Outlook 版 Dropbox

システム要件

Outlook 向けの Dropbox アドオンは Microsoft Exchange 2013 以降でホストされているメール アカウントでご利用いただけます。動作環境は次のとおりです。

  • Office365
  • Exchange Online
  • オンプレミス インストール版

:Gmail のような POP/IMAP メール アカウントには対応していません。

Dropbox アドオンは次のバージョンの Outlook でご利用いただけます。

  • ウェブ版 Outlook
  • Outlook.com
  • Oulook 2013 および 2016 のデスクトップ アプリケーション(Windows の場合)
  • Outlook 2016 のデスクトップ アプリケーション(Mac の場合)

:モバイル版 Outlook や上記より古いバージョンのデスクトップ アプリケーションには対応していません。

Outlook 版 Dropbox アドインをインストールする

まず、Microsoft の AppSource から Outlook 版 Dropbox アドインをインストールしてください。

  1. Microsoft の AddSource にアクセスして Outlook 版 Dropbox を探します。
  2. 今すぐ入手する]をクリックします。
  3. Microsoft アカウントのログイン情報を入力します。
  4. 続行]をクリックします。
  5. 追加]をクリックします。
  6. 正しいメール アカウントを選択しているか確認してから、[続行]をクリックします。
  7. Outlook アカウントにリダイレクトされたら、[インストール]をクリックします。
  8. OK]をクリックします。

Outlook アカウントのアドイン一覧に Dropbox が表示されます。

注:Dropbox Business チームのメンバーがアドインをインストールできない場合は、管理者がアドインを制限している可能性があります。管理者にお問い合わせください。

Outlook 版 Dropbox アドインを設定して使用する

ユーザーや管理者がアドオンをインストールすると、サポートされているメール クライアントにご利用のメール アドレスで利用可能な Dropbox アドオンが表示されます。まず、Outlook のリボンまたはメールのヘッダーに表示される Dropbox アイコンをクリックしてアドオンを開き、Dropbox アカウントにログインします。

Windows ユーザー

初めてアドオンを使用するときに、一部のウェブ ブラウザで Internet Low-Mic Utility Tool でコンテンツを開く許可を求めるセキュリティ警告が表示されることがあります。[許可]をクリックしてアドオンを使用します。

Dropbox アカウントからメールにファイルを添付する

  1. Outlook でメールを作成中に Dropbox アイコンをクリックすると、Dropbox アカウントにアクセスできます。
  2. メールに添付するファイルやフォルダを選択します。
  3. 選択]をクリックすると、選択したファイルやフォルダそれぞれの共有リンクが生成されます。

添付ファイルを Dropbox アカウントに保存する

  1. 添付ファイルや Dropbox の共有リンクを含むメールを受信したときは、Outlook のリボンやメールのヘッダーにある Dropbox ボタンをクリックします。
  2. Dropbox アカウントに保存する添付ファイルを選択します。
  3. 添付ファイルを Dropbox のどこに保存するか指定します。

既知の制限事項

インテグレーションについては次の制限が報告されています。

Windows をご利用の場合:初めてアドオンを使用するときに、ウェブ ブラウザによっては、Internet Low-Mic Utility Tool でコンテンツを開くことを許可するように求めるセキュリティ警告が表示されることがあります。アドオンを使用するには、[許可]をクリックする必要があります。

Dropbox では Microsoft Outlook と統合するためのアドオンを開発しました。このアドオンの機能は次のとおりです。

  • メールの添付ファイルをファイルの種類やサイズに関係なく共有リンクに置き換えられます
  • 受信したメールの添付ファイルを直接 Dropbox アカウントに保存できます
  • ファイルへのアクセス権があるユーザーは更新内容を随時確認できます(添付ファイルは添付したときのまま変化しないのに対し、共有リンクは常にファイルの最新バージョンにリンクしています)

インテグレーションを有効にすると、Outlook の作成ウィンドウの一番下に Dropbox のアイコンが追加されます。このアイコンをクリックするとポップアップ ウィンドウが表示され、Dropbox のコンテンツからアイテムを選択できるようになります。選択したファイルまたはフォルダへの共有リンクがメールの本文に挿入されます。

このリンクは添付ファイルに似ていますが、共有リンクなのでメールの送信に時間がかかることもなく、受信トレイの容量制限を気にする必要もありません。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答