フォルダ権限を設定する

共有フォルダは Dropbox の共同編集の中心となる機能です。その仕組みをじっくりご覧ください。

管理者としての役目は、適切なユーザーが適切なファイルにアクセスできるようにすることです。ファイルへのアクセスはフォルダごとに指定するため、チーム メンバーは必要なファイルのみを閲覧し、権限のないファイルにはアクセスできないので安心です。

この記事では、Dropbox Business のフォルダ権限の概要を紹介しています。共有フォルダについての詳細は、Dropbox Business ユーザー ガイド共有フォルダで共同編集を行うをご覧ください。


デフォルト設定について: すべてのフォルダは非公開です

チームの各メンバー(管理者も含め)は Dropbox 内に自分専用のワークスペースを持っています。Dropbox に保管されたアイテムは、デフォルトでは非公開に設定されています。他のユーザーがアクセスできるのは、共有したファイルだけなので安心です。

作業の準備が完了したら、メンバーは共有フォルダに共同編集者を招待するか、共有リンクを利用して他のユーザーにファイルのコピーを送信できます。


共有フォルダの権限

チーム メンバーは誰でも共有フォルダを作成することができます。共有フォルダを作成するには、Dropbox ユーザーのメール アドレスに招待を送信します。ユーザーが招待を承認すると、そのユーザーの Dropbox フォルダ内に共有フォルダが表示されます。フォルダの内容は、ユーザーがリンクしているパソコンやモバイル デバイスと自動的に同期されます。

Dropbox Business チームのメンバーと同様に、管理者も招待されたフォルダにのみアクセスすることが可能です。

共有フォルダには 3 つの役割があります:

  • 所有者は閲覧と編集の権限を変更できるほか、他のユーザーを招待したり、所有権を他のユーザーに移行したりすることができます。この役割は最初にフォルダを共有したユーザーに指定されます。
  • 編集者は所有者と同じく、フォルダにあるファイルを追加/編集/削除することができます。所有者が許可している場合は、編集者が他のユーザーをフォルダに招待したり、フォルダからメンバーを削除したり、他のメンバーの役割を変更することができます。招待するユーザーは、デフォルト設定により「編集者」に指定されます。
  • 3 つの役割の中でもっとも権利が制限されているのは閲覧者です。閲覧者はフォルダ内にファイルを追加したり、ファイルの編集や削除をすることができません。共有フォルダには鍵アイコンが表示されるため、閲覧者はこのフォルダでは読み取り専用の権限のみが与えられていることがわかります。

共有フォルダについての詳細は、Dropbox Business ユーザー ガイド共有フォルダで共同編集を行うをご覧ください。


チームのフォルダへのチーム外のアクセスを制限

共有設定の詳細についてはヘルプセンターをご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

いただいたフィードバックは、この記事の改善に役立てさせていただきます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。