Public フォルダ

Dropbox Public フォルダの重要な変更について

2012 年 10 月 4 日以降に作成した Dropbox アカウントには Public フォルダがありません。すばやくファイルを共有したい場合は共有リンクをご利用ください。共有リンクは、共有相手が Dropbox アカウントを所有していない場合でもご利用いただけます。

Dropbox Basic(無料)ユーザー

2017 年 3 月 15 日より、Dropbox アカウントの Public フォルダは通常のフォルダと同じになります。デフォルトでは、このフォルダは非公開になります。今回の移行操作は自動的に行われます。

次の点にご注意ください:

  • Public フォルダ内のファイルはすべて安全に維持されますが、ファイルへの公開リンクは無効になります。
  • Public フォルダ内のファイルへのリンクにユーザーがアクセスすると、エラー ページが表示されます。
  • 公開リンクのリストを確認するには、Public フォルダにアクセスしてください。このフォルダ内のファイルは、過去に公開リンクを指定したファイルです。
  • Dropbox が既存の公開リンクを Dropbox 共有リンクに変換することはできません
  • Public フォルダ内のファイルを再び共有したい場合は、共有フォルダまたは共有リンクをご利用ください。

HTML 形式コンテンツのレンダリングに Public フォルダを利用する

2016 年 10 月 3 日より、Dropbox Basic(無料)ユーザーが HTML 形式のコンテンツをウェブ ブラウザでレンダリングするときに、公開リンクを利用できなくなります。お客様が Basic ユーザーであり、Dropbox から直接 HTML 形式のコンテンツを表示する方法でウェブサイトを制作している場合、この日付以降はブラウザでコンテンツのレンダリングができなくなります。ただし HTML 形式のコンテンツは Dropbox で安全に維持され、他の共有方法で共有することが可能です。

2017 年 9 月 1 日より、Dropbox Plus および Dropbox Business ユーザーは、HTML 形式コンテンツのレンダリングができなくなり、Public フォルダとその共有機能が無効になります。2017 年 8 月 31 日までは、Dropbox Plus と Dropbox Business ユーザーは引き続き公開リンクを使用して HTML 形式コンテンツのレンダリングができます。

Dropbox Plus や Dropbox Business のユーザーは、Public フォルダにファイルをドラッグ & ドロップすると、Dropbox に保存しているファイルへのリンクを作成することができます。お友達や同僚はそのファイルをダウンロードしたりブラウザで閲覧することができますが、編集を行っても元のファイルには反映されません。ただし、リンクの送信者がファイルを編集した場合はリンク先にその変更が反映されます。メール、インスタント メッセージ、ウェブページなどにリンクを貼り付けると、誰にでもそのリンクを送信することができます。

まず、Dropbox の Public フォルダに共有したいファイルを移動して、誰でもファイルにアクセスできるようにします。

dropbox.com で公開リンクをコピーする

  1. ファイルを公開フォルダに移動します。
  2. ファイル名の横にある[]アイコンをクリックします。
  3. 表示されたメニューで[公開リンクをコピー]をクリックします。

デスクトップ アプリで公開リンクをコピーする

Linux

Linux をお使いの場合

パソコンに Dropbox アプリケーションをインストールしている場合: Public フォルダにファイルを移動した後、そのファイルを右クリックしてメニューを開き[Dropbox]、[公開リンクをコピー]の順にクリックします。

Macintosh

Mac OS X の場合

パソコンに Dropbox アプリケーションをインストールしている場合: Public フォルダにファイルを移動した後、Ctrl キーを長押ししながらそのファイルをクリックしてメニューを開き、[公開リンクをコピー]をクリックします。

Vista、Win7、Win8、Win10

Windows をお使いの場合

パソコンに Dropbox アプリケーションをインストールしている場合: Public フォルダにファイルを移動した後、そのファイルを右クリックしてメニューを開き、[公開リンクをコピー]をクリックします。

公開リンクを削除する

ファイルやフォルダの共有を中止する場合は、そのファイルを Public フォルダから他の場所にドラッグ & ドロップで移動するか(デスクトップとウェブでも同様)、ファイルを選択してファイル ブラウザの上部にある青色のバーで[移動]を選択し、Public フォルダ以外の場所を指定してください。今後ユーザーがその公開リンクにアクセスすると、ファイルを閲覧できないことを知らせるエラー メッセージが表示されます。

ファイル名を変更すると公開リンクが削除されます。ファイル名を変更した後でも共有を続行するには、新しい公開リンクを作成してください。

詳しくはこちら

2016 年 10 月 3 日より、Dropbox Basic(無料)ユーザーが HTML 形式のコンテンツをウェブ ブラウザでレンダリングするときに、公開リンクを利用できなくなります。お客様が Basic ユーザーであり、Dropbox から直接 HTML 形式のコンテンツを表示する方法でウェブサイトを制作している場合、この日付以降はブラウザでコンテンツのレンダリングができなくなります。ただし HTML 形式のコンテンツは Dropbox で安全に維持され、他の共有方法で共有することが可能です。

2017 年 9 月 1 日より、Dropbox Pro、Dropbox Plus および Dropbox Business ユーザーは、HTML 形式コンテンツのレンダリングができなくなり、Public フォルダとその共有機能が無効になります。2017 年 8 月 31 日までは、Dropbox Pro、Dropbox Plus および Dropbox Business ユーザーは引き続き公開リンクを使用して HTML 形式コンテンツのレンダリングができます。

詳しくはこちら

以上が基本情報です。次に公開リンクについての詳細情報をご説明します。

  • 他のユーザーがリンクを使用してファイルを閲覧/ダウンロードする場合、リンクの送信者がオンライン状態である必要はありません。
  • Public フォルダに保存しているフォルダにリンクすることはできませんが、サブフォルダ内のファイルにリンクすることができます。
  • Public フォルダに保存しているファイルは公開に設定されているため、そのリンクにアクセスできるユーザーであれば誰でもそのファイルを閲覧/ダウンロードすることができます。ファイルの共有を中止する場合は、そのファイルを Public フォルダから別の場所に移動すると共有を解除することができます。
  • Dropbox では、共有リンクで HTML 形式のコンテンツをブラウザ表示できなくなりました。つまり、Public フォルダから直接 HTML 形式のコンテンツを表示するウェブサイトを作成した場合、ウェブサイトに自動的にアクセスすることができなくなります。ただし、HTML 形式のコンテンツはそのまま Dropbox に保管されます。
  • リンクの帯域幅制限は Basic プランで 20 GB/日、Plus プランおよび Business アカウントでは約 200 GB/日となっています。アカウントが容量制限に達した場合、リンクは自動的に一時停止になり、その旨をアカウント登録時に使用したメール アドレスにお知らせします。その場合、リンクへのアクセスを試みたユーザーにはエラー ページが表示され、その時点でファイルを閲覧することはできません。
この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ