カメラアップロードを使用するには?

カメラアップロードは、カメラやスマートフォン、タブレットから写真や動画を Dropbox へ自動的にアップロードします。カメラロールやギャラリーにアップロードされた新しいファイルはアカウントに追加されます。 

Dropbox にログインしたデバイスから写真や動画にアクセスできます。 

アップロード方法は 2 種類:

  • iOS、Android、Windows Mobile アプリを使用して、スマートフォンまたはタブレットからワイヤレスで写真や動画をアップロードする
  • カメラ、スマートフォン、タブレットをパソコンに接続し、Mac や Windows 用の Dropbox デスクトップ アプリを使用する

写真や動画は Dropbox アカウントの「カメラアップロード」フォルダにアップロードされます。  

カメラアップロードに関するエラー メッセージが表示される場合は、カメラアップロードの問題について説明した記事をご覧ください

この記事のセクション:

カメラアップロードを使用するには?

Basic、Plus、Professional、Business ユーザーがカメラアップロードをご利用いただけます。ただし、次の例外がありますのでご注意ください。

カメラアップロードの使用条件は?

カメラアップロードをご利用いただくには、次のソフトウェアとデバイスが必要になります。

次の場合はカメラアップロードをご利用いただけません

  • デバイスのバッテリー残量が不足している場合
  • モバイル デバイスがローミング状態にある場合

ご利用のシステムを選択して該当手順をご覧ください。

Android

カメラアップロードをオンにする

  1. Dropbox アプリを開きます。
  2. [メニュー]ボタンを選択します。
  3. 設定]をタップします。
  4. カメラアップロード]で[カメラアップロードをオンにする]を選択します。
  5. 許可]を選択します。

スマートフォンでのカメラアップロードの動作方法を選択することもできます。

  • ファイルを選択:「カメラアップロード」フォルダに写真のみをアップロードするのか、写真と動画の両方をアップロードするのかを選択できます。
  • アップロード方法:カメラアップロードをデータ通信でも使用するのか、Wi-Fi でのみ使用するのかを選択できます。
    • :カメラアップロードを Wi-Fi のみに設定した上で、モバイル ホットスポット経由で Wi-Fi に接続した場合、カメラアップロードは機能しません。
  • データ プランを使用:データ通信と Wi-Fi でのアップロードを選択した場合、すべてのファイルでデータ通信を使用するのか、25 MB 以下のファイルでのみデータ通信を使用するのかを選択できます。
  • 次の場合にアップロード:スマートフォンの充電中のみカメラアップロードを使用するか選択できます。また、バッテリー残量の下限を設定することもできます。バッテリー残量が下限よりも少なくなると、カメラアップロードが停止します。

カメラアップロードをオフにするには、同じ手順で[カメラアップロードをオフにする]を選択します。

iOS

カメラアップロードをオンにする

  1. Dropbox アプリを開きます。
  2. 人物のアイコンをタップします。
  3. アカウント設定]で[カメラアップロード]を選択します。
  4. カメラアップロード]をオンにします。

スマートフォンでのカメラアップロードの動作方法を選択することもできます。

  • 動画をアップロード:「カメラアップロード」フォルダに写真のみをアップロードするのか、写真と動画の両方をアップロードするのかを選択できます。
  • 携帯ネットワークを使用:データ通信の使用中にカメラアップロードを使用する場合に選択します。データ通信では動画のアップロードはできません。
    • :カメラアップロードを Wi-Fi のみに設定した上で、モバイル ホットスポット経由で Wi-Fi に接続した場合、カメラアップロードは機能しません。
  • 動画でモバイルデータ通信を使用 :[動画をアップロード]と[携帯ネットワークを使用]の両方がオンになっていると、データ通信で動画をアップロードできます。

カメラアップロードをオフにするには、同じ手順で[カメラアップロード]をオフにします。

Windows Mobile

カメラアップロードをオンにする

  1. Dropbox アプリを開きます。
  2. 歯車のアイコンを選択します。
  3. カメラアップロード]を選択します。
  4. カメラアップロード]をオンにします。

カメラアップロードをオンにすると、Dropbox アプリを閉じていても、写真が自動的にアップロードされます。写真がアップロードされるのは次の場合のみです。

  • 接続しているスマートフォンのバッテリーがほぼ充電または完全に充電されている場合
  • Wi-Fi に接続している場合
  • スマートフォンの画面がロックされている場合

カメラアップロードをオフにするには、同じ手順で[カメラアップロード]をオフにします。

カメラアップロード設定を変更する

  1. Dropbox アプリを開きます。
  2. ファイル]、[写真]または[お気に入り]タブを開きます。
  3. 省略記号[...]アイコンを選択します。
  4. カメラアップロード]を選択します。
    • カメラアップロードの設定で[アプリが開いている場合にアップロードする]オプションに切り替えます。この機能を使用すると、スマートフォンをロックしていない場合や接続していない場合でも、節電モードになっていない限り写真をアップロードすることができます。
    • 携帯ネットワークを使用]オプションに切り替えると、アプリが開いていれば写真をアップロードできますが、モバイルデータ通信ネットワークに接続されます。
    • :カメラアップロードを Wi-Fi のみに設定した上で、モバイル ホットスポット経由で Wi-Fi に接続した場合、カメラアップロードは機能しません。

:自動動画アップロードは、現在 Windows Mobile ではサポートされていません。

Mac

カメラアップロードをオンにする

  1. アプリをまだインストールしていない場合は、Dropbox デスクトップ アプリをインストールしてログインします。
  2. パソコンにカメラ、スマートフォンまたはタブレットを接続します。写真を Dropbox フォルダにアップロードするための画面が表示されます。
  3. 写真やビデオのインポート(Dropbox)]を選択します。 

以前、ご利用のデバイスでカメラアップロードを使用しないよう設定していた場合は、次の手順に従ってカメラアップロードをオンにできます。

  1. メニュー バーで Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコンをクリックします。
  3. 基本設定…]をクリックします。
  4. インポート]で[カメラアップロードをオンにする]の横にあるチェックボックスをオンにします。写真だけでなく、写真と動画の両方でカメラアップロードをオンにすることもできます。

写真は Dropbox アカウントの「カメラアップロード」フォルダに自動的に保存されます。

  • Android デバイス:ステータス バーで[ディスクドライブとして接続]を選択します
  • iOS デバイス:カメラアップロードを続行するために画面のロックを解除します
  • :カメラアップロードを Wi-Fi のみに設定した上で、モバイル ホットスポット経由で Wi-Fi に接続した場合、カメラアップロードは機能しません。

Windows

カメラアップロードをオンにする

  1. アプリをまだインストールしていない場合は、Dropbox デスクトップ アプリをインストールしてログインします。
  2. パソコンにカメラ、スマートフォンまたはタブレットを接続します。写真を Dropbox フォルダにアップロードするための画面が表示されます。
  3. 写真やビデオのインポート(Dropbox)]を選択します。 

以前、ご利用のデバイスでカメラアップロードを使用しないよう設定していた場合は、次の手順に従ってカメラアップロードをオンにできます。

  1. システム トレイで Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコンをクリックします。
  3. 基本設定…]をクリックします。
  4. インポート]で[カメラアップロードをオンにする]の横にあるチェックボックスをオンにします。写真だけでなく、写真と動画の両方でカメラアップロードをオンにすることもできます。

写真は Dropbox アカウントの「カメラアップロード」フォルダに自動的に保存されます。

  • Android デバイス:ステータス バーで[ディスクドライブとして接続]を選択します
  • iOS デバイス:カメラアップロードを続行するために画面のロックを解除します
  • :カメラアップロードを Wi-Fi のみに設定した上で、モバイル ホットスポット経由で Wi-Fi に接続した場合、カメラアップロードは機能しません。

Linux

Linux ではカメラアップロードをご利用いただけません。更新情報や詳細については、Dropbox コミュニティをご覧ください。

複数のデバイスから写真をアップロードする

カメラアップロードが写真や動画を「カメラアップロード」フォルダにアップロードするのは 1 回だけです。カメラアップロードをオフにした後に再度有効にした場合や、スマートフォンとパソコンの両方でカメラアップロードをオンにしていた場合は、写真や動画はどちらも 1 回に限りアップロードされます。

Dropbox モバイル アプリで写真を閲覧する

Basic、Plus、Professional ユーザーは、Dropbox モバイル アプリのページ下部にある[写真]タブ(写真のアイコン)を選択すると、Dropbox 内ですべての写真を閲覧できます。

Dropbox Business ユーザーがアプリ内で写真を閲覧するには、Dropbox アカウントの「カメラアップロード」フォルダに直接アクセスする必要があります。

Dropbox Business ユーザーがアプリ内で写真を閲覧するには、Dropbox アカウントの「カメラアップロード」フォルダに直接アクセスする必要があります。

バックグラウンド アップロードについて

バックグラウンド アップロードでは Dropbox アプリを開かずにカメラアップロードで Dropbox に写真を追加することができます。デフォルトでは、Dropbox アプリを閉じているときはファイルをアップロードしません。バックグラウンド アップロードをオンにすると、Dropbox アプリがデバイスの現在地に変化があったことを検出したときに、写真と動画のアップロードを再開します。

:バックグラウンド アップロードを使用すると、カメラアップロードがさらに効率的になります。この機能を使用しても、現在地情報を収集することはありませんのでご安心ください。

Dropbox Business: ビジネス用アカウントに個人の写真を追加したくない場合

Dropbox Business でカメラアップロードをオンにすると、カメラロール(またはスマートフォンのデフォルト設定による写真保存先)にあるすべての写真がビジネス用アカウントの「カメラアップロード」フォルダにアップロードされます。カメラロールに個人の写真がある場合も、ビジネス用アカウントにアップロードされます。

個人用の写真を Dropbox Business アカウントに追加したくない場合は、次の操作を行うことをおすすめします。

  • ビジネス用アカウントでカメラアップロードをオンにする前に、カメラロールに個人用の写真が入っていないか確認してください。
    • 個人用の写真がある場合は別の場所(個人用の Dropbox アカウントなど)でバックアップを取り、ビジネス用アカウントでカメラアップロードを使用する前にその写真をカメラロールから削除してください。

注:個人用アカウントとビジネス用アカウントをリンクしている場合、カメラアップロードをオンにできるアカウントはそのどちらかになります(個人用またはビジネス用)。個人用とビジネス用のアカウントをリンクしているユーザーが、カメラアップロードをビジネス用アカウントに切り替えると、カメラロールに入っている写真はすべてビジネス用アカウントにアップロードされます。これは Dropbox Business ユーザー全員に該当します。 

Dropbox Business のチーム メンバー:カメラアップロードをオンにする

チームの管理者がオフにしていない限り、カメラアップロードはデフォルト設定により、チーム全体でオンになっています。各メンバーはそれぞれ自分のアカウントでこのオプションをオンまたはオフにすることができます。 

アカウントでカメラアップロードをオンにする方法をご覧ください。

Dropbox Business の管理者:チームでカメラアップロードをオンまたはオフにする

カメラアップロードはデフォルト設定によりオンになっていますが、チーム管理者はチーム全体でこのオプションを任意でオンまたはオフにすることができます。 

チーム全体でカメラアップロードをオンまたはオフにする:

  1. dropbox.com で Dropbox Business のチーム管理者アカウントにログインします。
  2. 左側のサイドバーで[管理コンソール]をクリックします。 
  3. 設定]をクリックします。
  4. カメラアップロード]をクリックします。
  5. [カメラアップロード]を[オン]または[オフ]に切り替えます。 
  6. 保存]をクリックします。 

注:各チーム メンバーはそれぞれ自分のアカウントでカメラアップロードをオンまたはオフにすることができます。 

個人用アカウントとビジネス用アカウントをリンクしている場合、カメラアップロードをオンにできるアカウントはそのどちらかになります(個人用またはビジネス用)。お客様が Dropbox Business ユーザーで、そのチーム管理者がビジネス用アカウントのカメラアップロードをオフにした場合でも、個人用アカウントでカメラアップロードを引き続きご利用いただけます。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答