Dropbox モバイル アプリではなくエンタープライズ モビリティ管理アプリにログインを促される理由は?

エンタープライズ モビリティ管理(EMM)を利用すると、企業が企業アプリやネットワーク、デバイスなどでモバイル デバイスを管理することができます。Dropbox EMM では、Dropbox Enterprise チームがサード パーティである EMM ベンダーと共に、メンバーの Dropbox モバイル デバイスの使用をより細かに管理できるようになります。

Dropbox モバイル アプリにログインできない場合は、お客様のチーム管理者が EMM を有効にしたことが考えられます。解決策については次をご覧ください。

Dropbox にログインできません。会社の Dropbox アプリにリダイレクトされる理由と解決策は?

Dropbox モバイル アプリから自動的にログアウトされ、企業の Dropbox アプリにリダイレクトする場合はチーム管理者が EMM を有効にしているためです。

ご利用のモバイル デバイスで引き続き Dropbox にアクセスするには、お客様の企業のアプリ ストアにアクセスし、iOS 版もしくは Android 版の Dropbox の管理対象アプリ(EMM)をダウンロードしてください。ダウンロードが完了したら、ビジネス用アカウントのログイン情報を使用して、管理対象アプリから Dropbox Enterprise アカウントにアクセスします。

設定についての詳細情報は、お客様のチーム管理者または IT 管理者にお問い合わせください。

EMM の利用を開始するには?

EMM を有効にし、Dropbox のビジネス用アカウントに引き続きアクセスするには、Dropbox Enterprise チームの管理者または企業の IT ヘルプ チームにお問い合わせください。設定やトラブルシュートの手順は、お客様の企業の EMM 設定により異なります。

EMM を有効にしている場合、チーム管理者はユーザーの Dropbox アカウント情報をどれだけ把握することができますか?

Dropbox Enterprise の管理者はユーザーの個人用アカウントにアクセスすることはできません。ただし、ビジネス用アカウントや企業から提供されているデバイスにアクセスすることはできます。

また EMM プロバイダーが、ユーザーの次の使用情報をチーム管理者がアクセスできるようにすることもあります。

  • Dropbox モバイル アプリ(使用頻度を含む)
  • Dropbox モバイル アプリからアクセスしたネットワーク
  • デバイスの使用量と管理などの情報全般

Dropbox アカウントにおけるチーム管理者の可視性についての詳細はこちらをご覧ください。

個人用アカウントとビジネス用アカウントの両方を同じデバイスで使用できますか?

個人用とビジネス用の Dropbox アカウントをリンクする方法についての詳細はこちらをご覧ください。

通常の Dropbox アプリと EMM Dropbox アプリの両方を同じデバイスで使用できますか?

はい、同じデバイスでどちらのアプリも使用することができます。ただし、ビジネス用の Dropbox アカウントには管理対象(EMM)アプリからのみログインすることができます。同様に、個人用 Dropbox アカウントは通常の Dropbox モバイル アプリからのみアクセス可能です。

本アプリは、iOS デバイスおよび Apple App Store では Dropbox EMM という名称の新しいアプリとして表示されます。Android デバイスでは、Android for Work デバイス管理フレームワークをもとに既存の Dropbox アプリを変更しています。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ