Dropbox Business と Windows 10 エンタープライズ データ保護機能を統合する方法について

Windows エンタープライズ データ保護(EDP)はWindows 10 に導入された機能です。 IT マネージャーは、この機能をエンタープライズ管理ソフトウェアと組み合わせて、高度なコントロールとカスタマイズを実現することができます。

Microsoft のエンタープライズ データ保護の詳細はこちらをご覧ください。

Dropbox Business とエンタープライズ データ保護を併用する方法は?

EDP を利用するようにデバイスを設定したら、使用するエンタープライズ管理ソフトウェアの「許可」リストに Dropbox を加えます。すると、Dropbox は既存の暗号化ファイルをすべて、会社の EDP 設定が管理するドメインに同期します。EDP が有効になっているパソコンから Dropbox アカウントに新しく追加されるすべてのファイルは、デフォルトで保護されます。

なお、Dropbox は通常 EDP で保護されたファイルを同期しますが、Dropbox アカウントにあるファイルが、当該ファイルに対するアクセス権のないドメインにリンクしている場合は同期しないのでご注意ください。

エンタープライズ データ保護を Dropbox Basic または Plus アカウントと統合することは可能ですか?

いいえ、EDP のインテグレーションは Dropbox Business アカウントでのみご利用いただけます。

エンタープライズ データ保護が利用可能なプラットフォームは?

Windows 10 の機能としてリリースされているため、EDP が利用できるのは Windows 10 の Dropbox デスクトップ アプリケーションのみです。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ