チームを招待する

Dropbox Business アカウントにチーム メンバーを招待します。

招待されたメンバーはチームの共有ストレージを利用するためのアカウントを作成し、管理者はメンバーのビジネス用ファイルの共有状況を細かく管理することができます。

Dropbox アカウントを持っていないメンバーにも、アカウントをすでに持っているメンバーにも招待メールを送信できます。

注: 新しいメンバーは、管理コンソールで入力したメール アドレスを使ってチームに参加する必要があります。後で混乱しないように、チームの招待メールには個人用のメール アドレスではなく、仕事用のメール アドレスを使用することをおすすめします。


チームにメンバーを招待する

ビジネス アカウントにメンバーを招待できるのはチーム管理者とユーザー管理者のみです。招待されたメンバー 1 人につき、1 つのライセンスを使用します。

チーム メンバーが Dropbox のアカウントをすでに持っている場合、招待されたメンバーは現在使用中のアカウントを Dropbox Business に移行するか、別のアカウントとして使用するか選ぶことができます。個人用のアカウントをビジネス用のアカウントとリンクすると、すべてのデバイスで両方のアカウントに簡単にアクセスできます。

チーム メンバーを招待するには:

  1. 管理者権限を持つ Dropbox アカウントにログインします。
  2. 左側のサイドバーで[管理コンソール]をクリックします。
  3. メンバー]ページの右上にある[メンバーを招待]をクリックします。
  4. 招待するメンバーのメール アドレスを入力します。メッセージを追加することもできます。
  5. チームに招待]をクリックします。

チーム メンバーに Dropbox から招待メールが届きます。また、メンバーが Dropbox ウェブサイトの左側にあるサイドバーの[チーム]タブにアクセスして招待を承諾することも可能です。メンバーが招待を承諾すると、Dropbox でそのメール アドレスにリンクしている既存のアカウントがないか自動的に検出します。

  • 招待メールを送信したメール アドレスとリンクしたアカウントをメンバーが持っていない場合は、アカウントを作成する必要があります。アカウントの作成方法はこちらをご覧ください。
  • メール アドレスとリンクしたアカウントをメンバーが持っている場合は、新しく作成したビジネス アカウントに自分のアイテムを移行するか、自分のアイテムをすべて個人用の Dropbox に移行するか、どちらかを選択できます。その手順はこちらをご覧ください。

候補メンバーを使ってチームにメンバーを招待する

候補メンバーとは、Dropbox Business チームに追加するメンバーを推薦する機能です。候補メンバーの機能では次のようなことができます。

  1. 遠隔削除機能とアカウント移行機能を使って、Dropbox Business メンバー全員のデータを制御できるようになります。
  2. Get more space for team members, improved collaboration features, and 120 days of deletion recovery.
  3. メンバー]ページの右上にある[メンバーを招待]をクリックします。
  4. チームの生産性が向上します。

チームの候補メンバーは、次の 3 つの基準をすべて満たすことになります。

  1. 候補メンバーは、Dropbox Business 管理者と同じメール ドメインを共有することになります。
  2. 候補メンバーは、Dropbox Business チームのアカウントにある共有フォルダの現メンバーになります。
  3. 候補メンバーは、現時点では Dropbox Business チームのメンバーではありません。

候補メンバーを Dropbox Business チームに招待するには次の 2 通りの方法があります。

  • 候補メンバーを表示してチームに招待するには[ダッシュボード]にアクセスします。
  • [管理コンソール]の[メンバー]タブにアクセスし、[メンバーを招待する]をクリックする

参加リクエストでチーム メンバーを増やす

管理者はメンバーシップのリクエストを使って、簡単にチーム メンバーを増やすことができます。メンバーシップのリクエストでは、メンバー希望者が自分で Dropbox Business チームまたは無料チームへの参加をリクエストできるため、チームの管理者はリクエストを承諾するだけで、メンバーを追加できます。

メンバーシップのリクエスト機能を使えば、会社ドメイン上の確認済みメール アドレスを持つ Dropbox ユーザーなら誰でもチームへの参加をリクエストできます。

Dropbox Business チームへの参加をリクエストする

会社のドメインに Dropbox Business チームがある場合、Dropbox Basic や Pro のユーザーは、そのチームへの参加をリクエストできます。ドメイン上に複数のチームがある場合は利用可能なチームがすべて表示されますが、参加できるチームは 1 つだけです。

Dropbox Business チームへの参加をユーザーがリクエストすると、リクエストを承認または却下する権限を持った Dropbox Business チームの管理者に、メールでリクエストが送信されます。管理者がリクエストを承認すると、その Dropbox Business チームには追加ライセンスの利用料金が請求されます。

また、Dropbox Business の管理者は、[管理コンソール]の[メンバー]タブから承認待ちのリクエストを手動で承認または却下することも可能です。

チーム メンバー希望者の Dropbox Business チームへの参加を自動的に許可できますか?

Dropbox Business アカウントのチーム管理者は、新しいメンバーを承認しなくてもチームに参加させることができます。自動的に承認するには、[管理コンソール]の[認証]タブにアクセスして[メンバーシップの承認設定]を切り替えてください。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

いただいたフィードバックは、この記事の改善に役立てさせていただきます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。