ビジネス用 Dropbox に対する管理者の権限は?

Dropbox チームのユーザー: チームの管理者がユーザーのアカウントを管理したり、ユーザーが管理者と共有していないファイルやフォルダを表示したりすることはできません。ただし、管理者はユーザーをチームから削除できます。管理者によりチームから削除されたユーザーはチーム フォルダから自動的に退会し、そのユーザーのビジネス用アカウントは個人用アカウントに戻ります。

Dropbox Business のユーザー:チーム管理者はメンバーのビジネス用 Dropbox アカウントを管理できます。また、「ユーザーの代理ログイン」機能を使用して、メンバーのアカウントにアクセスすることも可能です。Dropbox Business チーム メンバーのアカウントに代理ログインした場合、管理者は次の操作を行うことができます。

  • チーム メンバーのフォルダ構造を確認する
  • 他のユーザーとファイルやフォルダを共有する
  • ファイルを閲覧、開く、ダウンロードする
  • ファイルを削除、削除済みファイルを復元する

チーム メンバーが個人用アカウントとビジネス用アカウントをリンクしていても、チーム管理者が「ユーザーの代理ログイン」を使用して個人用アカウントにアクセスすることはできません。管理者がアクセスできるのはメンバーのビジネス用アカウントに限られます。

Dropbox Business 管理者向け機能に関するその他の質問

共有について

企業内のデータを保護するため、管理者はチーム外とのファイルやフォルダ共有をチーム メンバーに許可/禁止することができます。また、管理者は監査ログにアクセスして、メンバーがファイルやフォルダを共有した相手のメール アドレスを確認することができます。

デバイスについて

Dropbox のデフォルト設定により、ユーザーはデスクトップで個人用 Dropbox とビジネス用 Dropbox をリンクできます。デスクトップ アプリケーションに限り(モバイル デバイスまたはウェブを除く)、管理者はユーザーが両アカウントをリンクできないようにすることができます。

ファイル

デフォルトでは、Dropbox Business アカウント内のコンテンツはすべて非公開に設定されます。ユーザーが共有リンクや共有フォルダを使ってファイルを共有するまでは、管理者も含め誰もファイルにアクセスすることはできません。

チーム メンバーの削除について

管理者がメンバーを Dropbox Business チームから削除した場合、削除されたメンバーのビジネス用アカウントはキャンセルされ、アカウントにはログインできなくなります。メンバーのアカウントを削除する際、管理者はメンバーがアカウントにリンクしたデバイスからビジネス用 Dropbox を遠隔削除することができます。また、メンバーがアカウントに保存していたコンテンツを別のチーム メンバーのアカウントに移行することも可能です。

管理者がメンバーのデバイスを削除すると、Dropbox はそのメンバーのデバイスが次にオンラインになった時にビジネス用 Dropbox アカウントからコンテンツを削除します。ビジネス用アカウントに保存していたコンテンツを他のメンバーに移行すると、削除されたメンバーのビジネス用ファイルに他のメンバーがアクセスできるようになり、そのユーザーの共有関係(共有フォルダの所有権も含みます)も引き継がれます。管理者はメンバーをチームから削除する際または削除後に、そのアカウントを他のメンバーに移行することができます。ただし、遠隔削除を使用できるのはメンバーがチームに所属している間もしくは削除プロセス中に限ります。チームから削除された後はリンクさせていたデバイスと Dropbox アプリのリンクが解除されるため、管理者が遠隔削除を使うことはできません。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ