{"en":"This page is not currently available in your language.","id":"Halaman ini sekarang belum tersedia dalam bahasa Anda.","ms":"Laman ini kini belum boleh didapati dalam bahasa anda.","es_ES":"Esta página no está disponible en tu idioma en este momento.","da_DK":"Denne side er i øjeblikket ikke tilgængelig på dit sprog.","fr":"Cette page n'est actuellement pas disponible dans votre langue.","de":"Diese Seite ist zurzeit nicht in Ihrer Sprache verfügbar.","en_GB":"This page is not currently available in your language.","pl":"Ta strona aktualnie nie jest dostępna w Twoim języku.","it":"Al momento questa pagina non è disponibile nella tua lingua.","nl_NL":"Deze pagina is momenteel niet beschikbaar in je taal.","nb_NO":"Denne siden er for øyeblikket ikke tilgjengelig på språket ditt.","ru":"На данный момент эта страница недоступна на вашем языке.","zh_TW":"此頁面目前沒有您語言的版本。","sv_SE":"Denna sida är för närvarande inte tillgänglig på ditt språk.","th_TH":"หน้านี้ยังไม่มีให้บริการในภาษาของคุณในขณะนี้","zh_CN":"本页面暂无您所需的语言版本。","ja":"申し訳ありませんが、このページは選択した言語ではご利用になれません。","pt_BR":"Esta página não está disponível no momento em seu idioma.","ko":"현재 이 페이지는 한국어 번역이 제공되지 않습니다.","es":"Esta página aún no está disponible en tu idioma.","uk_UA":"На даний момент ця сторінка недоступна на вашій мові.","en_AU":"This page is not currently available in your language."}

スマート シンクとシステム拡張機能

Dropbox スマート シンクは Windows や Mac OS オペレーティング システムと統合するライトウェイト インテグレーションを使用することで機能しています。こうしたインテグレーションはドライバー(Windows)またはシステム拡張機能(Mac OS)と呼ばれ、ユーザーがファイルを開き次第 Dropbox が自動的にそのファイルをダウンロードできるようにします。

こうしたインテグレーションは、プリンター、コピー機、マウスを使用する場合にインストールするドライバーと似ています。この場合、インテグレーションにより Dropbox スマート シンク機能を利用できるようになります。Dropbox スマート シンクの使用時にのみ、システム拡張機能またはドライバーが表示されます。

この記事内のセクション:

Dropbox インストール時にシステム拡張機能がブロックされたことを知らせるメッセージが表示された理由は?

Mac OS 10.13(High Sierra)では、初めて Dropbox デスクトップ アプリケーションを実行する時にシステム拡張機能がブロックされたことを知らせるメッセージが表示される場合があります。システム拡張機能のアクセスを許可しないと、スマート シンクを利用することはできません。

スマート シンクを有効にする
スマート シンクを有効にする

Dropbox システム拡張機能を有効にするには、Dropbox の設定時に表示される手順を実行してください。

  1. スマート シンクを有効にする]ボックスで[続行]をクリックします。 
  2. システム拡張機能を無効にしました]のボックスで[OK]をクリックします。
  3. 基本設定で Dropbox を許可する]のボックスで[基本設定を開く]をクリックします。
  4. セキュリティとプライバシー]の[全般]で[許可]をクリックします。
  • 注:場合によっては、最初に鍵のアイコンをクリックしてパソコンにログインする必要があります
システム インテグレーションを許可
システム インテグレーションを許可

注意点

  • ご利用のパソコンで管理者の権限が許可されていない場合は、IT 部門に連絡するか別の管理者に問い合わせ、この変更を設定するようにリクエストしてください
  • システム拡張機能を有効にしなくても Dropbox を引き続きご利用いただくことは可能ですが、スマート シンク機能を使うことはできません
  • スマート シンクは特定の Dropbox プランでのみご利用いただけます

アクセスを許可しない場合は?

システム拡張機能やドライバーのアクセスを許可しないと、Dropbox スマート シンクを使用することはできません。ただし、メインで使用している Dropbox デスクトップ アプリケーションは通常どおり作用します。

システム拡張機能やドライバーはどのように作用しますか?

人気のあるシステムは大方、システム拡張機能またはドライバーを使用しています。

  • ハードウェア:パソコンのハード ドライブ、プリンター、コピー機など
  • ファイル システム:サーバー メッセージ ブロック(SMB)を介して公開するファイル システムなど
  • ソフトウェア:ウィルス対策や仮想化プログラムなど

権限

Dropbox は Apple や Microsoft が一般公開している API を使用して、システム拡張機能とドライバーを作成しました。管理者の権限を追加する必要はありません(Dropbox が機能する上で必要な権限以外は不要です)。

Dropbox システム拡張の機能は?

システム拡張機能は「コールバック」を有効にします。コールバックは共有対象(フォルダなど)となるファイルの移動、削除、所有者の変更などの権限をリアルタイムで確認します。こうしたファイル アクセスの権限がない場合、システム拡張機能はフォルダ共有の解除や共有コンテンツの削除などにつながる操作をユーザーが試みた場合に、Dropbox が警告を送信できるようにします。

セキュリティと使用方法

システム拡張機能やドライバーにより、アプリケーションがユーザーのパソコンのオペレーティング システムに、追加でアクセス権を付与することができます。Dropbox アプリをご利用いただく上で、ユーザー エクスペリエンスを向上させることだけを目的に、こうした拡張機能を使用しています。

この機能を以下の目的で使用することはありません

  • システム拡張機能を使用して Dropbox 以外に保存されているファイルにアクセスすることはありません
  • システム拡張機能を使用してネットワーク リクエストを作成することはありません
  • システム拡張機能を使用してファイル システム内のデータを解析することはありません
  • システム拡張機能を使用してファイルの読み取りや書き込みをすることはありません

セキュリティと安定性

Dropbox はお客様のデータやプライバシーの保護対策を講じているほか、システム拡張機能やドライバーのデザインにおいてもセキュリティと安定性を最優先にして構築しました。この拡張機能の作成に参加したエンジニアの多くは、過去にさまざまな OS ベンダーでファイル システム技術の開発に携わっています。

こうしたコンポーネントは社内のセキュリティ チームにより入念にレビューされ、外部のペネトレーション(侵入)テスターによる監査も行われました。Dropbox ではこれらコンポーネントを社内で実行し、またエンタープライズ レベルのベータ版ユーザーの協力による実行テストも実施しました。どちらの場合でもコンポーネントを正常に実行することができました。

代替手段

このようなインテグレーションは、現在そして今後の Dropbox クライアント サービスにおいて主要な要素となります。Dropbox デスクトップ クライアントのシステム拡張機能の使用を無効にしたりオプトアウトすることはできません。そうしてしまうと、ユーザーが不注意で共有データを削除したり意図しないファイル操作をしないようにするための重要なアラートも無効になってしまいます。

Dropbox デスクトップ アプリケーションのインストールをご希望でない場合は、デスクトップ インテグレーションがなくても dropbox.com の Dropbox ウェブサイトのみを使用し、ファイルを閲覧、共有、ダウンロードすることが可能です。

拡張機能をインストールしたくない場合は?

Dropbox ではお客様のプライバシーとセキュリティを第一に考えています。スマート シンクは安定性と安全性を確保するために、厳しいテストとチェックを重ねてまいりました。 

Dropbox の信頼性やセキュリティの詳細をお読みください

スマート シンクとドライバーに関する詳細なブログ記事をお読みください

ご希望であればシステム拡張やドライバーからオプトアウトすることもできますが、スマート シンクを利用するにはシステム拡張機能またはドライバーを有効にしておく必要があります。

Dropbox Professional のお客様と Dropbox Business のチーム メンバー:システム拡張機能を無効にする方法

Dropbox Professional ユーザーや Dropbox Business のチーム メンバーであれば、いつでもシステム拡張機能を無効にできます。ただし、システム拡張機能を無効にすると、スマート シンクも無効になります。スマート シンクの利用にはシステム拡張機能を有効にする必要があります。

システム拡張機能を無効にするには、次の手順に従ってください。

  1. dropbox.com にログインします。
  2. ページ上部にあるご自分のアバターをクリックします。
  3. 設定]をクリックし、[全般]をクリックします。
  4. Dropbox システム拡張]にスクロールします。
  5. この設定を[オフ]に切り替えます。

Dropbox Business のチーム メンバーでチームの管理者がシステム拡張機能を無効にすると、Business アカウントにログインしているデバイスでスマート シンクを利用できなくなります。また、個人用 Dropbox アカウントでも利用できなくなることがあります。

Dropbox Business チーム管理者:チーム全体でシステム拡張機能を無効にする方法

Dropbox Business チームの管理者であれば、チーム全体でシステム拡張機能を無効にできます。ただし、システム拡張機能を無効にすると、スマート シンクも無効になります。スマート シンクの利用にはシステム拡張機能を有効にする必要があります。

また、チーム メンバーがビジネス用アカウントと個人用アカウントをリンクさせていることがあります。チームのシステム拡張機能を無効にすると、チーム メンバーが Business アカウントにログインしている個人用のデバイス(または個人用アカウント)でもスマート シンクを利用できなくなります。

それでもチームのシステム拡張機能を無効にする場合は、こちらのページでオプトアウト設定を続行してください。

この度はフィードバックをお寄せいただきありがとうございました。よろしければ、Dropbox をどのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    サポートへのお問い合わせ