アカウント移行について

Dropbox Business チームとユーザー管理者は、削除したユーザーの Dropbox ファイルを別のチーム メンバーに簡単に移行することができます。 

チームから退会したメンバーのフォルダやファイルはすべて管理者が指定した受取人の Dropbox に移行されます。また、Dropbox は削除したユーザーの共有アクティビティを検索し保存します。たとえば、退会したチーム メンバーが共有フォルダを所有していた場合、Dropbox は共有フォルダの所有権を受取人に移行します。

:

  • ユーザーのファイルを移行できるのは 1 回のみです。
  • 元チーム メンバーのすべてのファイルを 1 人のユーザーに移行するのが妥当ではない場合、コンテンツをご自分(チーム管理者)のアカウントに移行してから、アクセスを必要としているユーザーごとに、コンテンツの一部を共有することができます。

この記事のセクション:

チーム メンバーの削除時に移行する

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログインします。
  2. 左側のサイドバーから[管理コンソール]にアクセスします。
  3. メンバー]タブをクリックします。
  4. 削除したいユーザーの歯車のアイコンをクリックし、メニューで[削除]を選択します。
  5. ポップアップ ウィンドウが表示されたら、削除したユーザーの Dropbox ファイルを別のチーム メンバーに今すぐ移行することを決定するオプションで[今すぐ]を選択します。
  6. 移行先のメンバーの名前またはメール アドレスを入力します(移行先のメンバーはあなたの Business アカウントのメンバーである必要があります)。
  7. 遠隔削除オプションの使用を決定したら、[削除]をクリックします。

後にする] オプションには、そのメンバーのコンテンツを移行できる最終日が表示されます。

すでに削除したメンバーのアイテムを移行する場合

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]を開きます。
  3. メンバー]タブをクリックします。
  4. メンバーのタイプ]にあるプルダウン メニューで[削除済み]を選択します。
  5. 元メンバーの名前の右側にある歯車のアイコンをクリックし、メニューで[ファイルを管理]を選択します。
  6. 別のチーム メンバーに移行するオプションを選択します。
  7. 移行先のメンバーの名前またはメール アドレスを入力し、[送信]をクリックします(移行先のメンバーはあなたの Dropbox Business のチーム メンバーである必要があります)。

注: エクステンデッド バージョン履歴の制限期間内に限り、削除したメンバーのアカウントからファイルを移行することができます。 その期間が過ぎると、削除したメンバーのアカウントからファイルを復元したり移行することはできません。 

アカウント移行の対象アイテムについて

移行されるアイテム:

  • すべての既存のフォルダやファイル
  • 削除したすべてのファイル
  • 過去のチーム メンバーが所有していた共有フォルダの所有権
  • Dropbox Business チームの他のメンバーが所有していた共有フォルダのメンバーシップ
  • 過去のメンバーが作成した Paper ドキュメントの所有権
  • サードパーティ製アプリケーションのデータを含む「アプリ」フォルダのコピー

移行されないアイテム:

  • アカウント移行を利用してグループを移行することはできません。代わりに、アカウントの管理者またはグループのメンバーが手動でグループにチーム メンバーを追加してください。
  • 元メンバーが作成した共有リンク(リンクは無効になります)
  • ファイルの以前のバージョン
  • Dropbox Business チーム外のユーザーが所有する共有フォルダのメンバーシップ(移行できるのはフォルダのコピーのみです)
  • 削除したメンバーが所有していなかった Paper ドキュメントへのアクセス
  • データソース(サードパーティ製アプリがデータ保存に使用するデータのタイプ)

注: メンバーのアカウントが削除されてからしばらくした後でアカウント移行を行う場合は、メンバーのアカウントが削除された時点ではなく、移行する時点でのフォルダのコンテンツが移行対象となります。

アカウント移行のアクティビティを見る

  1. 管理者用アカウントで dropbox.com にログインします。
  2. 左側のサイドバーで [管理コンソール] をクリックします。
  3. アクティビティ]ページの[アクティビティ]フィードで、削除したメンバーのファイルが別のチーム メンバーに移行されたか確認することができます。

アカウント移行を行うと、Dropbox から確認メールが届きます。

アカウントの移行に失敗した場合の対処方法

ユーザーが一度に受け取れるのは、1 人の削除ユーザーのファイルのみです。複数のチーム メンバーを削除して、短い期間にファイルを 1 人のユーザーに移行すると、一時的にファイルの移行に失敗する可能性があります。移行に失敗したときにはメールでお知らせするので、その場合はもう一度移行を試みてください。

ファイルの移行エラーを防止するため、1 つのアカウントの移行をリクエストして、数分間待ってから次のアカウントの移行をリクエストしてください。その後もすべてのファイルやアカウントの移行が完了するまで同じようにリクエストします。

または、チーム管理者や以前のファイル所有者が必要に応じてファイルやフォルダを共有することも可能です。

アカウント移行時の受取人への表示方法

アカウント移行を使うと、削除されたメンバーのファイルは移行先の Dropbox(ビジネス用)のルート レベルで 「(削除されたユーザー)さんのファイル」 という新しいフォルダ名で表示されます。

Dropbox は削除したメンバーの共有アクティビティを検索し保存します。詳細および移行対象となるその他のアイテムに関する情報をご覧ください

エクステンデッド バージョン履歴を利用しているチームでアカウント移行を使うには?

メンバーを削除しても[エクステンデッド バージョン履歴]はまだそのアカウントに適用されます。 

メンバーを削除する時に、[後にする] オプションでそのメンバーのアカウントでエクステンデッド バージョン履歴を使用できる期間を確認できます。そのメンバーにアカウント移行を適用したい場合は、制限期間内に行ってください。

その制限期間が過ぎると、削除したメンバーが所有していたファイルを復元したり移行することはできなくなります。

使用停止になっているチーム メンバーのアカウント移行に関する詳細はこちらをご覧ください

 

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      Other ways to get help

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ