Dropbox Paper ドキュメントの共有方法に関するアップデート

Dropbox では 2017 年 1 月に Paper のフォルダ権限の動作を変更いたしました。この変更は Dropbox Paper にのみ適用されます。Dropbox 自体のファイル、フォルダ、権限が変更されることはありません。

変更内容

以前は、Paper ドキュメントへのリンクを無効にすると、そのドキュメントには誰もアクセスできなくなり、仮にそのドキュメントをフォルダに入れたとしても、そのフォルダのメンバーを明示的に招待しない限り、メンバーもそのドキュメントにはアクセスできませんでした。

変更が適用された今は、Paper ドキュメントにドキュメントを追加すると、そのフォルダのすべてのメンバーが自動的にそのドキュメントにアクセスできるようになります。また、[設定]のオプションも以前とは異なります。


Paper の共有設定オプション

Paper フォルダ内のドキュメントのアクセス権を更新することはできますか?

変更適用後も Paper 共有フォルダ内の既存の Paper ドキュメントには影響はありません。公開していない未共有のドキュメントはその状態のままなので、許可しない限り誰もアクセスすることはできません。

Paper に次回ログインした際に、ドキュメントの管理や移動に関するヘルプが表示されます。影響を受けるドキュメントにはバナーが表示され、下記の 2 つのオプションのどちらかを選択するように求められます。

  • そのフォルダから当該のドキュメントを削除する
  • そのフォルダのメンバー全員に当該のドキュメントへのアクセスを許可する
Paper フォルダのアクセス許可

Paper フォルダの共有方法

  1. Paper フォルダを開き、[共有]ボタンをクリックします。
  2. 共有相手のメール アドレスを入力します(複数入力可)。
  3. 招待]ボタンをクリックします。

Dropbox Paper のドキュメントとフォルダのアクセス権に関するその他の記事

Dropbox Paper ドキュメントのデフォルトの共有とアクセス権

Dropbox Paper ドキュメントを共有し、アクセス権限を変更する

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      Other ways to get help

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ