管理者階層を追加

日々の業務を別の管理者に委任することで、チーム管理の負担を軽減できます

Dropbox Business の管理者階層では、チームで複数の管理者の役割を使って異なる権限を設定することができます。管理者階層の役割を利用すると、チームの効率性がさらにアップし、チーム管理者はよりきめ細やかな管理内容で責任を分担することが可能になります。

新しいメンバーの追加、パスワードのリセット、アクティビティ レポートの作成など、管理者階層を利用すると、チーム管理者は日々の業務を管理する必要がなくなり、より重要なタスクに集中できるようになります。


3 つの管理者の役割と管理内容

  1. チーム管理者はチーム全体のセキュリティや共有権限の設定、管理者の作成、メンバーの管理ができます。他のチーム メンバーを管理者に指名したり、管理者の役割を変更したりできるのはチーム管理者のみです。また、Dropbox Business アカウントには少なくとも 1 名のチーム管理者が必要です。
  2. ユーザー管理者はチーム メンバーの追加や削除、グループの管理、チームのアクティビティ フィードの閲覧など、チーム管理に関連するタスクのほとんどを担当できます。チーム メンバーであれば誰でもユーザー管理者に指名できます。
  3. サポート管理者はパスワードや基本的なアカウントのセキュリティの管理、チーム メンバーのアクティビティ ログの作成ができます。また、サポート管理者は削除したファイルの復元、2 段階認証でロックアウトされたチーム メンバーに対するヘルプなど、一般的なチームのリクエストにも対応できます。チーム メンバーであれば誰でもサポート管理者に指名できます。

チーム メンバーの管理者権限を追加、変更する

  1. Dropbox ウェブサイトにログインして、[管理コンソール]を開きます。
  2. メンバー]タブを選択します。
  3. [メンバー]タブで各メンバーの右にある歯車のアイコンをクリックして、[管理者権限を追加](メンバーがまだ管理者でない場合)、または[管理者権限を変更](メンバーがすでに管理者である場合)をクリックします。

また、同じウィンドウでチーム メンバーの役割も確認できます。[ユーザー タイプ]の列にメンバー、サポート管理者、ユーザー管理者、チーム管理者の役割が記載されています。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

いただいたフィードバックは、この記事の改善に役立てさせていただきます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。