Mac における Dropbox カメラアップロードの不具合について

Dropbox デスクトップ アプリと特定バージョンの macOS Sierra で、互換性に関する問題があることがわかりました。この問題により、カメラアップロードでパソコンから Dropbox にインポートする際、一部のファイルが Dropbox に完全にインポートできない場合があります。ごく一部のユーザーにのみこの問題が発生しています。非常に限られたケースですが、写真や動画を開いたり、再生したりできない可能性があります。

この記事では、このエラーの影響を受けている可能性のあるユーザーについて記載しています。また、アカウントが実際に影響を受けているユーザー向けに、対処方法についても説明します。

注意点

  • Dropbox に正常にインポートされたことを確認するまで、デバイスからファイルを削除しないでください。

影響を受けるユーザー

macOS Sierra をご利用で、ある特定の方法で Dropbox にファイルをインポートしている限られたユーザーのみが、この互換性の問題の影響を受けます。

以下のすべてに当てはまる場合、この不具合の影響を受けている可能性があります。

  • Apple 製パソコンで Dropbox デスクトップ アプリ(17.4.33 以前のバージョン)を使用している
  • そのパソコンで macOS Sierra 10.12.2 を実行している
  • カメラアップロード機能を使用してパソコン上の Dropbox にファイルをインポートした
  • インポートの際にデバイスとパソコンを直接 USB で接続した
  • 2016 年 12 月 12 日以降にファイルをインポートした
  • そのうち 1 件以上のファイルが 4 MB 以上のサイズだった

この不具合の影響を受ける可能性があるのは、上記のすべてに当てはまるユーザーのみです。1 つでも該当しない項目がある場合、この不具合の影響を受けることはありません。

注意点

  • モバイル アプリを使用してモバイル デバイスから Dropbox に写真や動画をインポートした場合、この不具合の影響を受けることはありません。
  • この不具合の影響を受けるのは、デバイスを直接 USB でパソコンに接続し、カメラアップロード機能を使用して Dropbox に写真や動画をインポートした場合のみです。ここでいう「デバイス」にはスマートフォン、SD カード、デジタル カメラが含まれます。

この互換性の問題に影響を受けているかどうかを確認する方法について

まず、上記のセクションの内容をよくお読みください。この不具合の影響を受ける可能性があるのが、どのようなユーザーかを説明しています。この 6 項目のうち、1 つでも当てはまらない項目があれば、不具合の影響を受けることはありません。

問題が発生している場合は、USB でデバイスとパソコンを接続して Dropbox にインポートしたサイズの大きなファイルを確認するとわかります。具体的には、以下の 3 つの挙動のいずれかが見受けられます。

  • 写真が破損している(画像の一部しか表示されない)
  • 動画を再生できない
  • 写真や動画ファイルを開けない

この不具合の影響を受けています。どうすればよいですか?

この不具合の影響を受けている場合、以下の 2 つのことを実行してください。

  1. Dropbox デスクトップ アプリを最新バージョン(17.4.34 以降)にアップデートしてください。この互換性の問題は最新の Dropbox アプリで解決されています。
  2. カメラアップロードに使用したデバイスを再び接続してください。Dropbox が自動的に再びインポートし、開けないファイルや再生できないファイルと置き換えます。

最新バージョンの Dropbox デスクトップ アプリ(17.4.34 以降のバージョン)では、今後のファイルのインポートに影響がないよう不具合が修正されています。また、現在不完全または使用できないファイルも修正します。

注意点

  • Dropbox に正常にインポートされたことを確認するまで、デバイスからファイルを削除しないでください。
  • 不完全なファイルや使用できないファイルの自動置換は、新しいファイルが同じ名前で、元の(不完全な)バージョンが「カメラアップロード」フォルダに残っている場合のみ、ご利用いただけます。
  • 最初にインポートした後でファイルの名前を変更したり、「カメラアップロード」フォルダから移動したりした場合、再度インポートを実行すると 2 セット目のコピーが作成される場合があります(新しいバージョンと不完全または使用できないバージョンが共に表示されます)。
    • そのあとで、不完全または使用できないバージョンのファイルを Dropbox から手動で削除することができます。

デバイスから不完全または使用できないファイルをすでに削除してしまった場合はどうなりますか?

この不具合の影響を受けているファイルを削除してしまった場合、申し訳ございませんが Dropbox ではファイルを復元できない可能性があります。弊社で詳しく調査いたしますので、できるだけ早くご連絡ください。 削除したファイルを復元できるよう、最大限サポートさせていただきます。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ