ファイルのバックアップと復元

Dropbox Business を利用すると、削除したファイルを復元したり、簡単にファイルを以前のバージョンに戻したりすることができます。

Dropbox では、まるでタイムマシーンのように、ビジネス アカウントの Dropbox フォルダに加えた変更がすべてスナップショットとして保存されます。


削除したファイルを復元する

削除したファイルは、個別または一括で Dropbox ウェブサイトから直接復元できます。

ファイルを個別に復元するには:

  1. Dropbox ウェブサイトにログインします
  2. 右上にある[削除したファイルを表示]アイコン(ゴミ箱)をクリックします。
  3. 削除されたファイルがすべてグレーで表示されます。
  4. 復元するファイルを選択して、画面上部にある[復元]ボタンをクリックします。

複数のファイルを一度に復元するには:

  1. Dropbox ウェブサイトにログインします
  2. 画面の左側にある[ゴミ箱]をクリックします。
  3. ファイル名をクリックして、イベント詳細を表示します。
  4. [復元](個別ファイルの場合)または[すべてのファイルを復元](複数ファイルの場合)をクリックします。

注: Dropbox で行う削除操作は、複数のファイルを一括削除する操作も含めてすべて記録されています。


以前のバージョンに戻す

不必要な編集内容を誤って保存してしまったり、ファイルが破損していたり、ファイルを削除してしまった場合でも、数回のクリックだけで以前のバージョンに復元することが可能です。

ウェブサイトまたはコンピュータで復元するには:

  1. 変更したいフォルダを右クリック(Mac の場合は Ctrl を押しながらクリック)します。
  2. コンピュータ上で操作を行う場合は[以前のバージョンを表示...]、Dropbox のウェブサイト上で操作を行う場合は[以前のバージョン]をクリックします。
  3. 戻したいバージョンを選択し、右上にある[復元]をクリックします。

Microsoft Word、Excel、PowerPoint ファイルに対応:

  1. Dropbox バッジをクリックします。
  2. 表示されたウィンドウで[ファイル履歴を表示...]をクリックします。
  3. Dropbox ウェブサイトで、ドキュメントのすべてのバージョンが表示されます。
  4. 復元したいバージョンを選択し、右上にある[復元]をクリックします。

注: Dropbox バッジを使うと、Microsoft Office ファイル内でショートカットや通知を受け取れるので、同僚との共同作業がスムーズになります。

  • チーム メンバーが Word、PowerPoint、Excel ファイルを閲覧/編集しているか確認できます。
  • 作業中のファイルへのリンクを他のユーザーに簡単に送信できます。
  • ファイルの以前のバージョンを検索できます。
  • 共有ファイルやフォルダを作成し、共有設定にアクセスします。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

いただいたフィードバックは、この記事の改善に役立てさせていただきます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。