フォルダを設定する

最初にフォルダ構造を設定しておくと、メンバーの追加やファイル管理が簡単になります。

チームのファイル用にフォルダ構造を設定すると、重要な共有フォルダにアクセスできるようになるので、削除したファイルを復元したり、アクセスを管理したりする場合に便利です。


フォルダを共有する

チームのファイルへのアクセスはフォルダごとに決定します。すべてのフォルダはデフォルトでは非公開で、共有フォルダにアクセスするユーザーを招待する必要があります。フォルダを共有しなければ、フォルダの存在も知られません。

共有フォルダを作成して、各チーム メンバー、またはチーム メンバーが作成したすべてのグループを招待することができます。メンバーが招待を承諾すると、この共有フォルダ内であなたが追加または編集したファイルは自動的に各メンバーのアカウントに同期/更新され、その逆の場合も同様になります。たとえば、「会計」フォルダを作成して会計チームのメンバーを招待し、ファイルの追加や編集を行うと、チーム メンバーにも追加されたファイルやファイルの変更内容が表示されます。

共有フォルダを作成するには:

  1. Dropbox ウェブサイトにログインします
  2. 右上にある[フォルダを共有...]アイコンをクリックします。
  3. 既存のフォルダを共有するか、新しい共有フォルダを作成します。
  4. 共有するフォルダを選択するか、作成するフォルダに名前を付けます。
  5. 共有フォルダで一緒に共同編集を行うユーザーのグループやメール アドレスと、必要であればそのユーザーに対するメッセージを追加します。
  6. フォルダを共有]をクリックします。

チーム フォルダ

チーム フォルダ は特別な共有フォルダで、管理者が作成できます。チーム フォルダは各チーム メンバーの Dropbox に自動的に表示されるため、大人数のグループの追加も簡単に行うことができます。

新しいチーム フォルダを作成するには、[管理コンソール]の[チーム フォルダ]タブにアクセスしてください。


フォルダやサブフォルダを共有する

共有時の権限設定を簡単にするため、別の共有フォルダ内にあるフォルダを共有することはできません。

親フォルダまたはそのサブフォルダのどちらかを共有することはできますが、両方を共有することはできません。ただし、このルールはチーム フォルダには適用されません。

通常は、アクセスする必要があるユーザー別にフォルダを整理する方法が最も簡単です。下記では、一般的なワークフローに基づいた 2 つのフォルダ構造をご紹介しています。


チーム別に整理する

部署別にフォルダを整理すると、担当業務に関するドキュメントのみチーム メンバーに表示することができます。


プロジェクトやクライアント別に整理する

プロジェクトやクライアントごとに共有フォルダを作成すると、適切なメンバーとのみ共同作業を行うことができ、関係者以外のユーザーがファイルにアクセスしてしまう心配がありません。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

いただいたフィードバックは、この記事の改善に役立てさせていただきます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。