ハード ドライブの容量を節約する

選択型同期機能を使うと、コンピュータに保管しておくフォルダを選択できるため、ハード ドライブの容量不足を心配する必要がありません。

デフォルトでは、すべてのファイルのコピーをコンピュータ上の Dropbox フォルダに同期する設定になっています。選択型同期を利用すると、ハード ドライブに保管しておくフォルダと、オンラインにのみ保管しておくフォルダを選択することができます。

たとえば、サイズが大きいメディア ファイルはラップトップに同期しない設定にした場合でも、職場のデスクトップからはそらのファイルに引き続きアクセスできます。また、普段は使用しないアーカイブ フォルダを保管しておく場合にも最適です。


ハード ドライブに余分な負荷をかけることなく新しいコンピュータをリンクする

コンピュータで新たに Dropbox を使用したくても、ファイルを保存することで容量不足になることが心配な場合があります。Dropbox なら、アカウントに 10 GB 以上のデータがすでに存在している場合は、選択型同期を使用するかどうかをたずねるメッセージが自動的に表示されるので安心です。

選択型同期を使用するには:

  1. デスクトップ版 Dropbox アプリケーションの最新バージョンをダウンロードします
  2. 画面の指示に従ってログインします。
  3. 個人用とビジネス用アカウントをリンクします(省略可)。
  4. お使いのコンピュータのハード ドライブに保管しておくファイルを選択します。

これらの設定はいつでも変更することができます。変更する方法については、下記のセクションをご覧ください。


既存のコンピュータからフォルダを削除する

選択型同期の設定は、Dropbox アカウントにリンクしているコンピュータごとに異なります。

選択を解除したフォルダやサブフォルダはすべて自動的にハード ドライブから削除されます。

設定を変更するには:

  1. メニューバーまたはシステム トレイにある Dropbox のアイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコンをクリックし[基本設定]を選択してください。
  3. アカウント]タブにアクセスし設定するアカウント(個人用またはビジネス用)を選択します。
  4. [選択型同期]セクションで[設定を変更...]をクリックすると、Dropbox に保存されているすべてのフォルダのリストが表示されます。デフォルトでは、コンピュータと Dropbox ウェブサイトの両方に保存されているフォルダの名前の横にはチェックマークが付いています。
  5. コンピュータから削除したいフォルダの名前の横にあるチェックマークを外します。[更新]をクリックすると、チェックマークを外したフォルダはハード ドライブから自動的に削除されます。

これらのファイルにアクセスする必要がある場合は、Dropbox のウェブサイトを開くか、選択型同期の設定を変更してください。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

いただいたフィードバックは、この記事の改善に役立てさせていただきます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。