Dropbox のウイルスやマルウェアへの対策について

Dropbox は追加されたファイルをすべて同期します。つまり、ウイルスやマルウェアを利用して何者かがファイルを追加すると、そのファイルがアカウントにリンクされているすべてのパソコンに同期されます。ウイルスやマルウェアが共有フォルダにあると、他のユーザーのアカウントやパソコンも影響を受ける可能性があります。

一般的に、マルウェアが含まれているファイルは、ユーザーがそのファイルをクリックして開くまで実行されません。このため、他のソースから追加したファイルについては、以下のような十分なセキュリティ対策を講じてください。

  • ウイルス対策ソフトの実行
  • 他のパソコンから送られた不明なファイルを実行する際は慎重を期す

ファイルが(ランサムウェアなどの)マルウェアによって破壊されてしまっても、場合によってはマルウェアに感染する前の状態に戻せる可能性があります。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ