Dropbox 著作権ポリシー

著作権で保護されているマテリアルについて

共有フォルダや公開フォルダに使うファイルは、他の人と共有する法的権利のあるファイルに限ります(例、ドキュメント、ソフトウェア、音楽、個人的に作成した動画等)。著作権者の許可がない限り、ご自分が著作権を保有しないファイルを共有することはできません。ご自分で購入または合法的に入手した動画、音楽、またはソフトウェアは、インターネット上でサードパーティと共有する権限を付与するものではありません。

法律上ファイルを共有できる権利があるか明確ではない場合は、そのファイルを共有しないでください。共有フォルダまたは公開フォルダを使用することにより、フォルダにあるファイルが Dropbox の利用規約に準拠し、お客様がファイルの著作権を保有するか、もしくは著作権者から共有にあたって許可を付与されているとみなされます。Dropbox は著作権侵害を繰り返すユーザー、または繰り返し著作権侵害の申し立ての対象になったことのあるアカウントに対して、アカウントの利用を停止するポリシーを採用しました。著作権を侵害するようなファイルを繰り返し共有する場合はアカウントが停止されます。

Dropbox の著作権に関するポリシーと著作権侵害の申し立てを報告する方法などの詳細については、Dropbox の DMCA ページにアクセスしてください。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ