カメラアップロード機能をオン/オフにする

モバイル デバイスでカメラアップロードをオンにする前に、次のいずれかの操作を行ってください。

  • パソコンと Dropbox(個人用)アカウントをリンクする
  • 個人用アカウントを Dropbox Plus にアップグレードする

使用方法を表示:

Android

カメラアップロード機能は、ご利用のスマートフォンやタブレットから写真や動画を「カメラアップロード」フォルダに自動的にアップロードします。カメラアップロード機能や帯域幅の使用量の管理は、アプリの[設定]で行います。

カメラアップロードをオンにする

  1. Dropbox アプリを開きます。
  2. [メニュー]ボタンを選択します。
  3. 歯車のアイコン(古いバージョンのアプリの場合は[設定])を選択します。
  4. カメラアップロード]セクションにスクロールします。
  5. オン]または[オフ]に切り替えます。

デフォルトでは、カメラアップロードはデバイスが Wi-Fi に接続されている場合にのみアップロードするよう設定されています。この設定を変える方法は次のとおりです。

  1. Dropbox アプリで [メニュー] ボタンをタップします。
  2. 歯車のアイコン(古いバージョンのアプリの場合は[設定])を選択します。
  3. カメラアップロード]セクションにスクロールします。
  4. アップロード方法]で[Wi-Fi のみ]または[Wi-Fi またはデータプラン]を選択します。
    • データ プランでアップロードする場合のファイルサイズを 25 MB 以下に制限するオプションもあります。

ファイルを手動でアップロードする場合、Dropbox アプリはデータ プランなど利用可能な接続を使用します。必要であれば、Dropbox アプリ設定でカメラアップロードをオフにすることも可能です。

iPad

カメラアップロード機能は、ご利用のスマートフォンやタブレットから写真や動画を「カメラアップロード」フォルダに自動的にアップロードします。カメラアップロードの管理はアプリの[設定]で行います。

カメラアップロードをオンにする

  1. Dropbox アプリを開きます。
  2. 最近]を選択します。
  3. 画面上部にある歯車のアイコンを選択します。
  4. カメラアップロード]を選択します。
  5. 次の画面で[カメラアップロード]オプションをオンまたはオフにします。

iPhone

カメラアップロード機能は、ご利用のスマートフォンやタブレットから写真や動画を「カメラアップロード」フォルダに自動的にアップロードします。カメラアップロードの管理はアプリの[設定]で行います。

カメラアップロードをオンにする

  1. Dropbox アプリを開きます。
  2. 最近]を選択します。
  3. 画面上部にある歯車のアイコンを選択します。
  4. カメラアップロード]を選択します。
  5. 次の画面で[カメラアップロード]オプションをオンまたはオフにします。

Linux

カメラアップロード機能は次のデバイスに対応しています。

  • Windows パソコン
  • Mac パソコン
  • iOS モバイル デバイス
  • Android モバイル デバイス

Macintosh

カメラアップロード機能は、ご利用のスマートフォン、カメラ、SD カードやその他のメディア デバイスをパソコンに接続すると、写真や動画を自動的にアップロードします。カメラアップロード設定はデスクトップ アプリケーション設定からアクセスできます。

カメラアップロードをオンにする

カメラアップロードをオンにするには、デスクトップ アプリケーションの最新バージョンが必要となります。

  1. メニュー バーDropbox アイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコンをクリックします。
  3. 基本設定…]をクリックします。
  4. インポート]タブで[カメラアップロードをオンにする]を切り替えます。

Vista、Win7、Win8、Win10

カメラアップロードは、ご利用のスマートフォン、カメラ、SD カードやその他のメディア デバイスをパソコンに接続すると、写真や動画を自動的に追加します。この機能の正常動作は Windows の自動再生に依存します。自動再生の設定にアクセスする:

  1. パソコンの[コントロール パネル]を開きます。
  2. ハードウェアとサウンド]をクリックします。
  3. 自動再生]をクリックします。

自動再生の設定が完了したら、Dropbox デスクトップアプリケーションの最新バージョンがインストールされていることを確認してください。確認後、カメラアップロードの使用準備が完了します。

カメラアップロードをオンにする

  1. システム トレイにある Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコンをクリックします
  3. 基本設定…]をクリックします。
  4. カメラアップロード]セクションで[自動再生設定を変更]をクリックします。
  5. 自動再生設定の画面が新しいウィンドウで表示されます。
    • カメラアップロードをオンにするには、メディア デバイスの横にあるメニューをクリックし、[写真やビデオのインポート(Dropbox)]を選択します。
    • カメラアップロードをオフにするには、カメラ、スマートフォン、その他のメディア デバイスの横にあるメニューをクリックし[何もしない]を選択します。

Windows Phone

カメラアップロード機能は、ご利用のスマートフォンから写真を「カメラアップロード」フォルダに自動的にアップロードします。カメラアップロードの管理はアプリの[設定]で行います。

カメラアップロードをオンにする

  1. [ファイル]、[写真]、[お気に入り]タブのいずれかを開きます。
  2. 省略記号[...]を選択します。
  3. 設定]を選択します。
  4. カメラアップロード]を選択します。
  5. カメラアップロード]を[オン]または[オフ]に切り替えます。

Windows Tablet

カメラアップロード機能は、ご利用のタブレットから写真を「カメラアップロード」フォルダに自動的にアップロードします。カメラアップロードの管理はアプリの[設定]で行います。

カメラアップロードをオンにする

  1. チャーム バーを開くには右方向にスワイプします。
  2. 設定]を選択します。
  3. カメラアップロード]を選択します。
  4. カメラアップロード]を[オン]または[オフ]に切り替えます。

カメラアップロードと Dropbox Business アカウントについて

  • 2014 年 4 月 9 日より以前に追加した写真や動画は Dropbox(ビジネス用)アカウントに残ります
  • 2014 年 4 月 9 日以降、カメラアップロードは Dropbox(個人用)アカウントでのみご利用いただけます
  • Dropbox.com の[写真]ページは Dropbox(個人用)アカウントに保管している写真のみを表示します

これにより、個人用とビジネス用のファイルを区別しやすくなりました。Dropbox(ビジネス用)に写真や動画を追加する場合は、各ファイルを選択して手動で追加してください

モバイル デバイスでカメラアップロードをオンにするには、次のいずれかの操作を行ってください。

  • パソコンと Dropbox(個人用)アカウントをリンクする
  • 個人用アカウントを Dropbox Plus にアップグレードする

Dropbox Business で写真を保管するには

カメラアップロードのアップロード速度を改善するには

Dropbox デスクトップ アプリケーションを使用して、カメラアップロードを高速化することができます。Dropbox デスクトップ アプリケーションからカメラアップロードをオンにすると、モバイル デバイスをパソコンに接続するたびに写真や動画が自動的にアップロードされます。これでアップロード速度も改善します。

デスクトップ アプリケーションからカメラアップロードをオンにする

  1. インストールしているデスクトップ アプリケーションが最新バージョンであることを確認してください。
  2. システム トレイまたはメニュー バーの Dropbox アイコンをクリックします。
  3. 通知]パネルで歯車のアイコンをクリックします。
  4. 基本設定]を選択します。
  5. [インポート] タブをクリックします。
  6. カメラアップロードをオンにする]のチェックボックスをオンにします。
  7. 写真のみをアップロードするか、写真と動画の両方をアップロードするように設定できます。

次回スマートフォンを接続したときに、デバイスに保存している写真や動画を Dropbox にインポートするかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。[はい]をクリックすると、カメラアップロードが起動します。これで、そのデバイスをパソコンに接続するたびに、Dropbox が新しい写真や動画を自動的にアップロードするようになります。

カメラアップロードで「高速ネットワークを待機中」というメッセージが表示される場合

次の場合に、カメラアップロードで「高速ネットワークを待機中」というメッセージが表示されます。

  • 3G またはそれ以上の高速通信(4G、Wi-Fi など)を待機中の場合
  • ローミング モードを使用中の場合(この場合、Dropbox アプリはモバイル データプランを使用しません)
  • Wi-Fi とデータ(2G 以下)に接続中で、Wi-Fi 接続でエラーが発生している場合

Wi-Fi 接続の電波が強いことを確認してください。それでも問題が解決しない場合は、一旦ログアウトしてから Dropbox アプリにログインし直してください。手順は次のとおりです。

  1. Dropbox アプリを開きます。
  2. 最近]を選択します。
  3. 歯車のアイコンを選択します。
  4. 設定]を選択します。
  5. Dropbox からログアウト]を選択します。

カメラアップロードで「カメラアップロードを一時停止しました」というメッセージが表示される場合

iOS デバイスでカメラアップロードを有効にすると、Dropbox アプリはカメラロールにある既存の写真をすべて Dropbox にアップロードします。

次に該当する Dropbox アプリの旧バージョンでは、既存の写真がアップロードされないという問題が報告されています。

  • 初期設定でインターネットに接続していない状態でカメラアップロードを有効にした場合(デバイスが機内モードになっていた場合など)
  • 初期設定で iOS デバイスをデータのみ使用に設定していたり、デバイスが Wi-Fi に接続している場合に限り使用と設定した状態でカメラアップロードを有効にした場合

次回インターネットに接続してから新たに撮影する写真は問題なくDropbox にアップロードされます。

この問題はバージョン 17.2 以降の Dropbox アプリで解決されています。それ以前のバージョンをご利用されている場合は、Dropbox アプリを問題のないバージョンに更新するまでカメラアップロード機能が一時停止になります。

ご利用されている Dropbox アプリのバージョンを確認するには次の手順をご覧ください。

  1. Dropbox アプリを開きます。
  2. 最近]を選択します。
  3. 歯車のアイコンを選択し、[アプリ バージョン]までスクロールします。

バージョン 17.2 以前をご利用されている場合は、次の方法で簡単に更新することができます。

  1. iOS デバイスから App Store にアクセスします。
  2. 「Dropbox」を検索します。
  3. 更新]を選択します。

関連記事:

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ