1. ファイルやフォルダの共有
  2. お支払いとご請求
  3. セキュリティとプライバシー
  4. Dropbox Business
  5. 同期とアップロード
  6. ログインとスタートガイド
  7. デスクトップ アプリと dropbox.com
  8. アカウントの管理
  9. 容量とストレージ
  10. 写真と動画
  11. モバイル
  12. Dropbox Paper

ファイルの前のバージョンを復元する

Dropbox は、過去 30 日間以内に Dropbox 内のファイルに加えたすべての変更内容のスナップショットを保管します(エクステンデッド バージョン履歴機能または Dropbox Business をご利用の場合は 30 日間以上)。ファイルの前のバージョンや削除したファイルを復元したり、削除イベントを取り消したりできます。

ここからの項目:

dropbox.com でファイルを前のバージョンに戻すには

  1. dropbox.com にログインします。
  2. ファイルの横にあるチェックボックスをオンにして、[バージョン履歴]をクリックします。

    • または、ファイルにカーソルを合わせて省略記号[...]アイコンをクリックし、表示されたメニューで[バージョン履歴]をクリックします。
    • 誤ってファイルを削除した場合は、[削除したファイルを表示]をクリックし、そのファイルの横にあるチェックボックスをオンにしてから[復元]をクリックします。表示されたウィンドウで[別のバージョンを見る]をクリックします。
  3. ファイルをどのバージョンに戻すのか選択します。
  4. 復元]を選択します。

Dropbox バッジでファイルを前のバージョンに戻すには

  1. Dropbox バッジをクリックします。
  2. 表示されたウィンドウで[バージョン履歴]をクリックします。
Dropbox バッジでファイル履歴を表示するには

dropbox.com でブラウザのウィンドウが開き、ファイルの変更内容が表示されます。dropbox.com の手順に沿って前のバージョンに戻すか、誤って削除してしまったファイルを復元します。

Windows 上でファイルを前のバージョンに戻すには

  1. ファイルを右クリックします。
  2. Dropbox のサブメニューにカーソルを合わせて、[バージョン履歴]をクリックします。
  3. dropbox.com の手順に沿って前のバージョンに戻すか、誤って削除してしまったファイルを復元します。

Mac 上でファイルを前のバージョンに戻すには

  1. キーボードの Ctrl を押しながら同時にファイルをクリックします。
  2. 前のバージョンを表示]を選択します。
  3. dropbox.com の手順に沿って前のバージョンに戻すか、誤って削除してしまったファイルを復元します。

Linux 上でファイルを前のバージョンに戻すには

  1. ファイルを右クリックします。
  2. バージョン履歴]を選択します。
  3. dropbox.com の手順に沿って前のバージョンに戻すか、誤って削除してしまったファイルを復元します。

詳しくはこちら

エクステンデッド バージョン履歴で 1 年間分のデータを保管するには

エクステンデッド バージョン履歴機能を利用できるプランにアカウントをアップグレードすることをおすすめします。この機能を利用すると、(アップグレードの購入日以降に)ファイルを編集または削除してから 1 年以内であれば、いつでもそのファイルを前のバージョンに戻したり、削除したファイルを復元することができます。詳細については、エクステンデッド バージョン履歴をご覧ください

関連トピック: