1. ファイルやフォルダの共有
  2. お支払いとご請求
  3. セキュリティとプライバシー
  4. Dropbox Business
  5. 同期とアップロード
  6. ログインとスタートガイド
  7. デスクトップ アプリと dropbox.com
  8. アカウントの管理
  9. 容量とストレージ
  10. 写真と動画
  11. モバイル
  12. Dropbox Paper

リンクされている別のパソコンで同期されないファイルがある場合

ファイルが正確に同期されていることを確認するには、まずパソコンをインターネットに接続していて、同じ Dropbox アカウントにリンクしていることを確認してください。パソコンがオンラインで同期をしているのにファイルが正しく表示されない場合は、ファイル自体に問題があると考えられます。

オペレーティング システム間で問題が発生するのは稀なことではありません。その場合、Dropbox デスクトップ アプリは、そうした整合性に関する問題を調査し、その修正に努めます。修正が不可能な場合、ファイルは dropbox.com で同期されますが、互換性のないオペレーティング システム間では適切に表示されなかったり正確に機能しない場合があります。

同期エラーが生じる可能性のあるファイルを確認するには、dropbox.com にログインし、Dropbox の不良ファイル チェック ツールにアクセスしてください。

詳しくはこちら

別のオペレーティング システムでファイルやフォルダが正確に同期することを確認するには、次のガイドラインを参照してください:

すべてのオペレーティング システムで互換性のない文字列

Dropbox ではすべてのプラットフォームにおいて、次の文字列を含むファイル名を同期しません。

  • /(フォワードスラッシュ)
  • \(バックスラッシュ)

:Dropbox がファイル名にフォワード スラッシュを含むファイルを dropbox.com で同期するのは Mac パソコンのみです。ただし、「/(フォワード スラッシュ)」を「:(コロン)」に置き換えると、dropbox.com で同期します。フォワード スラッシュを含むファイルは他の Mac パソコンでは同期しますが、Windows パソコンでは同期できません。

Windows で互換性のない文字列

ファイル名を付ける場合、Windows ファイル システムと互換性のない文字列の使用を避けてください

  • (より小)
  • (より大)
  • :(コロン)
  • (二重引用符)
  • |(垂直線)
  • ?(クエスチョンマーク)
  • *(星印)
  • .(ピリオド)またはファイル名やフォルダ名の末尾の空白

Windows で使用できないファイル名

Windows には有効なファイル名として使用できない予約語があります。dropbox.com または Windows 以外のデバイスでファイルやフォルダを作成し名前を付ける際に予約語が含まれていると、Windows パソコンでファイルを Dropbox と同期することができません。ファイル名に使用できない予約語のリストについては、Windows デベロッパー ネットワークにある「名前付け規則」の項目をご覧ください。

無視されるファイルの種類

次のようなサイズの小さいシステム ファイルは Dropbox で同期されない場合があります。

  • desktop.ini
  • thumbs.db
  • .ds_store
  • icon\r
  • .dropbox
  • .dropbox.attr

最大文字数

最新バージョンの Dropbox デスクトップ アプリではファイル名やフォルダ名が 260 文字以上でも問題なくパスの読み込み/書き込みができますが、Windows で許可されているのは 260 文字以下のファイルやフォルダ名です。

一部のアプリケーションでは OS の文字数制限が適用されるため、パスが長いファイルにはアクセスできない場合があります。さらに、Microsoft Excel などの一部のアプリケーションの文字数は、この制限よりも短く設定されています(218 文字)。

たとえば、Excel 2010 のファイルでパスが 261 文字の場合、Dropbox はパソコンとファイルを同期しますが、Excel でファイルを開こうとすると「ファイルにアクセスできません」などのエラー メッセージが表示されます。この問題を解決するにはファイル名を短くするか、ファイルやフォルダをより上位のフォルダに移動します。

注:Windows ではファイル パスも名前の一部としてカウントしますので、下記のサンプル ファイルのパスはファイル名の 16 文字ではなく 142 文字になります。

C:\Users\Panda\My Documents\Dropbox\Creative Nonfiction\My Autobiography\Favorite Things\Favorite Foods\Bamboo\Family Recipes\Fresh Leaves.doc

大文字と小文字の区別の問題

ほとんどの Linux インストールでは、ユーザーが同じ名前の 2 件のファイルまたはフォルダに大文字/小文字で区別をつけることを許可しています。ただし、Mac や Windows ではデフォルト設定により、そのような区別を認識しません。このため、Dropbox が Linux ディレクトリで「Sample folder」と「sample folder」(大文字の S と小文字の s)を検出した場合、Dropbox はどちらのフォルダも Mac と Windows のパソコンで同期しますが、1 つは元のファイルのコピーとして表示され、末尾に「case conflict」と追加されます。

Mac と Linux の最初の文字列

ピリオドで始まるファイル名やフォルダ名(例:.myfile.doc) は正確に同期され、パソコンの Dropbox フォルダに保存されます。ただし、Mac と Linux のオペレーティング システムでは、ピリオドで始まるファイル名はシステム ファイルとして認識されるため、自動的に非表示にされます。この場合は、パソコンで詳細設定を変更する必要があります。または dropbox.com にログインして、ファイル名やフォルダ名を変更します(例:_myfolder)。

終了文字

ファイル名やフォルダ名がピリオド(.)で終わる場合、オペレーティング システム間で正確に同期されません。ファイル名が file.txt. のようにピリオドで終わる場合、ファイルは同期せず不良ファイル チェックに表示されます

ファイル名やフォルダ名における終了文字の余白は、他のオペレーティング システムと正確に同期するために消去されます。お使いの Dropbox フォルダで同じ名前を使用しているが余白だけが異なるという場合(またはスペース バーを使用して文字列が作成されている場合)、ファイルは Dropbox フォルダに追加されますが、ファイル名の末尾に 空白スペースの競合と付加されます。

テンポラリ ファイル

場合によっては、アプリケーション(Microsoft Word、Excel、PowerPoint など)がファイルを開く際に、同じディレクトリにテンポラリ ファイルを保存し、次のようなファイル名を付けることがあります。

  • ファイル名が ~$(~ と$)または . ~ (ピリオドと ~)で始まる
  • ファイル名が ~ で始まり .tmp で終わる(例)~myfile.tmp

Dropbox はいずれのオペレーティング システムでもテンポラリ ファイルを同期しません。

ユニコード エンコード問題

場合によっては、キーボードで同じ文字を作成する方法がいくつかあります。その場合、文字が同じように表示されても、オペレーティング システムや Dropbox は異なったものと認識します。Dropbox がエンコードの問題を検出すると、そのファイルのコンフリクト コピーが作成され、同じフォルダ内でファイルの末尾に Unicode Encoding Conflict と付加されて保存されます。

メタデータとリソース フォーク

メタデータ(またはリソース フォーク)を使用するファイルの同期は避けてください。Mac エイリアス、Windows ショートカットもその対象になります。通常、そうした種類のファイルはファイルを作成したオペレーティング システムでのみ機能するようになっています。

ジャンクション ポイントとエイリアス

Dropbox は Windows ジャンクション ポイント(Windows Vista またはそれ以降)に従い、リンクしているファイルやフォルダと同期するようになっています。ただし、Windows オペレーティング システムでファイルやフォルダを編集した場合、Dropbox デスクトップ アプリが再起動するまで再び同期することはありません。これを回避するには、元のフォルダを Dropbox に移動し、以前の場所でジャンクション ポイントを追加して Dropbox フォルダの新しい場所にリンクしてください。

メタデータと FAT32 ドライブに関する注意

ドキュメントによっては、ファイルに添付されているデータにファイル属性(xattr)が含まれている場合があります。このようなデータを「メタデータ」と呼びます。オペレーティング システムはさまざまな方法でメタデータを使用します。その例としてはアイコン保存、ドキュメントのラベル付け、ファイルへの情報の添付、許可権などがあります。Dropbox はすべてのプラットフォームで xattrs をサポートしていますが、ただし、FAT32 ファイル システムを使用する USB メモリやポータブル ドライブはメタデータをサポートしていません。Dropbox が FAT32 ドライブ上にある場合は、ファイルを移動したり、ファイル名を変更したりすると、メタデータは失われます。

Linux で 1 万件以上のフォルダを監視する

Linux 版の Dropbox デスクトップ アプリは、デフォルト設定により 1 万件以上のフォルダを監視することはできません。制限数を超えた場合は監視されないため、同期中に無視されます。簡単な回避策として、まずターミナルを開き次を入力してください:

echo fs.inotify.max_user_watches=100000 | sudo tee -a /etc/sysctl.conf; sudo sysctl -p

このコマンドでシステムに 10 万件までのフォルダを監視するように指示することができます。コマンドを入力しパスワードを入力したら、すぐに Dropbox が同期を再開します。

Linux で拡張属性(xattr)サポートをオンにする

Linux ディストリビューションの中には、デフォルト設定で拡張属性(xattrs)をオフにしている場合があります。ext3 または ext4 ファイル システム付きの Linux ディストリビューションを実行している場合は、/etc/fstab 設定ファイルでxattr サポートをオンにできる場合があります。手順については、お使いの Linux ディストリビューションのドキュメントを参照してください。

Dropbox での参照ファイルの使用

Dropbox フォルダに参照ファイル(シンボリック リンク、接合ポイント、ネットワーク フォルダ)を追加する方法はおすすめできません。参照ファイルを使用すると CPU 使用率の増加、同期パフォーマンスの低下、権限に関する問題、容量使用の差異の原因となります。

お探しの回答が見つからない場合は、コミュニティ エキスパートにお問い合わせください。

Dropbox フォーラム