1. ファイルやフォルダの共有
  2. お支払いとご請求
  3. セキュリティとプライバシー
  4. Dropbox Business
  5. 同期とアップロード
  6. ログインとスタートガイド
  7. デスクトップ アプリと dropbox.com
  8. アカウントの管理
  9. 容量とストレージ
  10. 写真と動画
  11. モバイル
  12. Dropbox Paper

ファイルがランサムウェアによって破損または名前が変更された場合

ランサムウェアとはファイルを勝手に暗号化して利用できなくするマルウェアの一種で、ファイルのロックを解除するために身代金(ランサム)を支払うよう攻撃者に要求されますが、ファイルを Dropbox に保存していればマルウェアの影響を受ける前の状態にファイルを復元することができます。

注:ユーザーがファイルを前のバージョンに復元できるのは変更を加えてから 30 日 以内ですが、エクステンデッド バージョン履歴機能がある Dropbox Plus または Dropbox Business アカウントのユーザーであれば 30 日を過ぎていても復元できます。

クイックリンク:

個別のファイルを復元する

ファイルのバージョン履歴にアクセスして、ファイルの旧バージョンを復元する手順に従ってください。

ファイルのバージョン履歴を表示すると、そのファイルを最後に編集したユーザー アカウントとパソコンを確認できます。

最近ファイルを編集したユーザーとパソコンが表示されているファイルのバージョン履歴

ファイルを一番最後に編集したパソコンは、おそらくランサムウェアに感染しています。今後の問題を防ぐために、パソコンのリンクを解除してウイルス対策アプリでスキャンしてください。

多数のファイルを復元する

復元するファイル数が多い場合は Dropbox サポートに削除イベントのリンクをお送りください。指定したイベントのみを元に戻すか、特定イベントが起こる前の時点にアカウント全体をロールバックするかを Dropbox にリクエストできます。

共有フォルダ内の複数のファイルがマルウェアに感染している場合は、各共有フォルダのリンクをお知らせください。リンクをお知らせいただいた後、Dropbox サポートで該当するイベントの復元を試みます。

前のバージョンに復元できるのは 30 日以内ですので、できるだけ早く Dropbox にご連絡ください。

名前が変更されたファイルを復元する

ランサムウェアによりファイル名が変更された場合、dropbox.com の削除済みファイル一覧から前のバージョンのファイルを復元することができます。正しい名前のファイルを復元後、暗号化されたバージョンのファイルを削除してください。

名前を変更されたファイルの件数が多い場合は、Dropbox サポートにご連絡いただければお手伝いいたします。