Dropbox Business のチームを他のチームと統合した場合の変更点

組織内に複数のDropbox Business チームがある場合や、別のチームと密接に連携している場合、1 つのチームに統合した方が便利な場合があります。チームを統合することで所有権、お支払い、ポリシーの強化が簡略化され、チームの共同作業も簡単になります。

複数のDropbox Business チームを 1 つに統合する場合は、Dropbox サポートにご連絡ください(連絡先情報は[管理コンソール]の[ヘルプ]タブに記載されています)。また、ご連絡する前に以下の Dropbox Business チームの統合に関するよくある質問をお読みください。

新しいチームをメインのチームに自分のチームを統合した場合、何が変わりますか?

チームを統合する際に、あなたのチームをメインのチーム(他のチーム メンバーに参加してもらう)にするか、サブのチーム(メインのチームに参加する)にするかを決める必要があります。サブのチームとしてチームを統合する場合:

  • 新しいチームに移行できないアイテム(統合前に保存してください):
    • 削除したチーム メンバーのアカウント
    • アクティビティ ログ
    • 管理者権限
    • Team API アプリ
    • 請求書と受領書
  • 新しいチームに参加すると変更されるアイテム:
    • チーム フォルダは共有フォルダに変わります。
    • グループ名が変更され、あなたのチーム名が含まれます。
      • たとえば、「マーケティング」というグループ名は「(変更後のチーム名) - マーケティング」に名前が変更されます。
  • メインのチームの設定によっては変更になる可能性があるアイテム:
    • 共有設定は変更される可能性があります。
    • SSO が必要になる場合があります。
    • サブチームのメンバー アカウントにチーム フォルダが追加される場合があります。

Dropbox Business のチーム メンバーの方で上記の変更内容についてご不明な点がある場合は、新しい管理者にお問い合わせください(メインのチーム管理者)。

サブのチームをメインのチームに統合した場合、何が変わりますか?

  • サブのチームからグループが移行され、サブのチーム名が含まれます。
    • たとえば、「マーケティング」というグループ名は「(変更後のチーム名) - マーケティング」に名前が変更されます。
  • 割り当てられたライセンスは、サブのチーム メンバーと新しく招待したメンバーの両方で使用されます。
    • 新しく参加するメンバーも含め、十分な数のライセンスがあるかを確認してください。
  • チーム管理者にはチームが統合されたことを知らせるメールが届きます。
  • サブのチームのメンバーにも新しいチームに参加したことを知らせるメールが届きます。

SSO が必要な場合、サブのチームから参加した新しいメンバーが SSO プロバイダ経由で追加されていることを確認してください。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      Other ways to get help

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ