Dropbox と macOS Sierra(バージョン 10.12)の互換性について

最近、Dropbox デスクトップ アプリをインストールしているパソコンで最新バージョンの macOS にアップグレードされた方は、最新バージョンの Dropbox に更新してください。ただし、Dropbox を最新バージョンに更新しても予期していない動作を目にする場合があります。特に次の場合が考えられます。

  • Dropbox にファイルを移動すると、Apple からエラー メッセージまたはその他のダイアログ ボックスが表示される
  • Dropbox フォルダまたはフォルダ内のファイルに不明な同期アイコンが表示される

Dropbox がデフォルトの場所にある場合、iCloud と同期中のフォルダ(「デスクトップ」や「書類」フォルダ)からファイルを Dropbox 移動すると、エラー メッセージが表示されます。

Dropbox を「デスクトップ」または「書類」フォルダに移動していて、これらが iCloud と同期中の場合は Dropbox に不明の同期アイコンが表示されることがあります。

このようなメッセージやアイコンは、Apple の iCloud(ストレージやバックアップ ソリューション)の仕様によるものです。この記事では、最新バージョンの macOS で Dropbox をスムーズに使用するための追加情報についてご説明します。

アイコンやメッセージが表示された場合の対処法は?

  1. Dropbox を最新バージョンに更新してください。
    • 最新バージョンに更新すると Dropbox が提供する最新の改善機能をご利用いただけるほか、最新バージョンの macOS でスムーズに Dropbox を使うことができます。
  2. Dropbox をデフォルトの場所に戻してください。
    • Dropbox をデフォルトの場所に戻すことで、iCloud と Dropbox 間で発生するファイル同期の競合を防ぐことができます。
  3. iCloud Drive からファイルを削除する時に通知を無効にしてください。
    1. [Finder]を開きます。
    2. [Finder]の[環境設定]を開きます。
    3. 詳細設定]をクリックします。
    4. iCloud Drive から削除する前に警告を表示]チェックボックスをオフにします。
  • :iCloud 通知を無効にしても競合同期のアイコンは削除されません。

ファイルはいつ Dropbox に同期されますか?

ファイルに表示される同期アイコンが iCloud と Dropbox 通知の間を行き交っている場合は、次の原因が考えられます。

  • パソコンで iCloud を有効にしている場合
  • デスクトップ」または「書類」フォルダを iCloud と同期した場合
  • Dropbox フォルダを「デスクトップ」または「書類」フォルダに移動した場合

上記の場合には、Dropbox の同期アイコン(チェックマークが付いた緑色のサークル)は Dropbox と iCloud の両方でファイル同期が完了するまで表示されません。

Dropbox の同期アイコンの種類について

メッセージやアイコンが表示される理由は?

最新バージョンの macOS にエラー メッセージが表示される場合は次の理由が考えられます。

  • パソコンで iCloud を有効にしている場合
  • デスクトップ」または「書類」フォルダを iCloud と同期した場合

次の状況すべてに該当する場合に競合同期アイコンが表示されます。

  • パソコンで iCloud を有効にしている場合
  • デスクトップ」または「書類」フォルダを iCloud と同期した場合
  • Dropbox フォルダを「デスクトップ」または「書類」フォルダに移動した場合

:最新バージョンの macOS ではインストール時のデフォルト設定により、これらのフォルダで iCloud 同期が有効になります。

メッセージやアイコンが表示されていても Dropbox はファイルの保存を続行していますか?

はい。このようなアイコンやメッセージが表示されている間も、Dropbox はお客様のファイルの保存プロセスを続行しています。ただし、ファイル同期のアイコンはファイルが保存されている間に Dropbox と iCloud 間を行き交うようになっています。

エラーメッセージの内容は?

デスクトップ」または「書類」フォルダを iCloud に同期している場合は、Dropbox にファイルを移動すると次のいずれかのダイアログ ボックスが表示されます。

iCloud から削除する
iCloud から削除する

こうしたメッセージは「デスクトップ」または「書類」フォルダからファイルの移動を試みた場合に表示されます。デフォルトでは、iCloud は「デスクトップ」と「書類」フォルダを同期します。これらのフォルダから Dropbox フォルダへファイルを移動すると、iCloud は「デスクトップ」または「書類」からのファイルの移動を iCloud からの削除と見なします。

Dropbox と iCloud の両方を使用できますか?

はい。ただし Dropbox と iCloud の両方を使用した場合、本記事でご説明している問題が発生する可能性があります。現在、Dropbox では iCloud と Dropbox が同じファイルを同期できる設定をサポートしていません。

Dropbox と iCloud のプレースフォルダ ファイルに発生する可能性のある問題

Dropbox がデフォルト設定にある場合、iCloud が Dropbox ファイルを同期または削除することはありません。ただし、使用している設定が次のすべての項目に該当する場合は、Dropbox に保存しているデータが失われる可能性があります。

  • Dropbox フォルダの名前を「Dropbox」以外(例:「Dropbox 1」)にしている場合
  • Dropbox フォルダをデフォルトではない場所に保管している(「デスクトップ」または「書類」フォルダ)場合
  • iCloud の同期を有効にしている場合
  • iCloud の[ストレージを最適化]を有効にしている場合

上記のすべてに該当する場合は、iCloud がファイルのローカル コピーを削除し、プレースホルダ ファイル(.icloud)と置き換える可能性があります。ディスク容量が低下している場合や[ストレージを最適化]が有効になっている場合に、この状態が発生します。Dropbox が同じファイルを同期している場合、Dropbox は元のファイルの削除とそのファイルの .iCloud プレースホルダ ファイルを同期します。

稀に、最適化したストレージが実際のプレースホルダ付きファイルを置き換えてしまった後に Dropbox をデフォルトの場所に移動させると、データ紛失の恐れがあります。Dropbox が実際のファイルではなく、プレースホルダ ファイルを同期してしまうためです。

何も措置を講じないと、データ紛失につながる恐れがあります。ファイルがすべて安全に保管されているか確認する方法は次のとおりです。

  1. dropbox.com にログインします。
  2. .iCloud」と検索バーに入力して、影響を受けたファイルがないか確認します。
  3. .iCloud ファイルが見つかった場合、iCloud から実際のファイルを復元する必要があります。

iCloud からファイルを復元した後は、この記事の前半に記載した手順に従ってデータの紛失を防止してください。

.iCloud プレースホルダ リンクに関するその他の事例

上記の問題だけでなく、スクリーンショットに関する問題も発生する可能性があります。Dropbox を実行していないときに撮ったスクリーンショットが .iCloud プレースホルダ ファイルと置き換えられて Dropbox に同期される可能性があります。

上記の手順に従って影響を受けたスクリーンショットを復元し、プレースホルダ ファイルに置き換えられないよう予防措置を講じてください。

シンボリック リンク、iCloud、Dropbox デスクトップ アプリを使用する

:シンボリック リンクを使用すると、通常とは異なる動作やデータの紛失につながる恐れがありますのでご注意ください。

Dropbox では、macOS Sierra(バージョン 10.12 以降)で Dropbox を使用する際に発生する恐れのある問題解決に取り組んでいます。この記事でご紹介している操作を行っていただくことで、Sierra で Dropbox の動作を安定させるのに役立ちます。

ただし、「書類」フォルダや「デスクトップ」にリンクするシンボリック リンクが Dropbox に含まれている場合、競合する同期アイコンが表示されたり、データを紛失したりする可能性があります。この記事でご紹介している操作を行っていただいても、回避できない場合がありますのでご了承ください

あらゆる問題を防止するためにも、Dropbox からシンボリック リンクを削除することをおすすめします。

Dropbox フォルダを移動するようにリクエストされた場合は?

Dropbox の設定が上記で説明した状態に該当する場合は、Dropbox フォルダをデフォルトの場所に戻してください。[移動]オプションを選択すれば、自動的にこの操作を完了することができます。[キャンセル]を選択すると、同期を再開して Dropbox フォルダをデフォルトの場所に戻すまで Dropbox ファイルの同期は停止します。

手動で Dropbox フォルダをデフォルトの場所に戻すこともできます。

  1. システム トレイまたはメニュー バーの Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコンをクリックします。
  3. 基本設定…]をクリックします。
  4. アカウント]タブを開きます。
  5. Dropbox の場所]の横にあるプルダウン メニューをクリックします。
  6. その他…]を選択します。
  7. アプリケーション]リストを開きます。
  8. アプリケーション]プルダウン メニューをクリックし、ハードドライブを選択します。
  9. ユーザー]フォルダを開きます。
  10. ご利用のパソコンのユーザー名を選択します(通常は「ホーム」アイコンが表示されています)。
  11. 選択]をクリックします。
  12. 移動]をクリックして、移動の内容を確認します。

macOS Sierra(バージョン 10.12 以降)で Dropbox バッジを有効にするには?

Dropbox のインストール時にアクセシビリティの権限をリクエストするダイアログ ボックスが表示されます。

Mac の Dropbox フォルダの移動オプション
  1. Dropbox にアクセスを許可]をクリックします。システム環境設定の[セキュリティとプライバシー]にリダイレクトされます。
  2. 鍵アイコンをクリックします。パソコンのユーザー名とパスワードの入力をリクエストされます。
  3. ロックを解除したら、Dropbox アイコンの横にあるチェックボックスをオンにしてアクセシビリティを有効にします。
  4. 鍵アイコンを再びクリックして、システム環境設定を再度ロックします。

Dropbox アプリが Mac のアクセシビリティ機能へのアクセスを必要とする理由

Dropbox は正常に機能するために macOS のアクセシビリティ機能への許可を使用します。具体的には、Dropbox バッジ機能(Microsoft Office インテグレーションの一部)で Accessibility API を使用しています。

アクセシビリティを無効にすることは可能ですか?

現在のところ、macOS 版の Dropbox デスクトップ アプリでアクセシビリティ機能へのアクセスを無効にすることはできません。 ユーザーの皆様にはご不便をおかけしております。Dropbox では現在改善に取り組んでおります。

Dropbox と macOS アクセシビリティの詳細について

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      Contact support