バックグラウンド アップロードについて

使用方法を表示:

iPad

バックグラウンド アップロードは、Dropbox アプリを開かずにカメラアップロードを可能にする新しいオプションです。

長い動画や大量の写真をアップロードしている最中に Dropbox アプリを閉じるとすぐにアップロードが停止され、アプリを開くとアップロードが再開されることにお気づきでしょうか。これは、iOS がアプリのバックグラウンド実行に時間制限を設けているためです。

バックグラウンド アップロードをオンにすると、iPad の現在地(自宅から会社への通勤など)に大きく変化があると、アプリはアップロードを数分間自動的に再開します。日常の活動や作業を行っている間に、アプリを開かなくても定期的にアップロードが行われます。

カメラアップロードで [Wi-Fi のみ] を選択すると、バックグラウンド アップロードはセルラー データを使用せずに、デバイスが Wi-Fi ネットワークに再接続された場合にアップロードを再開します。

現在地データの使用許可

バックグラウンド アップロードのオプションをお使いになるには、iPad の現在地情報を取得する必要があります。このため、バックグラウンド アップロードのオプションをオンにすると、Dropbox アプリはお使いの iPad の位置情報サービスへのアクセスをリクエストします。この機能は、カメラアップロードをより効率的に動作させることを目的としています。なお、現在地情報は収集されません。

矢印について

バックグラウンド アップロードのオプションが[オン]に設定されている場合は、画面上部に位置情報サービスの矢印が表示されます。

通常、このアイコンはアプリ(地図アプリなど)がデバイスの GPS システム(該当する場合)を使って現在地を確認していることを意味し、その処理に多大なバッテリーを消耗していることを知らせています。ただし、Dropbox のバックグランド アップロード機能は Apple の位置情報サービスの低電力バージョンを使用するようになっています。アップロードする写真のバックログが多数ある場合は、アプリの電力消費量が高いことにお気づきになることがあるかもしれませんが、処理が完了すると写真のアップロードでバッテリーにかかる負担はほとんどありません。

iPhone

バックグラウンド アップロードは、Dropbox アプリを開かずにカメラアップロードを可能にする新しいオプションです。

長い動画や大量の写真をアップロードしている最中に Dropbox アプリを閉じるとすぐにアップロードが停止され、アプリを開くとアップロードが再開されることにお気づきでしょうか。これは、iOS がアプリのバックグラウンド実行に時間制限を設けているためです。

バックグラウンド アップロードをオンにすると、iPhone の現在地(自宅から会社への通勤など)に大きく変化があると、アプリはアップロードを数分間、自動的に再開します。日常の活動や作業を行っている間に、アプリを開かなくても定期的にアップロードが行われます。

カメラアップロードで [Wi-Fi のみ] を選択すると、バックグラウンド アップロードはセルラー データを使用せずに、デバイスが Wi-Fi ネットワークに再接続された場合にアップロードを再開します。

現在地データの使用許可

バックグラウンド アップロードのオプションをお使いになるには、iPhone の現在地情報を取得する必要があります。このため、バックグラウンド アップロードのオプションをオンにすると、Dropbox アプリはお使いの iPhone の位置情報サービスへのアクセスをリクエストします。この機能は、カメラアップロードをより効率的に動作させることを目的としています。なお、現在地情報は収集されません。

矢印について

バックグラウンド アップロードのオプションが[オン]に設定されている場合は、画面上部に位置情報サービスの矢印が表示されます。

通常、このアイコンはアプリ(地図アプリなど)が iPhone の GPS システムを使って現在地を確認していることを意味し、その処理に多大なバッテリーを消耗していることを知らせています。ただし、Dropbox のバックグランド アップロード機能は Apple の位置情報サービスの低電力バージョンを使用するようになっています。アップロードする写真のバックログが多数ある場合は、アプリの電力消費量が高いことにお気づきになることがあるかもしれませんが、処理が完了すると写真のアップロードでバッテリーにかかる負担は最小限になります。

カメラアップロード機能を使用するとバッテリーの減りが早いのはなぜですか?

Dropbox の同期機能を初めてご利用になる際にカメラアップロード機能をオンにすると、バッテリーの減りが早くなることがありますが、ご利用のデバイスに保管しているすべての写真のアップロードが完了すると、Dropbox アプリのバッテリー消費量が通常のレベルに戻ります。また、Dropbox アプリではバッテリー残量が 30% 以下になると、バッテリー消費量を抑えるために自動アップロードが停止します。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      Other ways to get help

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ