Dropbox フォルダのパスをプログラムで見つける

使用方法を表示:

Linux

ローカルの Dropbox フォルダ内のファイルとインタラクトしたいデスクトップ アプリケーションがある場合は、Dropbox デスクトップ アプリケーションが作成した小さな JSON ファイルを読み込み、ローカルの Dropbox フォルダへのパスをプログラムで決定することができます。この機能は Dropbox デスクトップ アプリケーション 2.8 バージョンでのみ利用可能となっています。それ以外の場合は、アプリがユーザーに手動でパスを指定するように指示します。ファイル名は info.json です。ファイルのロケーションについては次をご覧ください。

    ~/.dropbox/info.json

このファイルでは次のように表示される JSON オブジェクトがあります。

{
    "business": {
        "host": 123456789,
        "path": "https://www.dropbox.com/Users/<USERNAME>/Dropbox (<BUSINESS_NAME>)"
    },
    "personal": {
        "host": 123456789,
        "path": "https://www.dropbox.com/Users/<USERNAME>/Dropbox (Personal)"
    }
}
  • business/personal: アカウントのタイプです。
  • host: ユーザー アカウントとコンピュータの組み合わせを特定する独自の識別子です。
  • path: Dropbox フォルダへのパスです。

注意: デスクトップ アプリケーションにリンクしているアカウントのタイプにより「ビジネス用」と「個人用」のいずれかまたは両方が表示される場合があります。

Macintosh

ローカルの Dropbox フォルダ内のファイルとインタラクトしたいデスクトップ アプリケーションがある場合は、Dropbox デスクトップ アプリケーションが作成した小さな JSON ファイルを読み込み、ローカルの Dropbox フォルダへのパスをプログラムで決定することができます。この機能は Dropbox デスクトップ アプリケーション 2.8 バージョンでのみ利用可能となっています。それ以外の場合は、アプリがユーザーに手動でパスを指定するように指示します。ファイル名は info.json です。ファイルのロケーションについては次をご覧ください。

    ~/.dropbox/info.json

このファイルでは次のように表示される JSON オブジェクトがあります。

{
    "business": {
        "host": 123456789,
        "path": "https://www.dropbox.com/Users/<USERNAME>/Dropbox (<BUSINESS_NAME>)"
    },
    "personal": {
        "host": 123456789,
        "path": "https://www.dropbox.com/Users/<USERNAME>/Dropbox (Personal)"
    }
}
  • business/personal: アカウントのタイプです。
  • host: ユーザー アカウントとコンピュータの組み合わせを特定する独自の識別子です。
  • path: Dropbox フォルダへのパスです。

注意: デスクトップ アプリケーションにリンクしているアカウントのタイプにより「ビジネス用」と「個人用」のいずれかまたは両方が表示される場合があります。

Vista、Win7、Win8、Win10

ローカルの Dropbox フォルダ内のファイルとインタラクト(対話形式でのデータのやり取り)したいデスクトップ アプリケーションがある場合は、Dropbox デスクトップ アプリケーションが作成した小さな JSON ファイルを読み込み、ローカルの Dropbox フォルダへのパスをプログラムで決定することができます。この機能は Dropbox デスクトップ アプリケーション 2.8 バージョンでのみ利用可能となっています。それ以外の場合は、アプリがユーザーに手動でパスを指定するように指示します。ファイル名は「info.json」で、次の 2 つのパスのうちのいずれかで見つかります。

    %APPDATA%\Dropbox\info.json
%LOCALAPPDATA%\Dropbox\info.json

このファイルでは次のように表示される JSON オブジェクトがあります。

{
    "business": {
        "host": 123456789,
        "path": "C:\Users\<ユーザー名>\Dropbox (<会社名>)"
    },
    "personal": {
        "host": 123456789,
        "path": "C:\Users\<ユーザー名>\Dropbox (<個人用>)"
    }
}
  • business/personal: アカウントのタイプです。
  • host: ユーザー アカウントとコンピュータの組み合わせを特定する独自の識別子です。
  • path: Dropbox フォルダへのパスです。

注意: デスクトップ アプリケーションにリンクしているアカウントのタイプにより「ビジネス用」と「個人用」のいずれかまたは両方が表示される場合があります。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      Other ways to get help

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ