エクステンデッド バージョン履歴 — Dropbox Plus のアドオン

エクステンデッド バージョン履歴(EVH)は Dropbox Plus プランのアドオン機能としてご購入いただけます。

デフォルトでは、Dropbox は削除したファイルやファイルのバージョン履歴を 30 日間保存します。EVH をご購入いただくと、削除または編集してから 1 年以内のファイルを復元したり、前のバージョンに戻すことができます。

:エクステンデッド バージョン履歴はご購入日から有効になりますが、遡及的には適用できません。つまり、EVH を本日ご購入いただいた場合、バージョン履歴は本日から開始されるため、30 日以上前に削除または編集したファイルを復元したり、前のバージョンに戻すことはできません。

エクステンデッド バージョン履歴を購入する

:App Store や Google Play ストアで Dropbox Plus を購入された場合、EVH をアドオンとして追加することはできません。Plus プランに EVH を追加するには、www.dropbox.com からご購入ください。

完全に削除

完全に削除したファイルは EVH を使っても復元できません。ファイルの削除方法ファイルを削除した場合の詳細を確認してください。

ストレージ容量制限

EVH アドオン機能の有無に関わらず、 前のバージョンのファイルや削除したファイルがストレージ容量の対象になることはありません。

共有フォルダとバージョン履歴

Dropbox から共有フォルダを除外する操作は、そのフォルダを削除する操作とは異なります。Dropbox から共有フォルダを除外すると、その共有フォルダとお客様のアカウントのリンクが解除されるため、フォルダ内のコンテンツは EVH の対象外になります。Dropbox からフォルダを除外した日から 30 日以内にそのフォルダをもう一度追加すると、フォルダを除外した日以前に削除したファイルとバージョン履歴も EVH を使用して復元することができます。

バージョン履歴の保存期間

ご利用のプランまたは EVH をご購入されたかどうかによって、バージョン履歴をご利用いただける期間、つまり「バージョン履歴の保存期間」が異なります。

ファイルを作成し、ご自分のバージョン履歴の保存期間が過ぎてからそのファイルを編集した場合、この最近編集したバージョンのファイルのみを復元することができます。

  • たとえば、myfile.docx というファイルがあり、バージョン履歴の保存期間が 30 日間だったとします。1 月 1 日に myfile.docx を作成し、3 月 1 日にそのファイルを編集した場合、ご利用の Dropbox アカウントで復元可能なのは 3 月 1 日のバージョンのみとなります。
  • これは、元のバージョンの作成日(1 月 1 日)から編集日(3 月 1 日)の間に、バージョン履歴の保存期間の 30 日間が経過してしまったからです。
  • 3 月 1 日に編集したバージョンは、またファイルを編集して 3 月 1 日から 30 日間が過ぎるまでは復元可能となります。
この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ