Dropbox Paper:前のバージョンのドキュメントを復元してコメントを未解決にする

Dropbox Paper ドキュメントの作成者と編集者は次のことができます。

  • 前のバージョンのドキュメントを表示して復元する
  • 解決したコメントを表示して未解決にする

コメント可能または閲覧可能の権限しかないユーザーは、変更内容を復元することもコメントを未解決にすることもできません。

前のバージョンの Paper ドキュメントを表示/復元する方法

まず、前のバージョンのドキュメントを復元すると、それ以降の新しいバージョンがバージョン履歴から削除されてしまう点にご注意ください。つまり、古いバージョンを復元したら、それより新しいバージョンにはもう復元できなくなります。

あなたや他のユーザーが、復元したドキュメントに新たに編集を加えていない場合は復元を取り消すことができます。編集を加えた場合は復元を取り消すオプションは使用できなくなるため、変更を加える前に適切なバージョンを復元したことを必ず確認してください。

前のバージョンの Dropbox Paper ドキュメントを復元するには、次の手順に従ってください。

  1. Paper ドキュメントを開きます。
  2. 省略記号[...]アイコンをクリックします。
  3. ドキュメントの履歴]をクリックします。
  4. ドキュメントの変更内容]タブで以前の編集のリストを参照します。
  5. 復元するバージョンをクリックして[このバージョンにロールバックする]をクリックします。
  6. ここまで戻す]をクリックします。

コメントを表示/未解決にする方法

注:コメントを未解決にするには、その Paper ドキュメントに対する編集権限が必要です。

コメントを未解決にするには次の手順に従ってください。

  1. Paper ドキュメントを開きます。
  2. 省略記号[...]アイコンをクリックします。
  3. ドキュメントの履歴]をクリックします。
  4. コメント履歴]タブで、解決したコメントのリストを参照します。
  5. スクロールして未解決にするコメントを選択し、[未解決]をクリックします。

[ドキュメントの履歴]ウィンドウに前のバージョンが見つかりません。どうしてでしょうか?

ドキュメントの履歴]ウィンドウに[ドキュメントの変更内容]が表示されるには以下の条件を満たす必要があります。

  • 編集が 30 分以上前に加えられていること
  • ドキュメントで 500 字以上変更されていること

前のバージョンに復元した後で復元を取り消す方法

Paper ドキュメントを前のバージョンに復元した後で、復元を取り消すには次の手順に従ってください。

  1. ドキュメントの履歴]パネルの[ドキュメントの変更内容]タブを開きます。
  2. 変更をキャンセルして、ロールバック前のバージョンに戻る]の横にある[元に戻す]をクリックします。
この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答