読み取り専用権限を持つユーザーがファイルの編集を試みた場合

共有フォルダの読み取り専用権限をユーザーに許可している場合は、フォルダに鍵のアイコンが表示されます。

鍵のアイコンが付いた共有フォルダ

「読み取り専用の競合」フォルダとは?

これまでに編集を加えたファイルが削除されないようにするために、Dropbox アプリケーションでは「読み取り専用の競合」フォルダが作成されます。ファイルやフォルダの読み取り専用権限を付与されたユーザーは、鍵のアイコンが付いている共有フォルダのコンテンツを変更することはできません。その代わり、Dropbox アプリケーションがオフになっている状態またはアンインストールされている状態でファイルを変更/追加すると、次回 Dropbox を起動した際に次の手順が実行されます。

  1. 閲覧者の権限が付与されている共有フォルダ内のファイルに加えた変更内容がすべて検出されます。
  2. 同じ名前の新しいフォルダが作成されます(フォルダ名の末尾には「(読み取り専用の競合)」と追加されます)。
  3. ファイルが削除されないように、変更が反映された新しいファイルが「読み取り専用の競合」フォルダに移動します。
  4. 閲覧者の権限が付与されている元のフォルダが再作成されます。

このプロセスを行うことでご自分の変更内容が保存され、共有フォルダの他のメンバーのファイルを変更しないようにすることができます。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答