共有ファイルの閲覧者情報

閲覧者情報では、ファイルを現在閲覧中のユーザーを確認できます。また、ご利用されている Dropbox プランにより、他のユーザーがいつファイルを閲覧したかも確認できます。

ファイルを閲覧中のユーザーを確認する

ユーザーが共有ファイルを閲覧していると、dropbox.com のファイルのプレビューの上に、そのユーザーのアバターが色別で表示されます。アバターにカーソルを合わせると、[閲覧中]と表示されます。 

ファイルの[閲覧可能]または[編集可能]のアクセス権を持っているユーザーであれば、そのユーザーのアバターは灰色になり[共有]ボタンの横に表示されます。共有リンクを使ってチーム メンバーと共有した場合、そのユーザーのアバターはファイルを閲覧するまで表示されません。

他のユーザーがファイルを閲覧中かどうかを表示
他のユーザーがファイルを閲覧中かどうかを表示

他のユーザーによるファイルの最終閲覧情報を表示

以下のプランでは、他のユーザーがいつファイルを閲覧したかを確認できます。

  • Dropbox Business Advanced プラン
  • Dropbox Business Enterprise プラン
  • Dropbox Business Education プラン
  • Dropbox Professional

dropbox.com のファイルのプレビューでユーザーの灰色のアバターにカーソルを合わせると、ファイルの最終閲覧情報が表示されます。

ユーザーによるファイルの閲覧履歴を表示することもできます。

閲覧者の履歴
他のユーザーによるファイルの最終閲覧情報を表示

閲覧者情報の使い方

「閲覧者情報」機能はお客様のアカウントでデフォルトで有効にされています。有効になっていない場合は閲覧者情報を有効にしてください

閲覧者情報を有効にすると、自分が所有者しているすべてのファイルで自動的にこの機能を使えるようになります。閲覧者情報を表示したくない場合は、ファイルまたはフォルダごとに無効にできます。

共有ファイル

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 対象となるファイルを検索します。
  3. 共有]をクリックします。
  4. ファイル設定]をクリックします。
  5. このファイルにアクセスしたユーザーを表示しますか?]の横にある[表示しない]を選択します。
  6. 設定を保存]をクリックします。

共有フォルダ

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 対象となるフォルダを検索します。
  3. 共有]をクリックします。
  4. フォルダ設定]をクリックします。
  5. このファイルにアクセスしたユーザーを表示しますか?]の横にある[表示しない]を選択します。
  6. 設定を保存]をクリックします。

注:フォルダ全体の「閲覧者情報」は、共有フォルダの所有者のみが無効にできます。共有フォルダ内の共有ファイルの閲覧者情報は、フォルダのアクセス権を管理できるユーザーなら誰でも無効にすることができます。 

アカウント全体で閲覧者情報の表示を無効にすることもできます。詳しくは、閲覧者情報を無効にする方法をご覧ください。

閲覧者情報が有効に設定されている状態でファイルを閲覧している場合、自分の閲覧者情報をそのファイルの所有者に対して非表示にすることはできません。

また、自分のコンテンツを閲覧している他のユーザーが、共有中のファイルやフォルダで閲覧者情報の表示を無効にすることもできません。

例:チームの閲覧者情報がオフになっていると仮定します。閲覧者情報が有効になっている別の共有フォルダ(チーム外のユーザーが所有者)にチーム メンバーが招待された場合、その共有フォルダではチーム メンバーの閲覧者情報が表示されます。

プライバシー

情報が表示されるユーザー

チームのメンバーや編集権限または閲覧権限のあるユーザーの閲覧者情報を確認できます。

閲覧者情報を確認できるユーザーと表示される情報

チーム メンバーとファイルの編集権限があるユーザーは、チーム メンバー、編集権限のあるユーザー、閲覧権限のあるユーザーの名前とメール アドレスを確認できます。

閲覧可能]に設定されているユーザーは閲覧者情報を確認できません。

閲覧者情報に情報が表示されないユーザー

チームに参加していないユーザーまたは特定のファイルに招待されていないユーザーが共有リンクにアクセスした場合、閲覧者はゲストとして表示されます。ファイルのゲストの名前やメール アドレスを確認することはできません。

また、ゲストには閲覧者情報は表示されません。

ファイルにアクセスできるユーザーは?

ご自分またはファイル編集に招待しているユーザーのみが、あなたが共有しているファイルに他のユーザーを招待できます。

共有フォルダ共有リンクのアクセス許可を変更する方法をご覧ください。

注:dropbox.com で閲覧せずに共有リンクをダウンロードしたユーザーは、閲覧者情報に表示されません。

詳細については質問をクリックしてください。

閲覧者情報を有効にするには?

アカウント全体で閲覧者情報を有効にする

閲覧者情報はお客様のアカウントでデフォルトで有効になっている可能性があります。

お客様が所有するファイルで閲覧者情報が表示されていない場合は、以下の手順でこの機能を有効にできます(お客様が所有するすべてのファイルに適用)。

Dropbox Business 管理者

  1. 管理者アカウントを使用して Dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. 閲覧者情報]をクリックします。
  5. プルダウン メニューを[デフォルト:オン]に変更します。
  6. 保存]をクリックします。

注:Dropbox Business チームのメンバーで、管理者が閲覧者情報を無効にしている場合は、管理者にこの機能を有効にするようにリクエストしてください。

Plus、Professional、Basic ユーザー

  1. dropbox.com にログインします。
  2. アバターをクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. 自分が所有しているすべてのファイルの閲覧者情報]を[オン]にします。

特定のファイルやフォルダで閲覧者情報を有効にする

アカウントの閲覧者情報が無効になっている場合は、ファイルまたはフォルダごとに閲覧者情報を有効にできます。

共有ファイル

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 対象となるファイルを検索します。
  3. 共有]をクリックします。
  4. ファイル設定]をクリックします。
  5. このファイルにアクセスしたユーザーを表示しますか?]の横にある[表示する]を選択します。
  6. 設定を保存]をクリックします。

共有フォルダ

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 対象となるフォルダを検索します。
  3. 共有]をクリックします。
  4. フォルダ設定]をクリックします。
  5. このフォルダにアクセスしたユーザーを表示しますか?]の横にある[表示する]を選択します。
  6. 設定を保存]をクリックします。

アカウント全体で閲覧者情報を無効にするには?

自分が所有するコンテンツでご自身を含むユーザーの閲覧者情報を表示したくない場合は、次の方法でこの機能を無効にすることができます。

Dropbox Business 管理者

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. 閲覧者情報]をクリックします。
  5. プルダウン メニューで[デフォルト:オフ]または[常にオフ]にします。
    • デフォルト:オフの場合:チーム メンバーは各自が所有するファイルまたはフォルダで閲覧者情報をオンにすることができます。
    • 常にオフの場合:チーム メンバーは各自が所有するファイルまたはフォルダで閲覧者情報をオンにすることができません。
  6. 保存]をクリックします。

Dropbox Business チーム メンバー

Dropbox Business チームのメンバーにおいては、管理者がチームのデフォルト設定を指定します。

  • デフォルト:オン]または[デフォルト:オフ]になっている場合は、自分が所有する特定のファイルやフォルダで閲覧者情報の設定を変更できます。
  • 常にオフ]になっている場合、自分が所有するファイルやフォルダの閲覧者情報をオンにすることはできません。

Plus、Professional、Basic ユーザー

  1. dropbox.com にログインします。
  2. アバターをクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. 自分が所有しているすべてのファイルの閲覧者情報]を[オフ]にします。

注: [オフ]を選択すると、自分が所有する特定のファイルまたはフォルダで閲覧者情報をオンにすることができます。

閲覧者情報に対応しているのは、どのプラットフォームですか?

dropbox.com で閲覧者情報と閲覧履歴のみ確認できます。ただし、閲覧者情報と閲覧履歴で確認できるのは、dropbox.com でファイルを閲覧中のユーザーがいる場合、または dropbox.com 以外でもファイルを閲覧したユーザーがいる場合です。

閲覧者情報

dropbox.com でファイルのプレビューを表示中に、dropbox.com で共有ファイルを現在閲覧中のユーザーを確認できます。ユーザーが Microsoft Office ファイルで Dropbox バッジを使用している場合は、現在閲覧中のメンバーを確認できます。

閲覧者の履歴

dropbox.com で閲覧者履歴にアクセスできる場合は、他のユーザーがいつファイルを閲覧したかを確認できます。

  • dropbox.com
  • Dropbox モバイル アプリ
  • Dropbox デスクトップ アプリ

Windows ユーザーの場合は、大方のアプリケーションでユーザーがいつファイルを閲覧したか確認できます。

Mac OS X 10.9 以降をご利用されているユーザーは、次のサービスを使用してファイルの最終閲覧情報を確認できます。

  • Adobe Acrobat Pro
  • Adobe Photoshop CC 2015 & 2016
  • Microsoft PowerPoint 2011 & 2016
  • Microsoft Word 2011 & 2016
  • Microsoft Excel 2011 & 2016
  • iWork Keynote、Numbers、Pages
  • プレビュー
  • TextEdit

他のユーザーがこのファイルにアクセスした方法は?

フォルダで[編集可能]に設定されている共有フォルダのメンバーは、そのフォルダに他のユーザーを招待できます。ユーザーの権限(編集可能、閲覧可能)を確認するにはファイルの[共有]をクリックしてください。

共有フォルダの所有者は、誰がそのフォルダに他のユーザーを招待できるか制限することが可能です。

ファイルにゲストが表示される場合は、そのゲストは共有リンクからファイルにアクセスしています。ゲストはファイルのアクセス権を持つユーザーが、ログインせずに共有リンクを閲覧している可能性があります。

アクセスを付与したユーザーが表示されない理由は?

ファイルの閲覧者が 4 人を超えると、dropbox.com のファイルのプレビューに表示されるアイコンには番号が表示されます。このアイコンはそのファイルを閲覧した人数を表しています。このアイコンをクリックすると、ファイルにアクセスしたユーザーが全員表示されます。

お探しのユーザーが表示されない場合は、まだファイルを見ていない、もしくはログインせずにファイルを閲覧した可能性があります。ログインせずにファイルを閲覧すると、ゲストとして表示されます。

詳しくはこちら

閲覧者情報の設定 

共有フォルダで閲覧者情報が無効になっている場合は、そのフォルダ内のすべてのコンテンツでも閲覧者情報が無効になっています。共有フォルダで閲覧者情報が無効になっている場合に閲覧者情報を有効にすることができるのは、その共有フォルダにある各ファイルの所有者のみです。

共有フォルダの閲覧者情報が有効になっている場合でも、フォルダの所有者または編集者であれば、そのフォルダ内のファイルごとに閲覧者情報を無効にできます。共有フォルダ内のファイルの閲覧者情報は、共有フォルダで[編集可能]に設定されているメンバーが無効にすることができます。

コンテンツの移動

共有フォルダにファイルを移動する場合、そのファイルには共有フォルダと同じ閲覧者情報の設定が適用されます。所有していない共有フォルダにファイルを移動する場合、その所有者は閲覧者情報を別の設定にしている可能性があります。

注:ファイルを別のフォルダに移動する前に閲覧者情報を変更した場合は、その設定が移動後も維持されます。

チームへの参加

Dropbox Business チームに参加すると、チームの閲覧者情報の設定がお客様のアカウントにも適用されます。

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

Thanks for your feedback! Let us know how this article helped:

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      サポートへのお問い合わせ