削除済みファイルの復元

この記事のセクション:

削除イベントを取り消すには

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 左側のサイドバーで[ファイル]をクリックします。
  3. 左側のサイドバーで[削除したファイル]をクリックします。
  4. 復元する削除済みのファイルまたはフォルダを見つけて、ファイル名またはフォルダ名をクリックします。
  5. 復元]をクリックします。

: 復元するファイル数が多い場合は多少お時間がかかります。

選択したファイルやフォルダを復元するには?

削除して 30 日以内のファイルやフォルダであれば Dropbox ウェブサイトから復元できます(Dropbox Business アカウントや Dropbox Plus アカウントの場合はエクステンデッド バージョン履歴で 30 日以上経過していても復元できます)。

  1. 右側のサイドバーで[削除したファイルを表示]をクリックします。
  2. 削除したすべてのファイルとフォルダがリストに灰色で表示されます。復元する削除済みのファイルまたはフォルダの名前にカーソルを合わせ[]アイコンをクリックします。
    • :チェックボックス アイコンをクリックすると、一度に複数のファイルやフォルダを選択することができます。
  3. 復元]ボタンをクリックして、削除済みのファイルまたはフォルダを復元します。

共有フォルダを削除してしまった場合Dropbox に再度追加することができます。

エクステンデッド バージョン履歴で 1 年分のデータを保管する

ファイルを頻繁に復元する場合は、エクステンデッド バージョン履歴機能を含むプランにアカウントをアップグレードすることをご検討ください。ご購入後に行った編集または削除から 1 年間以内であれば、いつでもファイルを旧バージョンに戻したり、削除したファイルを復元したりできます。詳細については、エクステンデッド バージョン履歴をご覧ください。

注:完全に削除したファイルは、エクステンデッド バージョン履歴を使っても復元できません。

ファイルの削除に関する詳細をご覧ください。

共有フォルダを削除すると、そのフォルダを共有している他のメンバーに影響がありますか?

Dropbox 内の共有フォルダを削除して影響があるのは、ご自分のアカウントのみです。あなたが共有フォルダを削除すると、実際にはあなたがフォルダから退会することになります。つまり、共有フォルダを削除して退会すると、そのフォルダはあなたのアカウントからは削除されますが、他のメンバーは引き続きその共有フォルダにアクセスできます。また、いつでも Dropbox アカウントにフォルダを再度追加することができます。ただし、共有フォルダからファイルを削除すると、その共有フォルダのメンバー全員のアカウントからもそのファイルが削除されますのでご注意ください。

見つからないファイルをキャッシュから復元する

ファイルが見つからない場合は、上記で説明した手順でファイルを検索/復元してください。それでもファイルが見つからない場合は、緊急時の対応として Dropbox のキャッシュから復元することができます。

Dropbox には、ファイルのバックアップ ストレージとして使う「キャッシュ」という隠れフォルダがあります。ファイルを同期後に移動/削除した場合、ファイルはキャッシュ フォルダ内に格納されます。通常の方法を使用してもファイルが見つからない場合は、最終手段として Dropbox のキャッシュからファイルを復元できます。ファイルの移動/削除から 3 日間は、Dropbox のキャッシュに保管されます。

Dropbox のキャッシュ フォルダは、Dropbox のアプリケーション設定内に隠されています。Dropbox のキャッシュからファイルを復元するには、ご利用のオペレーティング システムごとの手順に従ってください。

Mac でキャッシュから復元する

  1. Finder を開き、[移動]メニュー(または Shift+Command+G を押す)で[フォルダへ移動...]を選択します。
  2. ダイアログ ボックスが表示されます。ボックスに次のコードをコピーして貼り付けます。
~/Dropbox/.dropbox.cache
  1. Return キーを押します。
  2. Dropbox のキャッシュ フォルダへ自動的に移動します。
  3. Dropbox のキャッシュ フォルダからお探しのファイルをドラッグして復元します。

Windows でキャッシュから復元する

  1. Windows Explorer の新しいウィンドウを開き、スタート メニュー >[コンピューター]の順にクリックします。
  2. 次のコードをコピーしてウィンドウ上部にあるアドレス バーに貼り付けます。
%HOMEPATH%\Dropbox\.dropbox.cache
  1. Enter キーを押します。
  2. Application Data」フォルダ内にある Dropbox のキャッシュ フォルダへ自動的に移動します。
  3. Dropbox のキャッシュ フォルダからお探しのファイルをドラッグして復元します。

Linux でキャッシュから復元する

  1. 新しいターミナル ウィンドウを開きます。
  2. 次のコマンドをコピーして貼り付け、Dropbox のキャッシュ ディレクトリに移動します。
cd ~/Dropbox/.dropbox.cache
  1. キャッシュ ディレクトリのコンテンツ(ls -l)をリスト表示して、お探しのファイルを見つけます。
  2. お探しのファイルを安全な場所に移動(mv)して復元します。
ファイルが Dropbox のキャッシュ フォルダ内に見当たらず、dropbox.com の削除済みファイルにも表示されない場合は、ファイルがなくなって復元できない可能性が高いです。Dropbox が勝手にファイルを移動したり削除したりすることはありません。パソコンの Dropbox にアクセスできる他のユーザーが他の場所に保存したか、誤って削除したためにファイルがなくなってしまうことがほとんどです。
この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      Other ways to get help

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ