Dropbox Business チーム メンバーが使用できる容量を制限する

5,000 件以上の共有フォルダがある場合、そのチームではメンバーの容量制限機能が利用できない場合があります。また、チームの共有フォルダ数が非常に多いと、パフォーマンスの低下が生じる可能性があります。

メンバーの容量制限を使用すると、チーム管理者はメンバーが使用する Dropbox ストレージ容量を制限することができます。この機能はすべての Dropbox Business チームでご利用いただけます。この機能はすべての Dropbox Business チームでご利用いただけます。

メンバーが容量制限を超えた場合

以下に当てはまる場合、メンバーにメール、デスクトップ、モバイル アプリで通知されます。

  • 容量制限の 90 % に達した場合
  • 容量制限を超えた場合

また、チーム管理者にも通知メールが届き、アクティビティ ログにも記録されます。

容量制限の上限を超えたメンバーも、通常どおり Dropbox を利用できます。

容量制限による同期の停止がオンになっているチームで、メンバーが容量制限を超えるとどうなりますか?

容量制限による同期の停止を使用すれば、管理者はメンバーが容量制限を超えると通常どおり Dropbox を利用できなくなるように設定できます。具体的には、次のようになります。

  • アカウントで同期が停止する
  • ファイルをアップロードできなくなる

容量制限を超えたメンバーには 2 つの選択肢があります。

  • 容量制限を超えないようファイルを削除する
  • 管理者に連絡して容量を追加してもらう

注:チーム メンバーが同期を停止する容量制限を超えても、チーム管理者にメール通知は届きません。

すべてのチーム メンバーにデフォルトの容量制限を設定する方法

  1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. 容量]をクリックします。
  5. 容量の上限を選択し、[確定]をクリックします。

:チーム メンバーの容量制限を設定できるのはチーム管理者に限られます。

同期の停止をオンにしてチームにデフォルトの容量制限を設定する方法

すべてのチーム メンバーにデフォルトの容量制限を設定できます。また、制限が緩い「通知のみ」と厳しい「同期を停止」のいずれかを選択できます。

  1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. 容量]をクリックします。
  5. メンバーの容量制限]の横にあるプルダウン メニューをクリックします。
  6. 同期を停止]または[通知のみ]を選択します。
  7. 容量制限を選択し、例外があればそれを入力します。
  8. 変更を適用]をクリックします。

個々のチーム メンバーにカスタム容量制限を設定する

ほとんどのチームでは、個々のチーム メンバーにカスタム容量制限を設定することはできません。しかし、メンバーの容量設定を[制限なし]にすることで、すべてのチーム メンバーは制限を受けることなく引き続き Dropbox を利用できます。

また、チーム全体に適用される容量制限を設定し、例外リストを使用して一部のメンバーに制限を適用しないことも可能です。

  1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. 容量]をクリックします。
  5. 例外なし]をクリックします。
  6. 容量制限の対象から除外するチーム メンバーの名前またはメール アドレスを入力し、[完了]をクリックします。

同期の停止をオンにしてチームにカスタム容量制限を設定する方法

個々のチーム メンバーにカスタム容量制限を設定できます。

  1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. メンバー]ページを開きます(ほとんどの場合、デフォルトでこのページが開きます)。
  4. カスタム容量制限を設定するメンバーの名前をクリックします。
  5. 容量制限を編集]をクリックし、新しい容量制限を入力します。
  6. カスタム容量制限を設定]をクリックします。

制限を適用する必要がないチーム メンバーに例外を追加することもできます。

どのようなアイテムが容量制限の加算対象になりますか?

チーム メンバーの Dropbox Business アカウントに保管されているフォルダまたはフォルダはすべて容量制限の加算対象となります。

注意点

  • チーム フォルダは容量制限の加算対象にはなりません。チーム フォルダは個人ではなくチームが所有する共有容量と認識されます
  • チーム フォルダはチーム全体の使用容量の加算対象になります
  • チーム メンバーが所有する共有フォルダは、その所有者の容量制限の加算対象になります
  • チーム メンバーが、チーム外のユーザーが所有しているフォルダを共有している場合、そのメンバーの容量制限の加算対象となります
  • 容量制限の計算方法によっては、各チーム メンバーの使用容量の合計がチーム全体の使用容量と異なる場合があります
この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答