概要:ウェブ セッション管理

ウェブ セッション管理機能を利用すると、チーム メンバーが dropbox.com でログイン状態を維持できる期間を管理者が制御できるため、会社のデータへの不正アクセスのリスクを軽減できます。管理者は次の 2 つのウェブ セッション管理オプションを利用できます。

  • セッション維持期間:dropbox.com でチーム メンバーがログイン状態を維持できる期間を設定できます(例:1 週間や 1 か月など)。
  • セッション アイドル時間:dropbox.com でチーム メンバーがログイン状態を維持しながらアイドル状態でいられる期間を設定できます(例:無操作状態が 48 時間に達するまでログイン状態を維持するなど)。

管理者は、これらのオプションのどちらか一方を利用するか、両方を併用することができます。

:ウェブ セッション管理は、チーム メンバーが dropbox.com にアクセスした場合にのみ適用されます。Dropbox モバイル アプリまたはデスクトップ アプリへのアクセスには適用されません。

チーム メンバーがログイン状態またはアイドル状態になっている期間が管理者が設定した上限に達すると、そのメンバーのウェブ セッションが有効期限切れになります。有効期限が切れた後にメンバーが何か操作を行おうとすると、自動的にログアウト状態になり、再ログインを求められます。ただし、ウェブ セッション期間の上限に達しても、進行中のファイルのダウンロードには影響ありません。

管理者がセッション維持期間を設定すると、チーム メンバーがログインした時点からセッション期間の測定が開始されます。なお、セッションは日数で計算されます。たとえば、管理者がセッション維持期間を 1 週間に設定すると、チーム メンバーのセッションは、ログインした時点から 7 日間保持されます。

これらの設定は、管理コンソールの[ウェブ セッション管理]セクションにアクセスすると変更できます。

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. ウェブ セッション管理]までスクロールし、セッション維持期間とセッション アイドル時間のどちらか一方または両方を設定します。

:セッション維持期間を短縮すると、チーム メンバー全員が自動的にログアウト状態になります。このため、この設定の変更はチームの作業に支障をきたさないタイミングで行うことをおすすめします。

この度はフィードバックをお寄せいただきありがとうございました。よろしければ、Dropbox をどのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      サポートへのお問い合わせ