FTP

ファイルはどのように保護されますか?

FTP

  • FTPS と SFTP では、SSL/TLS/SSH を使ってネットワーク トラフィックを暗号化しています。
  • デフォルト設定ではファイルは暗号化されません。暗号化して保管するにはサードパーティー製のソフトウェアが必要です。
  • FTP サーバーでは IT 部門によるセキュリティとメンテナンスが必要です。
  • 社内 FTP サーバーでは IT 部門によるバックアップが必要です。
  • 2 段階認証にはサードパーティー製のソフトウェアが必要です。
  • 紛失したコンピュータやモバイル デバイスからファイルを削除することはできません。
  • 社内 FTP サーバーは会社のファイアウォールで保護することができます。

Dropbox

  • Dropbox では SSL/TLS を使ってネットワーク トラフィックを暗号化しています。
  • ドキュメントは、256 ビットの AES 暗号化を使って保管されます。
  • ほとんどの SAML ベースのシングル サインオン(SSO)認証プロバイダと統合
  • ユーザーがサーバー セキュリティ設定やメンテナンスを行う必要はありません。
  • ドキュメントはクラウド内で自動的にバックアップされます。
  • 2 段階認証を内蔵
  • 遠隔削除機能で紛失したデバイスからファイルを削除

FTPS と SFTP は転送中のデータを保護しますが、それ以外にドキュメントの
セキュリティを守る機能はありません。ですから、ソフトウェアの修正パッチをインストールしたり、自動ブラックリスト化、ログ機能、ディスクの容量制限などの機能を有効にしたり、物理サーバーへのアクセスを制御するなど、セキュリティ対策を行う必要があります。さらに、IT 部門で適切なバックアップ方法を採用し、サーバーを定期的にコピーしてオフサイトに保存することも必要です。

チームでお使いになる場合は、ファイル共有のセキュリティをクラウド ベースの
ソリューションにアウトソーシングする方が簡単です。Dropbox は暗号化、ソフトウェアのメンテナンス、データ センターの物理的なセキュリティ、バックアップにすべて対応しており、2 段階認証や遠隔削除などのセキュリティ機能もご利用になれます。Dropbox は複数の業界標準に準拠している上に独自に監査を受けているため、データのセキュリティについては安心してお任せいただけます。

Dropbox が提供するセキュリティ詳細については、Dropbox Business の信頼ガイドをご覧ください。