iPhone から写真をすべて削除する方法

写真自体を失うことなく、iPhone から写真を削除して容量を節約できます。

iPhone からすべての写真を削除する方法

スマートフォンの容量が、ほとんど写真にとられているという人も多いのではないでしょうか。

重複した写真、スクリーンショット、そして不要な画像を見つけ出して定期的に削除するという作業も、習慣化できずに忘れてしまうものです。このまま放っておくと、ストレージの容量が不必要に消費されてしまい、雑然とした写真ギャラリーは操作するのも一苦労になります。こうなるともう先は見えています。「ストレージの空き領域がありません」という通知にうんざりさせられるのです。

スマートフォンに保存したファイルに、いつでもどこからでもアクセスできるというのはとても便利です。そんな中、なるべくならスマートフォンから写真を削除したくないと思うはずです。幸運なことに、iPhone のストレージ容量を使わずにいつでも写真にアクセスできるようにする方法があります。それが、クラウド ストレージです。

iPhone の写真をクラウドに保存する方法を説明する前に、まずは iPhone から写真を削除する最良の方法をご紹介します。

iPhone と同期できる iCloud 写真

重複した写真や不要な写真だけでなく、通常の写真も削除しようと考えているのなら、写真をデバイスから削除する前に安全な場所にバックアップしておくことが大切です。

iCloud 写真を有効にしていると、iPhone で撮影した写真はすべて Apple の iCloud ストレージに自動でアップロードされます。

iCloud 写真の同期は、以下の操作で設定できます。

  1. iPhone の設定アプリで、[Apple ID]セクションをタップします。
  2. [iCloud]を開いて[写真]をタップします。
  3. iCloud 写真ライブラリのスイッチをオンにして有効にします。

iCloud 写真の同期を有効にすると、iPhone での写真の保存方法を決める 2 つのオプションが表示されます。[オリジナルをダウンロード]を選択すると、iCloud だけでなく、iPhone 本体にもオリジナルのフルサイズ写真が保存されます。ただし、iPhone の容量を空けたいと考えている場合は、別のオプションを検討したほうがよいでしょう。[iPhone のストレージを最適化]を選択すると、オリジナルのコピーが iCloud に保存され、iPhone 上にはサイズの小さな低画質の写真が保存されます。

iPhone からパソコンに写真を転送する方法

iPhone にある写真をパソコンに転送した後で、iPhone から写真を削除するという方法もあります。

Mac に写真を転送する場合

iPhone から Mac に写真を転送するには、まず iPhone と Mac を USB ケーブルで接続します。接続後に写真アプリが自動で開かなかった場合は、手動でアプリを開いてください。上部のメニューにある[ファイル]をクリックして、[読み込む]を選択します。iPhone 上にある写真が表示されるので、読み込みたい写真をすべて選択したら、右下にある[読み込む項目を確認]をクリックします。

選択されている写真の中に以前に読み込んだことがある項目がある場合は、その旨を伝えるメッセージが表示されます。このメッセージが表示された場合は、ウィンドウの右上にある[すべての新しい写真を読み込む]をクリックして、新しい写真のみを Mac に転送します。

Windows に写真を転送する場合

USB ケーブルを使って iPhone を Windows 10 PC に接続すると、フォト アプリが自動で起動します。起動しない場合は、スタート メニューから検索して起動してください。[フォト]ウィンドウの右上に[インポート]ボタンがあります。クリックするとポップアップが表示され、インポートする写真を選択できます。

写真を選択した後に[続ける]をクリックすると、写真を保存する場所を指定できます。PC にインポートした後に、iPhone から写真を削除するよう設定することもできます。最後に[インポート]を押して完了です。

iPhone の写真を 1 つだけ削除する方法

iPhone から削除したい写真が 1 つだけであれば、写真アプリを開いてその写真を選択し、画面の右下に表示されるゴミ箱のアイコンをクリックするだけで削除できます。

削除してもよいか尋ねるダイアログが表示されます。デバイスから写真を削除すると、その写真が iCloud アカウントからも削除されるという説明も表示されます。[写真を削除]を選択すると写真が削除されます。ただし、完全に削除されるわけではありません。この点については、後ほど詳しく説明します。

iPhone の複数の写真をまとめて削除する方法

複数の写真を削除するには、写真アプリを開いて画面の右上にある[選択]ボタンをタップします。削除したい写真をそれぞれタップして選択します。すべて選択したら、ゴミ箱アイコンをタップします。

削除する写真がアルバムに含まれている場合、そのアルバムから写真を取り除くだけなのか、写真自体を削除するのかを尋ねるメッセージが表示されます。アルバムから取り除くことを選択した場合は、そのアルバムから取り除かれるだけで、写真自体は引き続き iPhone に残ることになります。

iPhone からすべての写真を削除する方法

iPhone にあるすべての写真を削除する場合は、写真アプリのビューが[すべての写真]になっていることを確認してください。もし[アルバム]タブが表示されている場合は、ビューを切り替えてください。[選択]ボタンをタップしてから、最後に撮影した写真をタップして選択します。次に、隣にある写真をタップしたら指を離さずに、そのままドラッグし続けてすべての写真を選択します。すべての写真を選択したら、ゴミ箱アイコンをタップしてギャラリー全体を削除します。

別の方法として、写真アプリの[アルバム]セクションからも、すべての写真を削除できます。[最近の項目]以外のアルバムでは、アルバム内で[選択]ボタンを押すと画面の左上に[すべてを選択]オプションが表示されます。[すべてを選択]を押してから、そのアルバムに含まれるすべての写真と動画を削除します。[アルバムから削除]ではなく[削除]を選択するようにしてください。

iPhone で削除済みの写真を復元する方法

間違って写真を削除してしまっても大丈夫です。削除した写真を復元する方法があります。iPhone から写真を削除しても、すぐ完全に削除されるわけではありません。写真が削除されても最大 40 日間は保管されているので、間違って削除した写真を復元できる時間的な猶予があります。

大量の写真を削除した後に、ストレージの容量が増えないことを不思議に思ったことがあるかもしれませんが、その理由はここにあります。削除した分の空き容量をすぐにでも使いたい場合は、[最近削除した項目]を表示し、すべての写真を完全に削除します。

[最近削除した項目]フォルダは、写真アプリの[アルバム]タブの中にあります。メインの[アルバム]メニューを表示し、[ほかのアルバム]が表示されるまでスクロールすると、メニューの一番下に[最近削除した項目]があります。[選択]ボタンをタップした後、削除または復元する写真を選択します。すべての写真を削除または復元する場合は、画面の下にある[すべて削除]か[すべて復元]を選択します。

iPhone で完全に削除した写真を復元する方法

iPhone から写真を完全に削除してしまった場合でも、Mac を使って復元できる可能性があります。iPhone を Mac に接続して、Disk Drill アプリを開きます。利用可能なドライブの一覧から iPhone を選択し、[Recover]をクリックします。Disk Drill アプリはデバイスをスキャンして、削除されたファイルを検出します。検出されたファイルは事前にプレビューできるので、内容を確認してから[Recover]を選択すれば iPhone に復元できます。

Mac から iPhone の写真を削除する方法

パソコンを使って iPhone の写真を削除するほうが簡単だと思う人もいるでしょう。Mac ユーザーであれば、操作はとても簡単です。ただし、ここで紹介する 2 つの方法はいずれも、iCloud 写真の同期をオフにしている場合にのみ実行できます。

Mac 上の写真アプリを使って iPhone の写真を削除するには、iPhone を Mac に接続します。接続後に写真アプリが自動で開かなかった場合は、手動でアプリを開いてください。新しいウィンドウが開き、iPhone に保存されている写真が表示されます。次に、「command」キーを押しながら A キーを押してから、削除ボタンを選択します。iPhone の写真アプリと同様、すぐ完全に削除されるのではなく、[最近削除した項目]フォルダに移動します。[最近削除した項目]フォルダに移動して、すべての写真を選択すると完全に削除できます。

macOS の標準アプリであるイメージ キャプチャを使用しても、iPhone の写真をすべて削除することができます。操作方法は、写真アプリとほぼ同じです。iPhone を Mac に接続して、イメージ キャプチャを開きます。すべての写真を選択したら、削除アイコンをクリックします。この操作で、iPhone からすべての写真が完全に削除されます。

Windows PC から iPhone の写真を削除する方法

iPhone を Windows PC に接続したら、エクスプローラーのデバイス セクションで iPhone を探します。iPhone フォルダ内の「Internal Storage」フォルダを開くと「DCIM」というフォルダがあり、ここに iPhone に保存されているすべての写真が入っています。削除したい写真を選ぶか、「Ctrl」キーを押しながら A キーを押してすべてを選択します。右クリックして[削除]を選択するか、「Shift」キーを押しながら「Delete」キーを押して削除します。

この操作を行うとすぐ、iPhone の写真が完全に削除されます。誤って削除した写真を復元することはできませんので、注意して行ってください。

iCloud を使って iPhone の写真を削除する方法

前述のように、iCloud との同期を有効にしていた場合、iPhone 上の写真や動画を削除すると、iCloud からも自動で削除されます。デフォルトの設定では、iCloud との同期が有効になっています。つまり、手動でオフにしない限りは同期されているということです。デバイスと iCloud アカウントの両方からすべての写真を削除したいのあれば、iPhone で写真を削除するだけで操作は完了です。

また、クラウド側での操作も同じ動作となります。つまり、iCloud で写真を削除すると、デバイス上からもその写真が削除されます。iCloud から写真を削除するには iCloud.com にアクセスして、[写真]に移動します。ここですべての写真を選んだら、ゴミ箱アイコンを選択します。iPhone や Mac の写真アプリと同じく、完全に削除するには[最近削除した項目]フォルダに移動してすべてを削除する必要があります。

容量を使わずに写真を保存する方法

一般に、撮影した写真が不要になったという理由で iPhone から写真を削除するという人は少ないはずです。iPhone の記憶領域が足りなくなった、または写真ライブラリの整理ができなくなったというのが、よくある理由です。しかし、容量不足を理由に大切な思い出の写真を削除するというのは忍びない話です。クラウド ストレージが理想的な解決方法であるというのも納得できます。

写真をすべて Dropbox に保存すれば、写真を元の品質のままクラウドに安全に保管でき、インターネットに接続しているどのデバイスからでもアクセスできます。これなら、iPhone の容量を十分に空けたまま、外出先でいつでも写真をチェックできます。

Dropbox に iPhone の写真をバックアップする方法

Dropbox アプリで、iPhone から Dropbox に写真を直接送信できます。

  1. iPhone で Dropbox アプリを開きます。
  2. アプリ内で Dropbox アカウントの設定を開きます。
  3. [カメラアップロード]ボタンをタップします。
  4. [カメラアップロード]をオンにします。

iPhone の写真フォルダに入っているすべての写真が、Dropbox にすぐにアップロードされます。アップロードの完了後に iPhone から写真を削除すれば、たくさんの容量を空けることができます。

一度設定した後は、特に操作をしなくても、写真が自動で Dropbox に保存されるようになります。Dropbox が自動で写真をアップロードした後は、iPhone から写真を削除してもかまいません。iCloud 写真ライブラリとは異なり、iPhone 上で写真を削除しても、Dropbox アカウントから写真が自動で削除されることはありません。このことからも、オンラインの写真ストレージ ライブラリを選ぶうえで Dropbox が簡単かつ信頼性の高い選択肢と言えるでしょう。