシンプルに

または、今すぐご購入いただけます