リセラー サポートの概要と有効/無効にする方法

Dropbox のリセラー パートナーを介して Dropbox Business を購入された場合は、管理コンソールへの一時的なアクセスをパートナーに許可することができます。これにより、リセラーはお客様の代理としてアカウントを設定することが可能になります。このアクセス権はいつでも解除することができます。

リセラー サポート利用時のリセラーの役割について

リセラー サポートを利用するとパートナーには一時的に次のアクセス権が与えられます。

  • チームにメンバーを追加または削除する
  • ユーザーの代理ログイン
  • 管理者権限を変更する
  • 管理者用ダッシュボードを使用する
  • チーム フォルダを作成する
  • 共有と管理の権限を変更する
  • 認証やセキュリティ設定を変更する
  • チームの共有アクティビティを監査する
  • Dropbox サポートに連絡する

注:パートナーはリセラー サポート利用時にのみ、このリストのアクセス権が与えられます。その他の操作を実行するには、管理者アカウントにログインしてください。

リセラー サポートを有効にするには?

リセラー サポートを有効にする手順は以下のとおりです。

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4.  [詳細設定]で [リセラー サポート]をクリックします。
  5. リセラー サポート]のチェックボックスをオンにします。
  • リセラー サポートを有効にすると、お客様の Dropbox Business アカウントへの管理アクセス権限をリセラーに許可することになります。つまり、リセラーはお客様のアカウントへのフルアクセスと管理権限を所有することになります。
  • お客様のチームが事業提携契約書(BAA)に署名済みの場合、リセラー サポートを有効にすることはできません。

リセラー サポートを無効にするには?

リセラー サポートを無効にする手順は以下のとおりです。

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4.  [詳細設定]で[リセラー サポート]をクリックします。
  5.  [リセラー サポート]のチェックボックスをオフにします。

リセラーがアカウントを代理操作する場合

管理者としてお客様のアカウントにアクセスしたリセラーは、管理コンソールにログインするため 1 回限りのリンクを作成します。リセラーがログインすると、お客様の Business アカウントの管理者全員が通知メールを受信します。

リセラーによる操作はすべてアカウントの監査ログに表示されます。たとえばリセラーがログインし、チームからメンバーを削除した場合、この操作は監査ログに「[リセラー名]が[ユーザー名]さんを削除しました」と表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答