共有フォルダの権限

共有フォルダは、同じファイルで共同作業をするグループに最適です。Dropbox はファイルが編集されるたびにファイルを最新バージョンに維持します。共有フォルダのメンバーにはデフォルト設定で編集権限が与えられているため、ファイルを追加、編集、削除することができます。

他のユーザーに共有フォルダ内にあるファイルの編集権限を与えずに、閲覧のみを許可することができます。これには、次の 2 つの方法があります。

  • ファイルやフォルダのリンクを送信すると、受信者はそのコピーを表示、ダウンロードできます。メールの添付ファイルを使わずにファイルを共有できる便利な方法です。
  • 共有フォルダのメンバーの一部または全員に読み取り専用権限を設定することができます。読み取り専用権限を付与されたメンバーは、編集はできなくても共有フォルダ内にあるファイルの最新バージョンを閲覧できるため、最新情報を常に確認しながら共同作業を進めることができます。

読み取り専用権限のみを持つユーザーが共有フォルダのファイルを編集するには

権限を変更できるのは、共有フォルダの所有者または編集者に限られます。共有フォルダ内で別の役割が必要な場合は、フォルダの所有者または現在の編集者に権限の更新をリクエストしてください。詳細については、共有フォルダの役割をご覧ください。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      Contact support