Dropbox Pro の 2 TB/5 TB プランと Professional 機能へのアクセス

長期にわたり Dropbox をご利用いただいているユーザーを対象に、Dropbox 「Pro」プラン(Plus や Professional プランとは異なります)で 2 TB または 5 TB のストレージ容量をご提供することになりました。 対象ユーザーは、Dropbox Professional の優れた機能をすべて追加料金なしにご利用いただけます。 

Dropbox Pro の 2 TB プランまたは 5 TB プランのユーザーに向けた今回の更新について、よくある質問を次にいくつかご紹介します。

Dropbox Professional について通知を受けました。現在利用している Dropbox Pro 2 TB や 5 TB アカウントに変更はありますか?

はい。Dropbox Pro の 2 TB プランまたは 5 TB プランをご利用されている場合は、Dropbox Professional の 2 TB または 5 TB プランに移行することになります。また、これに伴い Professional プランに含まれている優れた新機能すべてにアクセスできるようになります。これにはスマート シンク、Showcase、閲覧者履歴、全文検索、優先チャット サポートなどが含まれています。

Dropbox Professional の 2 TB プランや 5 TB の料金は現在のプランより高くなりますか?

いいえ。いずれかのプランをご利用の場合は追加料金なしで Professional の機能にアクセスできます。

請求に変更はありますか?

いいえ。現在の請求が変わることはありません。これまでと同じ請求サイクル(月間払いまたは年間払い)です。請求日にも変更はありません。

2 TB や 5 TB のストレージ容量はなくなりますか?

いいえ。現在ご利用いただいている 2 TB や 5 TB のストレージ容量への変更はありません。

1 TB の Plus プランまたは 2 TB の Professional プランを利用しています。2 TB または 5 TB の容量を購入することはできますか?

いいえ。ストレージ容量を増やしたこのようなプランは、数年前に期間限定でご提供したものです。現在このオプションはご購入いただけません。新しい Plus プランには 1 TB のストレージ容量が含まれ、新しい Professional プランには 2 TB のストレージ容量が含まれています。

Dropbox Professional プランで使える機能は?

Dropbox Professional アカウントで利用可能な機能リストについては、各プランのオプションを比較したこちらのページをご覧ください。

Dropbox Pro の 2 TB プランと 5 TB プランのユーザーが利用できるようになった主な機能については、以下をお読みください。

スマート シンク

スマート シンクは、ハード ドライブの容量を節約できる Dropbox の機能です。パソコンから Dropbox に保存されているすべてのファイルとフォルダにアクセスでき、ハード ドライブの容量はほとんど消費しません。スマート シンクは Dropbox Professional または Dropbox Business でご利用いただけます。スマート シンクの機能は次のとおりです。

  • 個別のファイルやフォルダがオンラインのみで利用できるのか、パソコンでローカルに保存されるのかを選択する
  • あなたと共有済みの新しいファイルとフォルダのデフォルトの同期設定を選択する

詳しくは、Dropbox スマート シンクのページをご覧ください。

Showcase

Showcase とは、Dropbox の新しい共有ツールです。Showcase では、Dropbox アカウントからファイルを選択、1 つのページ上に配置して他のユーザーと共有できます。また、ファイルの閲覧数、ダウンロード数、コメント数も確認できます。Showcase ならファイルをきれいに見せながら、ロゴ、オリジナルのレイアウト、説明文を追加できます。

詳しくは、Dropbox Showcase のページをご覧ください。

優先チャット サポート

Dropbox Professional にはチャットによる優先サポートも含まれているため、平日の営業時間内であれば、Dropbox のサポートが数分以内にご質問にお答えします。

詳しくは、Dropbox Professional のサポート オプションのページをご覧ください。

ファイルのバージョン履歴

Dropbox Professional なら、ファイルのバージョン履歴を 120 日間保管します(すでにエクステンデッド バージョン履歴をご利用の場合は 120 日以上)。つまり、120 日以内であればファイルに加えた変更を取り消すことができます。

詳しくは、ファイルのバージョン履歴のページをご覧ください。

共有リンクの管理機能

Dropbox Professional では、共有するファイルや共有方法を細かく管理できます。

  • 共有リンクのパスワード — 共有リンクにパスワードを設定することでセキュリティを強化し、パスワードを知っているユーザーのみがリンクにアクセスできるようになります。
  • 共有リンクの有効期限 — 共有リンクに有効期限を設定することで、慎重な取り扱いを要するファイルを保護できます。有効期限が過ぎると共有リンクが使用できなくなります。
  • 読み取り専用権限 — 共有フォルダ内のファイルについて、共有相手の権限を編集可能か閲覧のみかを選択できます。

閲覧者の履歴

閲覧者履歴を使用すると、Professional ユーザーは閲覧者履歴でファイルを閲覧中のユーザーを確認したり、最終閲覧日を確認することができます。

閲覧者履歴の詳細についてはこちらをご覧ください。

全文検索

全文検索を使うと、ファイル名より詳しい検索が可能になります。ファイル名だけでなく、拡張子やファイルのコンテンツ、Paper ドキュメントもスキャンするので、コンテンツを探しやすくなります。全文検索では、大文字と小文字を区別しません。また、検索キーワードに対するカスタマイズ可能なスペルチェッカーもご利用いただけます。

全文検索についてはこちらをご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答