削除したファイルや情報が Dropbox で維持される期間は?

Dropbox では、削除したファイルや旧バージョンのファイル履歴を一定期間保存して、後で復元できるようにしています。保存期間を過ぎると、削除したファイルは Dropbox システムで削除対象としてマークされ、Dropbox のストレージ サーバーから完全に消去されます。なお、完全に消去されたファイルを復元することはできません。

ファイルを復元可能な期間は、ご利用の Dropbox プランによって異なります。

  • Dropbox Basic(無料版)ユーザーと Dropbox Plus ユーザーは 30 日間
  • エクステンデッド バージョン履歴を購入済みの Dropbox Plus ユーザーは 1 年間(ただし、このアドオンは現在購入することはできません)
  • Dropbox Professional と Dropbox Business のユーザー(Standard、Advanced、Enterprise、Education)は 120 日間ファイルを復元可能

ファイルを完全に削除する

ファイルを完全に削除するようにマークすると、そのファイルは Dropbox のストレージ サーバーから直ちに消去されます。 

Dropbox Business ユーザー: ファイルの完全削除はチームの管理者がコントロールします。

アカウントを削除する

Dropbox Basic、Plus、Professional アカウントのいずれかを削除した場合は、削除日から 30 日が経つと、Dropbox に保存されている Dropbox ファイルの削除処理が開始されます。なお、Dropbox Business アカウントをご利用の場合は、管理者のみがアカウントの無効化とファイルの削除を行えます。

詳しくは、プライバシー ポリシーの「情報の保持」セクションをご確認ください。

この度はフィードバックをお寄せいただきありがとうございました。よろしければ、Dropbox をどのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    ガイド付きヘルプ

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    ガイド付きヘルプ

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    サポートへのお問い合わせ