共有の概要

Dropbox Business 管理者が利用できる共有方法の詳細については、こちらの記事をご覧ください

どのチームにも独自のワークフローがあります。そのため、Dropbox ではファイルやフォルダのさまざまな共有方法をご提供しています。それぞれの共有方法に関する簡単な説明をお読みください。詳細については、このカテゴリにある記事をご覧ください。


共有フォルダの編集アクセス

Dropbox フォルダ内のファイルの編集権限を付与する同僚を選択すると、すぐに編集内容が同期されます。編集権限を付与されたユーザーはフォルダ内のファイルを変更、追加、削除できます。


チーム フォルダ

チーム フォルダを利用すると、組織全体でファイルを簡単に共有できます。管理者がチーム フォルダを作成すると、Business チームのメンバー全員に自動的に共有されます。


共有ファイルやリンクの読み取り専用アクセス

メールの添付ファイルの代わりに、Dropbox の共有ファイルや共有リンクをご利用いただけます。共有ファイルに招待した人物のみがファイルを閲覧することができます。また、ファイルへのリンクを共有すると、リンクの所有者であれば Dropbox アカウントをお持ちでなくても閲覧することができます。こうした点が、メールの添付ファイルと共有ファイルや共有リンクの大きな違いと言えるでしょう。

共有ファイルまたは共有リンクのどちらを使用しても、共有相手はファイルにコメントしたり、自分用のコピーをダウンロードしたりすることができます。ただし共有相手が元のファイルを変更することはできません。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

いただいたフィードバックは、この記事の改善に役立てさせていただきます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。