File activity

ファイルのアクティビティはファイル、フォルダ、プロジェクトの最新のアクティビティを記録したものです。

  • ファイルの所有者と編集者は、そのファイルでのアクティビティを確認できます。また、他のユーザーがいつファイルを変更、編集したかもわかります。
  • 閲覧者(ファイルの共有リンクからファイルを閲覧できるユーザー)はファイルのアクティビティを確認できません。

ファイルのアクティビティを見る

  1. dropbox.com にログインします。
  2. ファイルを開きます。
  3. [→](矢印のアイコン)をクリックしてサイド バーを表示します。
  4. アクティビティ]をクリックします。

アクティビティ]タブでは、操作を行った日時とユーザーを確認できます。このタブには次の情報が含まれています。

  • 追加したとき
  • 編集したとき
  • 移動したとき
  • 名前を変更したとき

また、次の共有情報も確認できます。

  • ファイルを共有したとき
  • メンバーの役割を変更したとき
  • ファイルの共有が解除されたとき

ファイルのアクティビティにはファイルの全履歴が表示されるので、編集が許可されているメンバー全員が同じファイル履歴を見ることができます。

:

  • 閲覧者情報にアクセスできるユーザーは、ファイルを閲覧したユーザーの履歴と、そのファイルを現在閲覧中のユーザーも確認できます
  • ファイルをダウンロード済みで Dropbox 外から編集を行った場合、その編集内容はファイルに反映されることはなく、ログにも残りません
  • そのファイルで[閲覧者情報]が有効になっている場合に限り、[アクティビティを表示](他のユーザーがファイルを閲覧したかどうか)を利用することができます

ファイルのアクティビティとファイルのバージョン履歴

バージョン履歴を利用してファイルを以前のバージョンに復元しても、復元したファイルのアクティビティはそのままです。つまり、ファイルのアクティビティまで復元した以前のバージョンのアクティビティに戻るわけではありません。

たとえば、5 日前にファイルを作成し、今日編集したとします。5 日前のバージョンに戻したとしても、今日加えた変更も含め、すべての編集内容がファイルのアクティビティに表示されます。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      Other ways to get help

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ