Dropbox アプリで Mac OS の追加許可が求められる場合

Mac OS X をご利用の場合、パソコンのユーザー名とパスワードの入力を求める認証ダイアログ ボックスが表示されます。
Apple のダイアログ ボックス

このダイアログ ボックスで Dropbox に追加の許可が与えられます。以下のような Dropbox の機能が有効になります。

  • アプリの自動更新
  • より高度な同期機能(権限設定により Dropbox フォルダ内のファイルへの変更内容の確認や、Dropbox への同期が簡単になります)
  • その他のユーザー インターフェースの操作(Dropbox バッジや一部の Mac での Finder インテグレーション)

追加の許可が与えられないと、上記の機能や、将来的に同様の許可を求めるその他の新機能にアクセスできません。

これにより Dropbox がパソコンのパスワードを取得することはありませんか?

Dropbox は、いかなる方法であってもお客様のパソコンのパスワードを閲覧、取得、共有することはありません。このダイアログ ボックスでパソコンのユーザー名とパスワードを入力しても、上記機能を有効にするために必要な許可を Dropbox に与える以外のことは行われません。

これは Dropbox のダイアログ ボックスですか?

いいえ。これは Dropbox のダイアログではなく、Apple のシステム ダイアログ ボックスです。Mac OS X で特定の許可を変更するにはパスワードによる認証が必要です。このダイアログ ボックスは Mac OS X アプリがユーザーの許可を求める際に用いる標準の方法です。

これらの許可を無効にすることができますか?

はい。この追加の許可を承認する代わりに[キャンセル]を選択してもかまいません。ただし、上記の Dropbox 機能をパソコンでご利用いただけなくなります。承認しない場合、次回 Dropbox アプリを起動または再起動する際にもう一度ユーザー名とパスワードの入力が求められます。

これらの許可とアクセシビリティにはどのような関係があるのですか?

パソコンのアクセシビリティ アプリの一覧には Dropbox が表示されています。Dropbox の一部の機能が正常に動作するには、Mac OS X のアクセシビリティ機能が必要です。

この追加の許可によってアクセシビリティ機能が有効になります。

Dropbox アプリが Mac のアクセシビリティ機能へのアクセスを必要とする理由

Dropbox は正常に機能するために Apple Mac OS X のアクセシビリティ機能への許可を使用します。具体的には、Dropbox バッジ機能(Microsoft Office インテグレーションの一部)で Accessibility API を使用しています。

Mac でアクセシビリティを有効にするには?

Dropbox のインストール時にアクセシビリティの権限を要求するダイアログ ボックスが表示されます。

Dropbox アクセス アクセシビリティ ダイアログ
  1. Dropbox にアクセスを許可]をクリックします。システム環境設定の[セキュリティとプライバシー]にリダイレクトされます。
  2. 鍵アイコンをクリックします。パソコンのユーザー名とパスワードの入力をリクエストされます。
  3. ロックを解除したら、Dropbox アイコンの横にあるチェックボックスをオンにしてアクセシビリティを有効にします。
  4. 鍵アイコンを再びクリックして、システム環境設定を再度ロックします。

Mac でアクセシビリティを無効にするには?

  1. システム環境設定]を開き、[セキュリティとプライバシー]を選択します。
  2. 上部の[プライバシー]タブ、[アクセシビリティ]の順にクリックします。
  3. 鍵アイコンをクリックします。パソコンのユーザー名とパスワードの入力をリクエストされます。
  4. ロックを解除したら、Dropbox アイコンの横にあるチェックボックスをオフにして、アクセシビリティを無効にします。

注:チェックボックスをオフにせずに[-]ボタンをクリックした場合、Dropbox を再起動するまで変更内容は適用されません。

アクセシビリティ機能の承認を求められませんでした。どうしてですか?

パソコンにインストールされているその他のアプリと同じく、Dropbox は頻繁に使用する権限の承認を求めます。残念ながら、一部の Mac OS X の許可は詳しく説明されていない場合があります。つまり、同じ 1 つの承認ダイアログに複数の許可が含まれている場合があるということです。

macOS Sierra(10.12)以上では、Dropbox はアクセシビリティにアクセスする権限を明示的に求めます。今後数週間で、Mac OS X(10.11)以下のユーザーに対しても、明示的に権限を求めます。

アクセシビリティ機能へのアクセスを無効にするとどうなりますか?

現時点では、Dropbox のアクセシビリティを無効にしても、次にパソコンを再起動した時にその変更が上書きされます。

これが理想的でないことは Dropbox でも承知しており、許可を求める方法の改善を目指しています。Dropbox では、パソコンを再起動したときにアクセシビリティの許可が再度追加されてしまう仕組みの変更に取り組んでいます。

Dropbox デスクトップ アプリの最新バージョンには、最新バージョンの macOS の明示的な許可フローを採用しています。今後、Mac OS X の古いバージョンにも、同様の機能を取り入れる予定です。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      Contact support